ワラウクルミ

自転車をこいでマフラーを作れる装置!運動しながら5分で1本編めちゃう◎

自転車をこいでマフラーを作れる装置!運動しながら5分で1本編めちゃう◎

冬の駅での待ち時間は、寒く退屈だ。

そんな空き時間を快適に過ごすアイテムが、オランダ人のジョージ・バラット・ジョーンズさんが発明した『サイクロニッター』だ!

このサイクロニッターは、自転車のペダルをこいでマフラーを編む装置。これさえあれば体も心も温か〜。

自転車をこぐだけでマフラーが作れる装置

photo by artFido

冬。駅のプラットホームでの待ち時間は寒く、そして退屈だ。ほとんどの人が携帯電話を眺め、数人の男性会社員の人たちは、自分のゴルフスイング・フォームをチェックしているかもしれない。

そんな空き時間をバッチリ有効活用する装置『サイクロニッターCyclo Knitter)』をオランダ人のデザイン科学生ジョージ・バラット・ジョーンズさん(George Barratt-Jones)が開発。

とある駅のホーム。ジョーンズさんは、プラットホームにサイクロニッターを設置し、まずは糸を取り付けていきます。

準備完了!

photo by artFido

あとはただペダルをこいでいくだけ◎

おぉ、細長いマフラーが筒状になって出来上がっていくぞ!

photo by artFido

駅で待つ人々もサイクロニッターに興味津々。

今回は、ペダルをこいだ人にもれなく無料で作ったマフラーをプレゼントするということで、早速お客さんいらっしゃ〜い。

photo by artFido

1本のマフラーを作り上げるのに約5分、ペダルをこぎ続けるだけ。

photo by artFido

楽しく会話してたら5分なんてあっという間!はい、でけた◎

photo by artFido

体も温まって運動も出来て、さらに無料のマフラーをもらえて、お客さんもこの表情◎

photo by artFido

サイクロニッターの動画はこちら!↓

デザイン科の学校に通うジョーンズさんは、課題の一環として今回このようなサイクロニッターを作ったのかもしれないが、非常にユーモアあふれるアイテムだった。

もちろん毛糸などの材料は、準備する必要があるが、運動しながらマフラーを編めるなんて画期的すぎるだろ!

商品化すれば、もしかしたら一部のニーズにはバカウケするかもしれない(´Д`)

ワラウクルミの記事が気に入ったら
いいね!してね☆↓最新記事が届くよ◎

Twitter で
                              

    この記事のいいね!やシェアはこちら☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED ARTICLE

プーチン大統領が盛り沢山な『プーチンカレンダー2019』がロフトで販売中だぞ!

プーチン大統領が盛り沢山な『プーチンカレンダー2019』がロフトで販売中だぞ!

眼窩にフックを引っかけて車を引っ張る男のチャレンジ

眼窩にフックを引っかけて車を引っ張る男のチャレンジが何とも奇妙だ(=_=)

周囲の耳を気にせず電話が出来るスマホ用ボイスマスク『Hushme』が開発中だぞ!

周囲の耳を気にせず電話が出来るスマホ用ボイスマスク『Hushme』が開発中だぞ!

「ドラゴンボール」の亀仙人にそっくり過ぎなベトナム人ボディビルダー!

「ドラゴンボール」の亀仙人にそっくり過ぎなベトナム人ボディビルダー!

廃タイヤを超可愛いペット用ベッドにリメイクするブラジル人青年!

廃タイヤを超可愛いペット用ベッドにリメイクするブラジル人青年!

風力で動く「ストランドビースト」の制作者、テオ・ヤンセン

芸術家「テオ・ヤンセン」の風力で動く『ストランドビースト』の造形美!

レゴがブガッティ・シロンの実物大をレゴブロックで製作

レゴがブガッティ・シロンの実物大をレゴブロックで製作!時速20kmで走行可能!

魔法のようなルービックキューブマジックに傾げた首が元に戻らないぞ!

魔法のようなルービックキューブマジックに傾げた首が元に戻らないぞ!

アンクル・ドリュー(UNCLE DREW)が映画化!

老人が超絶バスケプレー!ペプシのCM「アンクル・ドリュー」が映画化されるぞ!

サッカーの試合中、監督たちが見せる選手顔負けのプレー集映像

サッカーの試合中、監督たちが見せる選手顔負けの華麗なトラップ集!

マラソン世界記録ペースのランニングマシーンで一般人が走ると転倒する人が続出!

マラソン世界記録ペースのランニングマシーンで一般人が走ると転倒する人が続出!

ハリー・ポッターの魔法と杖を使ってプログラミングを学べるキット

ハリー・ポッターの魔法と杖を使ってプログラミングを学べるキットが発売!

打ったらすぐに走る「スピードゴルフ」

打った後はすぐ走る!?タイムも競う『スピードゴルフ』が超絶ハードだ!

生後6ヶ月からスケードボードを始めた少年

生後6ヶ月から?2歳児のスケボーの乗りこなし具合が半端ない!