ワラウクルミ

Amazon.comの創業者「ジェフ・ベゾス」についてのわかりやすいまとめ

jeff bezos

ここから2ページ目だよ(ノ゚∀゚)ノ

どの会社でもすぐさま上級職に

ジェフは夏休みに『Exxon Mobil』や『IBM』でアルバイトをし、プログラマーとしての能力を高く評価されました。卒業するときには、『Intel』や『ベル研究所(Bell Laboratories)』などの有名企業から勧誘されましたが、自分が起業することを念頭に置いていた彼は、まず世の中の仕組みを勉強するために新興企業『Fitel』へ就職します。

intel

photo by Thomas Cloer

Fitel』は、ウォールストリートの金融企業のコンピュータをネットワークで繋ぎ、株取引を行えるようにするという、当時としては新しい試みをしていた会社でした。1年もたたないうちに、その会社でNo.2になり、23歳という若さで10数人のプログラマーを統括していました。

しかし、そこを2年で辞め、1988年に『バンカース・トラスト』へ転職。そこでも10ヶ月後には、若干26歳で副社長に就任しました。とんでもなく優れた人物だったようですね(´д`)

1990年には、創立して間もないニューヨークにあるヘッジファンドの『D. E. Shaw & Co.』にスカウトされ、2年後には上級副社長に抜擢され、コンピュータネットワークの開発責任者になります。どこまで行くんだろう、この方は。。。ちなみに、現在、この『D. E. Shaw & Co.』という会社は世界第8位の巨大ヘッジファンドとなっています。

1993年、同じ会社でリサーチ・アソシエイトとして働いていた、マッケンジー・タトルと結婚。彼女は現在、小説家をしています。

オンライン書店としてスタートしたAmazon.com

しかし、1994年春に、今現在皆さんが使っているインターネットの『www(World Wide Web)』の利用率が1年で2300%も成長していることを知ったジェフは、「このチャンスを逃したら一生後悔する」と考え、妻のマッケンジーに相談すると「やってみたらいいわ」と二つ返事でジェフを後押ししました。そして、ジェフは『上級副社長』という地位にありながらも『D. E. Shaw & Co.』を後にします。

彼は『ネットショッピング(eコマース)』に目をつけており、オンラインで販売できる可能性のある20の製品をリストアップし、その中から『書籍』がもっとも成功する可能性が高いと判断しました。

1994年7月ワシントン州シアトルで、インターネット書店『Cadabra.com』を開業します。ちなみにこの名前は呪文の『アブラカタブラ』からきているのですが、ベンチャー計画を弁護士と電話で話しているときに、弁護士が『 cadaver?(死体?)』と縁起の悪い聞き間違えをしたため、名前を現在の『Amazon.com』へすぐさま改名し、1995年7月16日に正式なサービスを開始します。

kindle

 

翌月には、『Amazon.com, Inc』を設立し、1997年5月にはNASDAQで株式公開を果たします。彼は一躍時の人となり、1999年のタイム誌では『Person of the Year』に選出されています。タイム誌の表紙に載っかるあれですね!

さらに1998年には、創業間もない『Google』にエンジェル投資家として25万ドルを投資しました。やはり優れた経営者というのは、先見の明にたけていますよね。その後、どれだけGoogleがインターネットというものを支配することになるか、まるで見えていたかのようです。

夢の宇宙起業家になりワシントン・ポストも手中に

2000年には、民間宇宙開発企業『Blue Origin』を設立。子供の頃描いていた『宇宙起業家』という夢がついにここで実現したのです。この会社では、低価格の宇宙旅行を実現し、多くの人々に宇宙旅行を楽しんでもらうことをコンセプトにしているようです。いつの日か、ブルー・オリジン旅行が、私たちの旅行の選択肢のひとつになる日が来るかもしれませんね!

2013年8月には、15年来の知り合いであるドナルド・グラハムから『ワシントン・ポスト』を2億5000ドルで買収しました。これは知らなかった。まさか報道も牛耳っていたとはf^_^;)

jeff bezosphoto by James Duncan Davidson

2018年4月現在ジェフは、個人資産が1200億ドルに到達する勢いを見せており、フォーブス世界長者番付においてビル・ゲイツを抜いて堂々の1位を維持し続けています。日本円にして、約12兆円ほど・・・・・・もはや国家予算(笑)

世界的な力を持っているとも言えるジェフ・ベゾス氏ですが、現アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏は、かなり彼のことを敵対視しているようで、ベゾス氏の持つワシントン・ポスト紙をたびたびフェイクニュースと言ったり、Amazonについても、適正な税金を払わずにアメリカの郵便局をこき使っていると非難し続けています。まあ、成功した人には諸手を挙げて拍手しましょうよ、トランプ大統領!ひがんではいけませんよf^_^;)

まとめ

最後にジェフ・ベゾス氏のためになる言葉を。

「失敗することは新しいものを生み出す為に必ず通らなくてはならない道だ。もし絶対に成功するとわかっていたらそれは何の挑戦にもならない。Amazonは私達が新しいことに挑戦し続けた結果である」

人は失敗を怖れます。当然のことです。石橋を叩いて渡らなかったら、橋が壊れて川に投げ出されるかもしれません。しかし、橋を叩くにしても、その叩く回数にもけじめが必要。ある程度の見切りをつけたら橋を全速力で駆け抜ける。それが正しい挑戦なのでしょう。そして、一度きりの挑戦ではなく、何度も立ち向かい続けること。それを積み重ねることで、我々は自分の求めた場所にたどり着けるのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新記事が届くよ◎

Twitterで
↓この記事のいいね!やシェアはこちら☆↓
                              

RELATED ARTICLE

剣や槍を華麗にさばく元武術太極拳選手の女優『山本千尋』とは

剣や槍を華麗にさばく元武術太極拳選手の女優『山本千尋』とはいったい?

17歳の少年がDIYで3年かけて建てた小さな家に私も住みたくなった

17歳の少年がDIYで3年かけて建てた小さな家に私も住みたくなった

ジャズピアニスト『上原ひろみ』は踊る指で魔法を奏でるぞ!さぁみんなも踊れ!

ジャズピアニスト『上原ひろみ』は踊る指で魔法を奏でるぞ!さぁみんなも踊れ!

古着を自らリメイクし続ける女性

流行遅れで着られなくなった洋服をリメイクし続ける女性が素敵だ!

小児がん患者のために3年間髪を伸ばして寄付をした小2男児の石田丞くん

小児がん患者のために3年間髪を伸ばして寄付をした小2男児の石田丞くん

佐川一政

白人女性を人肉嗜食し、不起訴処分になった日本人「佐川一政」

整形手術とタトゥーで永遠のピエロになった米国男性の姿に驚愕!

整形手術とタトゥーで永遠のピエロになった米国男性の姿に驚愕!

ベビーパウダーを15年間毎日200gも食べ続ける英人女性にたまげた

ベビーパウダーを15年間毎日200gも食べ続ける英人女性にたまげた

整形なしでイケメンに大変貌を遂げた男性、免許更新を断られそうになるw

整形なしでイケメンに大変貌を遂げた男性、免許更新を断られそうになるw

「美しい」と言われた瞬間、人々の顔が幸福で満ちあふれる映像に心が洗われるぜ

「美しい」と言われた瞬間、人々の顔が幸福で満ちあふれる映像に心が洗われるぜ