ワラウクルミ

漫画『魂の遺言執行人リリー』役者になりたかった富豪が残したものとは?

漫画『魂の遺言執行人リリー』役者になりたかった富豪が残したものとは?

漫画「共鳴せよ!私立轟高校図書委員会」「千歳ヲチコチ」「告別にはまだ早い」などの作者であるD・キッサンさん。

今回は、D・キッサンさんのオムニバス作品「告別にはまだ早い / 遺言執行人リリー」の第一話をまるまるご紹介しよう!

本編の簡単なあらすじはこうだ。

役者になることを諦め、富豪の跡取りとしての役目をしっかり勤めたある男。しかし、男はそれをただ演じていただけだった。

富豪を演じるという重圧に押しつぶされそうだったとき、男は変装し、街に出かけた。そしてあるカフェにいた少年と仲良くなる。

富豪と少年。それぞれ身分がまるで違う二人に共通したものとは?・・・・・・夢とは?希望とは?

生前に伝えられなかったそんな思いを、魂の遺言執行人が救い出す。

そんなD・キッサンさんの漫画、『告別にはまだ早い / 遺言執行人リリー』の「役者になりたかった富豪が残した遺言」をどうぞお楽しみあれ(´Д`)

役者になりたかった富豪が残した遺言①

 

 

 

 

 

 

 

photo by D・キッサン

役者になりたかった富豪が残した遺言②

 

 

 

 

 

 

photo by D・キッサン

役者になりたかった富豪が残した遺言③

 

 

 

 

 

 

 

photo by D・キッサン

後編は2ページ目へ続く↓

↓この記事のいいね!やシェアはこちら☆↓
                              

RELATED ARTICLE

アメリカのコストコで白人女性からわざと咳をかけられた日本人の私の実体験談

アメリカのコストコで白人女性からわざと咳をかけられた日本人の私の実体験談

ウェディングドレス姿の花嫁かと思いきや彼女の弟だった!

新郎が花嫁のウェディングドレス姿を期待して振り返えると・・・えっ!?

全身火傷を負い、夫に見棄てられながらも強く生きる女性

全身火傷を負い、夫に見棄てられながらも強く生きる女性に勇気づけられた

交通事故が原因で視力と記憶、美貌を失ってしまったロシア人女性の悲劇

交通事故が原因で視力と記憶、美貌を失ってしまったロシア人女性の悲劇

「あ、もう無理。会社を辞めよう」49歳で退職。その最終日の漫画に共感集まる

「あ、もう無理。会社を辞めよう」49歳で退職。その最終日の漫画に共感集まる

ゴッホは自殺ではなく他殺だった?仲良くしていた少年2人に撃たれた?

ゴッホは自殺ではなく他殺?仲良くしていた少年2人に撃たれたのか?

漫画家・浦田カズヒロ『100日後に打ち切られる漫画家』38~67日目までのまとめ

漫画家・浦田カズヒロ『100日後に打ち切られる漫画家』38~67日目までのまとめ

女性漫画家を襲った突然のくも膜下出血。その入院生活を綴った漫画に命の尊さを知る

女性漫画家を襲った突然のくも膜下出血。その入院生活を綴った漫画に命の尊さを知る

派遣任務にあたっていた米兵夫が出産し終えた妻の元へサプライズ登場!

シャンデリア

「Chandelier(シャンデリア)」Sia(シーア)からの個人的な小話