ワラウクルミ

ヒンドゥー教の聖典に登場する世界最大の鳥の王の彫刻がすごい!

ジャターユ

今、インド南部にヒンドゥー教の聖典に登場する鳥の王の彫刻が建設真っ最中なのですが、その大きさが鳥の彫刻の中では世界最大級!

奈良の大仏様の像高よりも高いこの彫刻は、アクティビティやミュージアムなどの施設も充実しており、さながら山の上のテーマパークのよう!!

インドの新しい観光地となるのか???

thumbnail photo by Mathrubhumi

世界最大級の鳥の彫刻

ジャターユphoto by Padmajan R

インド南部ケーララ州コッラムのチャダヤマンガラムでは、2年前から自然公園『ジャターユ・アース・センター(Jatayu Earth’s Center)』の建設が始まりました。今現在も、建設中ですが、一部のエリアはすでに一般開放されています。

そして、この自然公園の目玉が、インドの映画プロデューサー、ラジーヴ・アンカル氏が手がけたこの鳥の彫刻です!

ジャターユphoto by Padmajan R

幅は約60m、高さは約21mで鳥の彫刻としては世界最大となってます。いまいちピンと来ない方は、奈良の大仏様の像高、14,98m(台座は3,05m)と比較して頂ければ想像しやすいかもしれません。

ジャターユphoto by Mathrubhumi

一般開放されてから間もないのですが、すでにチャダヤマンガラムの観光名所のひとつに名を連ねているそうです( ´▽`)

山の頂上まではロープウェイも設置されているようです◎

ジャターユphoto by Padmajan R

鳥の王『ジャターユ』とは?

この鳥の彫刻は、ヒンドゥー教の聖典の一つである古代インドの大長編叙事詩『ラーマーヤナ』に登場する鳥の王ジャターユ』をイメージして制作されました。

ジャターユについて少し話していきます。

ジャターユphoto by wikipedia

ハゲタカジャターユは、若い頃に兄のサムパーティと天に昇って、ヒンドゥー教の神『インドラ神』を征服しようとしました。

しかし、彼らはあまりにも太陽に近づきすぎたため、その猛烈な熱に力を失い、地上に落下してしまいました。この時、兄のサムパーティがジャターユをかばって、太陽の光に焼かれて翼を失ったと言われています。

それから、ジャターユはダンダカと呼ばれる森で静かに暮らします。若気の至りというやつですね。

しばらくして、この物語の主人公でイクシュヴァーク王朝の『ラーマ王子』がダンダカの森にやって来て、ジャターユは彼と仲良くなります。そして、ラーマの妃である『シーター』を守護する約束をします。

そして、ジャターユが6000歳になった頃、20の腕と銅色の目、10の頭と月のように輝く歯と、山のような巨体を持つラークシャサの魔王『ラーヴァナ』がシーターを略奪して行こうとします。

樹上で眠っていたジャターユは、シーターの叫び声で目を覚まし、ラーヴァナに襲いかかりました。ラーヴァナは弓矢で応戦。

年老いたジャターユは、すぐに疲れてしまい、その隙を見てラーヴァナは戦車で逃げようとします。しかし、ジャターユは再びラーヴァナに襲いかかって背中に傷を負わせ、彼の10本の腕を食いちぎりました。

ところが、ラーヴァナの腕はすぐに再生してしまい、ジャターユはラーヴァナに翼を切り裂かれて地に落ちてしまいました。

瀕死となったジャターユを発見したラーマ王子は、ジャターユを抱きかかえ、その腕の中で息絶えます。ラーマ王子は、ジャターユを丁重に火葬し、彼は天に昇っていきました。

どの国でも、昔話というのはいいものですね〜◎

スポンサーリンク

20種類以上のアクティビティもある

ちなみに、ジャターユ・アース・センターの入場料は、約4100円とちょっとお高め。

しかしながら、ここにはただ単にドデカい鳥の彫像があるだけではなく、20種類以上のアクティビティを楽しめるようになっています。

・アーチェリー↓

ジャターユphoto by Tech Travel Eat by Sujith Bhakthan

・ライフル射撃↓

ジャターユphoto by Tech Travel Eat by Sujith Bhakthan

・ラップリング(懸垂下降)↓

ジャターユphoto by Tech Travel Eat by Sujith Bhakthan

・ウォールクライミング。若干な簡素感が否めない↓

ジャターユphoto by Tech Travel Eat by Sujith Bhakthan

・『SASUKE』のようなアトラクションその1↓

ジャターユphoto by Tech Travel Eat by Sujith Bhakthan

・『SASUKE』のようなアトラクションその2↓

ジャターユphoto by Tech Travel Eat by Sujith Bhakthan

・特殊潜入部隊の訓練↓

ジャターユphoto by Tech Travel Eat by Sujith Bhakthan

・まさかのリアルコンバットゲームまでできるみたい。これはやってみたい!↓

ジャターユphoto by Tech Travel Eat by Sujith Bhakthan

・球はペイント弾のようですね◎↓

ジャターユphoto by Tech Travel Eat by Sujith Bhakthan

加えて、デジタルミュージアムや『6Dシアター』と呼ばれる施設もあるとのこと。

以下に、地図を貼っておきます!拡大すると『ジャターユ』の彫像が衛星画像から見えますよ◎

インド旅行の際は、お誘い合わせの上、是非『ジャターユ・アース・センター(Jatayu Earth’s Center)』へお立ち寄り下さいませm(_ _)m

ワラウクルミの記事が気に入ったら
いいね!してね☆↓最新記事が届くよ◎

Twitter で
                              

    よかったらこの記事のシェアをよろしくね☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

気軽にコメントしてね♫(名前やメアドは別に記入しなくてもOK)

関連記事はこちら(*`ロ´ノ)ノ

アルビノのアフリカ系女性

タンザニアで相次ぐ『アルビノ狩り』。アルビノとはいったい?

マドンナのCDアルバムを犬と一緒に忠実に再現したフォトグラファー

マドンナのCDアルバムを愛犬と一緒に忠実に再現した写真家の男性!

癖になるオモシロイラスト集「ケイゴ式」を出版したkeigoさん

癖になるオモシロイラスト集「ケイゴ式」を出版したkeigoさん!ワニ特集

本を使って芸術作品を生み出す二人の読書家

インスタ映え間違いなし!本を使って芸術作品を作り出す二人の読書家

エアギター世界選手権で二度目の優勝を果たした名倉七海さん

エアギター世界選手権で二度目の優勝を果たした名倉七海さんの超絶パフォーマンス!

シリア内戦のわかりやすい経緯と化学兵器がもたらす惨状について

エアロスミスがあの名曲「Walk This Way」をおもちゃの楽器で演奏

エアロスミスがあの名曲「Walk This Way」をおもちゃの楽器で演奏!これ...

鬱病と闘うポーランド人イラストレーターの絵が神秘的なダーク感に包まれている

レゴがブガッティ・シロンの実物大をレゴブロックで製作

レゴがブガッティ・シロンの実物大をレゴブロックで製作!時速20kmで走行可能!

suicide

沖縄『チビチリガマ集団自決』の歴史と少年たちの身勝手な行動

仏像の中にミイラが

仏像をCTスキャンしてみたら、1100年前に死亡した高僧のミイラが発見される

ocean

もう一度見直したい『東日本大震災』を忘れないためのまとめ

american-flag

いつから日本は国旗を各家庭で掲げなくなったの?その理由は……

ゼルダ

ドラマ「ゼルダ〜すべてのはじまり〜」墜ちてゆく現実の先は・・・

スポンサーリンク