ワラウクルミ

世界各国がコロナ対策として中国の監視システムに注目してるだと?

世界各国がコロナ対策として中国の監視システムに注目してるだと?

世界各国、新型コロナウイルスの感染拡大を抑え込もうと躍起になっている。

街を封鎖して、多くの人々は家に閉じこもっているのだが、中にはそれを無視して出かける者もいる。

しかし、中国ではデータ監視システムを用いて外出している人物を特定。徹底的に封じ込めを行った結果、約一か月で感染者数を激減させることに成功している。

そんな中国の監視システムに、世界各国が関心を向けているというのだ!

監視国家・中国のやり方はありなのか?

一般的な国では、政府は国民に対して外出禁止を強要することは難しい。もちろん警察官が見回って対応することができるが、それも完璧ではない。

2020年4月4日現在、世界の総感染者数は120万人以上。死者数も64,000人を超えた。

アメリカでは感染者数が莫大に増え、今では1位の31万人に。その数は、2位、3位のイタリアとスペインの感染者数を合わせた数よりも多い。

photo by Johns Hopkins University

欧州各国では、死者数が群を抜いており、1位はイタリアの15,362人、2位はスペインで11,947人、3位はフランスで7,560人となっている。

そんな最悪の状況の中、世界各国は中国のとった対策に関心を向けている。

それは、監視国家・中国も持つデータ監視システムを用いた徹底的な封じ込めだ。

photo by BBC NEWS Japan

国民ID番号がすべてにリンク。インターネット閲覧履歴から携帯電話の位置情報などすべてを把握し、その人物の行動履歴が2週間までばっちり遡れるという。

そしてもしその人物が感染していたことが発覚し、さらに電車に乗っていたりした場合、その電車に同乗している国民へダイレクトメールを一斉送信できるほどだ。

その徹底的な監視体制を世界各国が注目してるという。

詳細は動画で。↓

リス氏

リス氏
確かに中国はコロナをうまく抑えたが、これはちょっと行き過ぎたやり方だよな。他国ではちょっと通用しないぜ。
ワラウクルミ

ワラウクルミ
監視国家だからこそできる対策だよね。正直、非人道的とも言えるかも。

世界各国の政府は、色々頭を抱えているわけだが、さすがに中国以外の国でデータ監視システムを導入するのは非現実的と言えるだろう(=_=)

だが、中国がそれによっていい結果を残していることは確かだ。

このサイトでも何度も言っていることだが、みんなにはできるだけ家にいてほしい。それがとにかく一番の感染拡大対策だ。

ちなみに世界の感染者数、死者数の最新情報が知りたい方は、下のリンクにあるジョンズ・ホプキンズ大学『COVID-19 Map』をチェックしてみてくれぃ∠( ̄◇ ̄)↓

More info : Johns Hopkins “COVID-19 Map”

↓この記事のいいね!やシェアはこちら☆↓
                              

RELATED ARTICLE

キルギス共和国で続く風習「誘拐婚」

女性を誘拐して強制的に結婚?キルギス共和国で続く風習「誘拐婚」とは?

A little girl

アメリカには児童誘拐警報システム「アンバーアラート」がある!

刑務所1日体験

非行少年少女たちを刑務所に収監して更生する番組「刑務所1日体験」がすごい

子供時代をゴミ屋敷で暮らすことはどういうことかを教えてくれる写真たち

子供時代をゴミ屋敷で育った写真家が制作した写真が教えてくれること

NZモスク銃乱射事件の犠牲者のためにハカを踊る学生たちに感動!

NZモスク銃乱射事件の犠牲者のためにハカを踊る学生たちに感動!

ウェイトレスが銃を携帯するバーガーショップ!町の名前は「ライフル」

中国が思想改革という名目で人々を洗脳しているウイグル収容所の実態

外出禁止のイタリアで男性が画面の鳩に向かって餌やり ... 病んでるなこりゃ

外出禁止のイタリアで男性が画面の鳩に向かって餌やり ... 病んでるなこりゃ

オーバーシュートの意味は「感染爆発」ではない!完全な間違いだぞ!

オーバーシュートの意味は「感染爆発」ではない!完全な間違いだぞ!

殺気立った客に店員は「私はコロナウイルスよりも人間が怖い」と悲痛を上げる

殺気立った客に店員は「私はコロナウイルスよりも人間が怖い」と悲痛を上げる