ワラウクルミ

炎天下でバスを待つ車椅子の女性のために2時間、傘で日よけを作った少年

2時間も女性のために日陰を作った少年

人のために親切にすることはいいことだと知っていても、それは実行することはとても勇気がいります。もしかしたら自分の親切が、相手にとっては余計なお世話になるかもしれないからです・・・・・・

しかし、そんな細かいことは気にせずに、ただ真っ直ぐに親切な行動をした少年が話題となっています。

thumbnail photo by ABC13 Houston

ただただ親切な思いから

場所は、アメリカ、テキサス州ヒューストン。ティーンエイジャーのルイ・ジョーダンは、仕事を終えた母親を迎えに行くために車を走らせていました。

そこでジョーダンは、バス停に車椅子に乗った高齢の女性がいるのを見かけます。5月のテキサス州の気温は、連日30度を超える猛暑が続くことで有名です。そんな炎天下の中でバスを待つ女性を見て、ジョーダンはふと考えました。

テキサスの炎天下photo by ABC13 Houston

「彼女はいつまであのバス停で待つのだろう?次のバスはいつなのかな?彼女、この暑さの中で大丈夫かな?」

ジョーダンの頭の中でふとそれらの言葉が浮かんだとき、彼は車を路肩に停めていました。そして、車にあった傘をつかみ、彼女の元へ向かいます。彼女のために、炎天下の日差しを傘で防いであげようと思ったのです。

2時間も女性のために日陰を作った少年photo by ABC13 Houston

彼はその後に受けたテレビ局の取材で、

「その日はとにかくとても暑かったんです。僕が彼女だったら、あれ以上あの場所に痛くないと思ったので」とコメントしています。

2時間も女性のために日陰を作った少年photo by ABC13 Houston

そして、彼は女性に声をかけ、彼女のために即席の日陰を傘で作り続けました。その時間は、なんと2時間!!簡単な気持ちで出来るような時間ではありませんね。しかしながら、もしジョーダンが女性のために日陰を作ってあげなければ、彼女はおそらく体調を崩していたことでしょう。

2時間の間で、ジョーダンと車椅子の女性、ミシェルは色んなことを語り合うことが出来たそうです。ミシェルが入っている読書クラブについて話したり、冗談を言い合ってお互いを笑い合ったり。しようと思ってもなかなかできることではありません。

浸水した家の中に取り残された祖母を助けた

ジョーダンの親切は、今に始まったことではありません。

母親のべーネットによると、テキサス州にハリケーン「ハービー」が襲ってきた際、彼は浸水した家の中に取り残された祖母を助けに行きました。

2時間も少年のために日陰を作った少年の母親photo by ABC13 Houston

彼は母親に、「僕がおばあちゃんを助けるから、お母さんは下がってて!」と言って、1メートル20センチもの水に浸かった家の中から祖母を助け出したのです。並大抵の親切や勇気ではそのような行動はそうそうできるものではありません。

ジョーダンは、取材の最後でこう答えています。

「どんな小さな親切でも、誰かの役に立つことが出来ればいいなと思っています。なぜなら、まだまだ世界は捨てたもんじゃないと思えるから」

2時間も女性のために日陰を作った少年photo by ABC13 Houston

世の中そんなに捨てたもんじゃない

初めにも言ったように、人に対して親切にすることを思いつくことは出来ても、実際に行動に移すことはとても難しいです。それは、大人になればなるほど難しくなってきます。

困っている人を利用して、自分の利益にしようとするような輩も、そういった親切な行動の妨げになっています。

しかし、ジョーダンは不審に思われてしまうかもしれないと考える前に、自分の考える正しい行動に信念を持って行動し続けています。それらの多くを、私たちもできる限り見習うべきですね。

彼の考える『まだまだ世界はそんなに捨てたもんじゃない』を実現するためにも。

 
↓この記事のいいね!やシェアはこちら☆↓
                              
 

RELATED ARTICLE

旅立つ息子を引き留めたかった母が取った行動が悲劇を生む無料映画

いじめに遭っていた少年が転校先で温かく迎えられたことに感動した!

いじめに遭っていた少年が転校先で温かく迎えられたことに感動した!

体の90%の皮膚が剥がれ落ちてしまう難病と闘う少年に涙が出た

体の90%の皮膚が剥がれ落ちてしまう難病と闘う少年に涙が出た

財布を落とすもクロネコヤマトの配達員が不在票と共に届けてくれた話

財布を落とすもクロネコヤマトの配達員が不在票と共に届けてくれた話

アメリカ人妻から聞いた日本のランチセットメニューの粗末さが悲惨過ぎた

アメリカ人妻から聞いた日本のランチセットメニューの粗末さが悲惨過ぎた

アメリカのコストコで白人女性からわざと咳をかけられた日本人の私の実体験談

アメリカのコストコで白人女性からわざと咳をかけられた日本人の私の実体験談

月に800万円もの薬がないと生きることが出来ない少女の現状

月に840万円もの薬がないと生きることが出来ない少女の現状

夫の心の声が聞こえるようになった妻、夫の思わぬ本音を聞いて…ほっこり夫婦漫

夫の心の声が聞こえるようになった妻、夫の思わぬ本音を聞いて…ほっこり夫婦漫画

派遣任務にあたっていた米兵夫が出産し終えた妻の元へサプライズ登場!

ゴッホは自殺ではなく他殺だった?仲良くしていた少年2人に撃たれた?

ゴッホは自殺ではなく他殺?仲良くしていた少年2人に撃たれたのか?