ワラウクルミ

大きすぎたことで捨てられたポメラニアン犬がまるでパディントンのよう!

アメリカのある犬のブリーダーは、育てていたオスのポメラニアン犬が生後5ヶ月だったにもかかわらず、動物保護施設へそのポメラニアン犬を預けてしまったのです。

理由は、『売るには大きすぎた』から。

たったそれだけの理由で施設に行くことになってしまったそのポメラニアン犬でしたが、ある女性の目にとまり、すぐに彼女のもとへ。

まるでパディントンのような可愛さ!彼を手放したブリーダーは、きっと今頃後悔しているはずだ!

thumbnail photo by bertiebertthepom

見棄てられたポメラニアン犬に一目惚れ

アメリカ・ニューヨークでアーティストをしているキャシー・グレイソンさん(Kathy Grayson )は、ペット里親サイト「petfinder」で生後5ヶ月のポメラニアン犬「バートラム(Bertram)」に目がとまり、一目惚れ。

すぐさま彼を引き取ることに決めました!

photo by bertiebertthepom

photo by bertiebertthepom

「彼の瞳に私は惹かれたのよ!」と語るキャシーさん。

photo by bertiebertthepom

photo by bertiebertthepom

飛行機で5時間かけて犬を引き取りに

しかし、バートラムがいた施設は、ニューヨークから飛行機で約5時間西へ行ったところのオクラホマ州タルサにありました。

photo by bertiebertthepom

photo by bertiebertthepom

キャシーさんは、なんとバートラムを引き取るためにわざわざ飛行機に乗って行ったのです!

リス氏

リス氏
普通、ペットの犬を引き取るためだけに飛行機に乗ったりはしないよな。キャシーの行動力に拍手を送るぜ!

photo by bertiebertthepom

きっと「大きくなりすぎて売れない」というとんでもない理由で施設に預けられたバートラムの悲しい生い立ちが、キャシーさんの心を動かしたのでしょうね。

photo by bertiebertthepom

キャシーさんが施設へ行ってみると、その中の雰囲気はとても悲しく、そんな場所にいるバートラムを一刻も早く連れ出したいと彼女は思ったそうです。

photo by bertiebertthepom

photo by bertiebertthepom

インスタグラムで瞬く間に人気者に

バートラムに素晴らしさに特別なものを感じたキャシーさんは、バートラムのためのインスタグラムを開始!

すると瞬く間にフォロワーが増え、今では12万8,000人以上もの人々がバートラムのカワイイ写真をチェックしています◎

photo by bertiebertthepom

ワラウクルミ

ワラウクルミ
時々バートラムは、本当に子グマみたいに見えるな〜。まるでパディントンだ!

photo by bertiebertthepom

キャシーさんは、ニューヨークで自身のアートギャラリーを持っており、バートラムはそのギャラリーのホールで「芸術鑑定士」として活躍中とのこと!

photo by bertiebertthepom

photo by bertiebertthepom

photo by bertiebertthepom

「私は、みんながバートラムに会いにギャラリーに来てくれたり、自分たちの犬を合わせに来てくれたりするのが大好きよ。

ギャラリーは無料一般公開されているから、ぜひバートラムを可愛がりに来てね!」と話すキャシーさん。

リス氏

リス氏
ニューヨークに行くことがあったら、ちょっと寄ってみようかな〜。・・・でも、こいつ、おれを食わねぇよな?

photo by bertiebertthepom

photo by bertiebertthepom

photo by bertiebertthepom

キャシーさんのギャラリー情報とまとめ

ちなみに、キャシーさんのギャラリー情報はこちらです。↓
Instagram / Website

かなり面白いアート作品があり、これらすべてが無料で鑑賞できるらしいので、ニューヨークにご旅行予定の方は、プランの1つに加えてみてはいかが?

photo by bertiebertthepom

photo by bertiebertthepom

photo by bertiebertthepom

「大きすぎるから売れない」というブリーダーの考え方自体が、私にはまったく理解できません。

大きすぎたことが理由で捨てられたポメラニアン犬photo by bertiebertthepom

大きかろうが小さかろうが1つの命だという基本的なことを、動物を育てているブリーダー自身が理解していないということに驚くばかりです。

そういった様々なとんでもない理由で見棄てられた動物たちを、キャシーさんのような方がこうやって情報発信することで、より多くの人がペットに対して責任や愛情をもっと持ってくれるといいなと思います。

ワラウクルミの記事が気に入ったら
いいね!してね☆↓最新記事が届くよ◎

Twitter で
                              

    この記事のいいね!やシェアはこちら☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

気軽にコメントしてね♫(名前やメアドは別に記入しなくてもOK)

関連記事はこちらw(*゚ロ゚*)w

漁師が氷山から北極ギツネを救出

漂う氷山の上に取り残されていた北極ギツネを救出した漁師たち!

イズマル・ザルフィク君(

生まれつき両腕がなかったボスニアの少年が水泳大会でチャンピオンに!

痩せ細ったライオン

年老いて瘦せこけたオスライオンが孤独にこの世の最後を迎える時

外国人が驚き感動した日本文化の写真41選!こんなの他の国にはない!!

【CGじゃない!】超巨大なクモが警察官を襲おうとする衝撃映像が公開

【CGじゃない!】超巨大なクモが警察官を襲おうとする衝撃映像が公開!?

森の中で凍えていた子猫たちを救出したハスキー

森の中で凍えて死にそうになっていた子猫たちを介助犬ハスキーが発見!

ハリケーンで行き場を失った動物をスクールバスで救助してまわった男性

ハリケーンで行き場を失った動物をスクールバスで救助してまわった男性を尊敬したい

再就職者にスーツやヘアーカットを無料で提供する活動を続ける団体

再就職者にスーツやヘアーカットを無料で提供する活動を続ける団体を称賛したい!

マドンナのCDアルバムを犬と一緒に忠実に再現したフォトグラファー

マドンナのCDアルバムを愛犬と一緒に忠実に再現した写真家の男性!

世界最大のリス「インドオオリス」のレインボーな毛皮

世界最大のリス『インドオオリス』のレインボーな毛皮と猫並みなデカさに注目!

癖になるオモシロイラスト集「ケイゴ式」を出版したkeigoさん

癖になるオモシロイラスト集「ケイゴ式」を出版したkeigoさん!ワニ特集

チェシー・プラウト

レイプ競争が蔓延する米名門校。実名顔出しで立ち上がった被害女性

小児がん患者のために3年間髪を伸ばして寄付をした小2男児の石田丞くん

小児がん患者のために3年間髪を伸ばして寄付をした小2男児の石田丞くん

チンパンジーに顔と両手をむしり取られてしまったチャーラ・ナッシュ

鬱病と闘うポーランド人イラストレーターの絵が神秘的なダーク感に包まれている

母犬と子猫

我が子をすべて死産で失った母犬と孤児となった子猫の運命的な出会い

数千匹のゴキブリを飼う女の子

数千匹のゴキブリをペットとして飼っている少女に驚愕!家中ゴキブリ!

シロイルカが人魚のよう

船乗りたちがシロイルカを人魚と見間違ったのかも!その理由は脇腹の贅肉に