ワラウクルミ

東京圏の病院内はすでにコロナ患者で手一杯の現状が分かる動画を見て欲しい

新型コロナウイルスが蔓延し、感染患者数が増えれば増えるほど逼迫してくるのがその治療に当たる医療現場だ。

ほとんどの病院ではコロナ患者のための設備が整えられておらず、日本政府は病床の確保に奔走している。

患者を受け入れている病院では、慣れない状況と院内感染というリスクが医療スタッフたちに大きな精神的ストレスを与えている。

その現状を伝えるために、BBCのルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ東京特派員が、神奈川県川崎市にある聖マリアンナ医科大学病院内を取材してくれている。

もし、このままのペースでコロナ患者が増え続けたら医療現場は崩壊しかねないぞ。↓

取材に応じた藤谷茂樹医師が動画の最後でも仰っていたように、ICU(集中治療室)で働く医療スタッフたちには、『私も患者からもらって感染するかもしれない』というとてつもない精神的負担がかかっている。

日本国外では、治療に当たっていた医師や看護師が患者からうつってしまい、そのまま亡くなってしまっているケースも少なくない。

例え個人用防護服やマスク、フェイスシールドをしていてもかかってしまうリスクはある。

そんな、自分の命を呈して治療に当たっている医療従事者の方々のためにも、私たち国民はできるだけ他者と接触する機会をなくし、手洗いやマスク着用を徹底して感染リスクを下げるべきだと思う。

 

最後に、日々感染患者の治療に心血を注いでくれている医療従事者の方々へ感謝の意を述べたい。

日本のために、そして私たちのために、命をかけて治療に当たっていただきどうもありがとうございます。心から応援しています。

↓この記事のいいね!やシェアはこちら☆↓
                              

RELATED ARTICLE

新型コロナで超過労働を強いられている医療従事者たちの悲痛な写真15枚

新型コロナで超過労働を強いられている医療従事者たちの悲痛な写真15枚

コロナウイルス大流行で家に取り残されたペットを助け出すボランティアたち

コロナウイルス大流行で家に取り残されたペットを助け出すボランティアたち

アメリカで年間7万人もの人が薬物過剰摂取により死亡している現実

アメリカで年間7万人もの人が薬物過剰摂取により死亡している現実

銃社会アメリカで「スマホ型拳銃」が販売開始

銃社会アメリカで「スマホ型拳銃」が販売開始。犯罪者の悪用が懸念される

starbucks

スタバ客席で友人を待っていた2人の黒人男性が逮捕。差別なのか?

コロナ対策!中国の床屋で棒にバリカンとブラシをつけたヘアカットが奇抜すぎ

コロナ対策!中国の床屋で棒にバリカンとブラシをつけたヘアカットが奇抜すぎ

なぜ人は引きこもりになる?自立を助けるレンタルお姉さんの有用性

なぜ人は引きこもりになる?自立を助けるレンタルお姉さんの有用性

欧州でシリコン人形を使ったあっち系のお店が流行し始めている件

欧州でシリコン人形を使ったあっち系のお店が流行し始めている件

南アフリカで違法薬物『ニャオピ』が蔓延。自ら蟻地獄へ飛び込む人々

南アフリカで違法薬物『ニャオピ』が蔓延。自ら蟻地獄へ飛び込む人々

オーバーシュートの意味は「感染爆発」ではない!完全な間違いだぞ!

オーバーシュートの意味は「感染爆発」ではない!完全な間違いだぞ!