ワラウクルミ

ブラックフライデーで狂った群集に「オーマイガー!」と叫び続ける店員!怖ぇ〜

ブラックフライデーで狂った群集に「オーマイガー!」と叫び続ける店員!怖ぇ〜

アメリカで、毎年11月の第4金曜日に全米の小売店で行われる特大セール『ブラックフライデー』!

実は、毎年けが人が多数出ており、死者が出ることもあるブラックフライデーですが、今年は女性用の下着や衣服を取り扱う『ヴィクトリアズ・シークレット』であるトンデモ映像が公開されました。

狂気にとらわれたように店内に詰めかける客。ある女性店員は、そのすさまじさに思わず商品棚の上に避難し、群集に向けて「オーマイガー!」と叫び続けるのです!

いや〜、ブラックフライデーには死んでも行かねぇ(-_-;)

恐怖の特大セール『ブラックフライデー』

映像が撮影されたのは、テネシー州チャタヌーガにある人気婦人衣料品店『ヴィクトリアズ・シークレット(Victoria’s Secret)』。

11月23日の金曜日、バリケードの外で待つ人々。おそらく何時間ものあいだ長蛇の列を並んで待ち続けた猛者たちだ。

photo by USA TODAY

そして、バリケードが解かれた瞬間、買い物客たちは、まるで獲物を目の前にした猛獣のように店内へなだれ込んでいきます。そのあまりの勢いに店内にいた女性店員は、ご覧の表情(=_=)↓

photo by USA TODAY

この女性店員も『ブラックフライデー(Black Friday)』というものをそれなりには理解していたはずですが、予想をはるかに超える人波のすさまじさに思わず商品棚の上に退避!!

photo by USA TODAY

そのあいだ、彼女は何度も何度も「オーマイガー!オーマイガー!!」と叫び続けるのです。

彼女の反応を見れば、どれほど人々が『ブラックフライデー』で狂ってしまうのかがよく分かりますよf^_^;)↓

ちなみにこの客たちのお目当てだったヒョウ柄のフリースパーカーは、普段95ドル(10,450円)のものが35ドル(3,850円)とセールになっていたのです。

確かにかなりお買い得な値段には違いありませんが、こんな寿命を縮めるような買い物とではどう考えても割に合いませんよね〜。

他店舗でも恐怖の様子が収められている

今年までにブラックフライデー関連での世界の死者数は12人で、公式で発表されているだけでも117人の負傷者が出ています。おそらくこれ以外でもかなりの数の負傷者がいるでしょうね。

今年は、カナダ・オンタリオ州オタワの駐車場で27歳の男性が銃で撃たれて死亡したほか、アメリカ・アラバマ州のショッピングモールで銃撃があり、1人が死亡、12歳の少女を含む2人が負傷したとのことです。

信じられないことですが、人は自分の利益のためなら他人の命を奪うことだってあるのです。

下の動画は2019年のブラックフライデーの様子。↓

しかしながら最近、感謝祭明けの翌月曜日に『Amazon』などのインターネットショッピングサイトでは『サイバーマンデー(Cyber Monday)』というセールもやっており、そちらの方が安全、かつ列に並ぶことなく、そして安いです!

ワラウクルミ

ワラウクルミ
みんな。セールよりも命を大切にしよう( ̄^ ̄)ゞ

ちなみに今回、私が記事の参考にしたブラックフライデー関連での死者・負傷者数をカウントしているウェブサイトがあるので、下にリンクを貼っておきます。

悲しいウェブサイトですが、ブラックフライデーの1つの危険指標になっていると思うので、気になる方はチェックを!↓

More info : Black Friday Death Count

↓この記事のいいね!やシェアはこちら☆↓
                              

RELATED ARTICLE

ホームレスに扮し逆に人々にお金を与えようとした時の反応が冷酷過ぎた件

ホームレスに扮し逆に人々にお金を与えようとした時の反応が冷酷過ぎた件

ドラッグのために千円以下で身体を売る女性たちの堂々巡り(イギリス)

家の梁や橋に旧ソ連の不発ミサイルが使われているアフガニスタンの村

家の梁や橋に旧ソ連の不発ミサイルが使われているアフガニスタンの村

NY在住の日本人が必死で伝えるコロナの現状「日本は今なら止めれる!」

NY在住の日本人が必死で伝えるコロナの現状「日本は今なら止めれる!」

コロナの医療現場の最前線映像。この病気がどれほど恐ろしいかが分かる

コロナの医療現場の最前線映像。この病気がどれほど恐ろしいかが分かる

映像と共に『アウシュヴィッツ収容所』の惨状を振り返ってみる

映像と共に『アウシュヴィッツ収容所』の惨状を振り返ってみる

南アフリカで違法薬物『ニャオピ』が蔓延。自ら蟻地獄へ飛び込む人々

南アフリカで違法薬物『ニャオピ』が蔓延。自ら蟻地獄へ飛び込む人々

アルビノのアフリカ系女性

タンザニアで相次ぐ『アルビノ狩り』。アルビノとはいったい?

コロナウイルス患者が溢れた医療現場で働く医師や看護婦の疲れた写真が痛々しい

コロナウイルス患者が溢れた医療現場で働く医師や看護婦の疲れた写真が痛々しい

自家製の銃が蔓延するガーナ。強盗や紛争の負の要素となっている

自家製の銃が蔓延するガーナ。強盗や紛争の負の要素となっている