ワラウクルミ

大きすぎたことで捨てられたポメラニアン犬がまるでパディントンのよう!

アメリカのある犬のブリーダーは、育てていたオスのポメラニアン犬が生後5ヶ月だったにもかかわらず、動物保護施設へそのポメラニアン犬を預けてしまったのです。

理由は、『売るには大きすぎた』から。

たったそれだけの理由で施設に行くことになってしまったそのポメラニアン犬でしたが、ある女性の目にとまり、すぐに彼女のもとへ。

まるでパディントンのような可愛さ!彼を手放したブリーダーは、きっと今頃後悔しているはずだ!

thumbnail photo by bertiebertthepom

見棄てられたポメラニアン犬に一目惚れ

アメリカ・ニューヨークでアーティストをしているキャシー・グレイソンさん(Kathy Grayson )は、ペット里親サイト「petfinder」で生後5ヶ月のポメラニアン犬「バートラム(Bertram)」に目がとまり、一目惚れ。

すぐさま彼を引き取ることに決めました!

photo by bertiebertthepom

photo by bertiebertthepom

「彼の瞳に私は惹かれたのよ!」と語るキャシーさん。

photo by bertiebertthepom

photo by bertiebertthepom

飛行機で5時間かけて犬を引き取りに

しかし、バートラムがいた施設は、ニューヨークから飛行機で約5時間西へ行ったところのオクラホマ州タルサにありました。

photo by bertiebertthepom

photo by bertiebertthepom

キャシーさんは、なんとバートラムを引き取るためにわざわざ飛行機に乗って行ったのです!

リス氏

リス氏
普通、ペットの犬を引き取るためだけに飛行機に乗ったりはしないよな。キャシーの行動力に拍手を送るぜ!

photo by bertiebertthepom

きっと「大きくなりすぎて売れない」というとんでもない理由で施設に預けられたバートラムの悲しい生い立ちが、キャシーさんの心を動かしたのでしょうね。

photo by bertiebertthepom

キャシーさんが施設へ行ってみると、その中の雰囲気はとても悲しく、そんな場所にいるバートラムを一刻も早く連れ出したいと彼女は思ったそうです。

photo by bertiebertthepom

photo by bertiebertthepom

インスタグラムで瞬く間に人気者に

バートラムに素晴らしさに特別なものを感じたキャシーさんは、バートラムのためのインスタグラムを開始!

すると瞬く間にフォロワーが増え、今では12万8,000人以上もの人々がバートラムのカワイイ写真をチェックしています◎

photo by bertiebertthepom

ワラウクルミ

ワラウクルミ
時々バートラムは、本当に子グマみたいに見えるな〜。まるでパディントンだ!

photo by bertiebertthepom

キャシーさんは、ニューヨークで自身のアートギャラリーを持っており、バートラムはそのギャラリーのホールで「芸術鑑定士」として活躍中とのこと!

photo by bertiebertthepom

photo by bertiebertthepom

photo by bertiebertthepom

「私は、みんながバートラムに会いにギャラリーに来てくれたり、自分たちの犬を合わせに来てくれたりするのが大好きよ。

ギャラリーは無料一般公開されているから、ぜひバートラムを可愛がりに来てね!」と話すキャシーさん。

リス氏

リス氏
ニューヨークに行くことがあったら、ちょっと寄ってみようかな〜。・・・でも、こいつ、おれを食わねぇよな?

photo by bertiebertthepom

photo by bertiebertthepom

photo by bertiebertthepom

キャシーさんのギャラリー情報とまとめ

ちなみに、キャシーさんのギャラリー情報はこちらです。↓
Instagram / Website

かなり面白いアート作品があり、これらすべてが無料で鑑賞できるらしいので、ニューヨークにご旅行予定の方は、プランの1つに加えてみてはいかが?

photo by bertiebertthepom

photo by bertiebertthepom

photo by bertiebertthepom

「大きすぎるから売れない」というブリーダーの考え方自体が、私にはまったく理解できません。

大きすぎたことが理由で捨てられたポメラニアン犬photo by bertiebertthepom

大きかろうが小さかろうが1つの命だという基本的なことを、動物を育てているブリーダー自身が理解していないということに驚くばかりです。

そういった様々なとんでもない理由で見棄てられた動物たちを、キャシーさんのような方がこうやって情報発信することで、より多くの人がペットに対して責任や愛情をもっと持ってくれるといいなと思います。

ワラウクルミの記事が気に入ったら
いいね!してね☆↓最新記事が届くよ◎

Twitter で
                              

    この記事のいいね!やシェアはこちら☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED ARTICLE

激太りしてしまったハムスターをライザップ的にハムザップしちゃった動画

「美しい」と言われた瞬間、人々の顔が幸福で満ちあふれる映像に心が洗われるぜ

「美しい」と言われた瞬間、人々の顔が幸福で満ちあふれる映像に心が洗われるぜ

母リスに捨てられてしまった赤ちゃんリスの成長写真が可愛すぎてとろけそう

母リスに捨てられてしまった赤ちゃんリスの成長写真が可愛すぎてとろけそう!

絶滅に瀕しているウミガメために2年半で1万トンもの浜のゴミを拾った結果

絶滅に瀕しているウミガメために2年半で1万トンもの浜のゴミを拾った結果・・・

バスケの試合中障害のある少年のためにボールをパスし続ける仲間に感動!

バスケの試合中障害のある少年のためにボールをパスし続ける仲間に感動!

雪玉のようになった猫、奇跡的に一命を取り留める!モンタナ州

雪玉のようになった猫、奇跡的に一命を取り留める!モンタナ州

マドンナのCDアルバムを犬と一緒に忠実に再現したフォトグラファー

マドンナのCDアルバムを愛犬と一緒に忠実に再現した写真家の男性!

スズメバチの巣をエアガンで破壊するという方法もありかもしれない

スズメバチの巣をエアガンで破壊するという方法もありかもしれない

機内でミルクを切らしていた乗客の赤ちゃんに授乳した客室乗務員の行動に称賛の嵐!

機内でミルクを切らしていた乗客の赤ちゃんに授乳した客室乗務員の行動に称賛の嵐!

赤ちゃんウォンバットを救出

死んだ母親ウォンバットのお腹の中から赤ちゃんを救出し、ブラの中で育児

2時間も女性のために日陰を作った少年

炎天下でバスを待つ車椅子の女性のために2時間、傘で日よけを作った少年

閉じ込め症候群となったマーティン・ピストリウス

13年間体も声もなく意識だけの存在となったマーティン・ピストリウスの奇跡

ジェイミー君とキーラちゃん

息子のために3Dプリンターで義手を作った父親。同じ境遇の少女にも義手をプレゼント...

小児がん患者のために3年間髪を伸ばして寄付をした小2男児の石田丞くん

小児がん患者のために3年間髪を伸ばして寄付をした小2男児の石田丞くん