ワラウクルミ

漫画『魂の遺言執行人リリー』役者になりたかった富豪が残したものとは?

漫画『魂の遺言執行人リリー』役者になりたかった富豪が残したものとは?

漫画「共鳴せよ!私立轟高校図書委員会」「千歳ヲチコチ」「告別にはまだ早い」などの作者であるD・キッサンさん。

今回は、D・キッサンさんのオムニバス作品「告別にはまだ早い / 遺言執行人リリー」の第一話をまるまるご紹介しよう!

本編の簡単なあらすじはこうだ。

役者になることを諦め、富豪の跡取りとしての役目をしっかり勤めたある男。しかし、男はそれをただ演じていただけだった。

富豪を演じるという重圧に押しつぶされそうだったとき、男は変装し、街に出かけた。そしてあるカフェにいた少年と仲良くなる。

富豪と少年。それぞれ身分がまるで違う二人に共通したものとは?・・・・・・夢とは?希望とは?

生前に伝えられなかったそんな思いを、魂の遺言執行人が救い出す。

そんなD・キッサンさんの漫画、『告別にはまだ早い / 遺言執行人リリー』の「役者になりたかった富豪が残した遺言」をどうぞお楽しみあれ(´Д`)

役者になりたかった富豪が残した遺言①

 

 

 

 

 

 

 

photo by D・キッサン

役者になりたかった富豪が残した遺言②

 

 

 

 

 

 

photo by D・キッサン

役者になりたかった富豪が残した遺言③

 

 

 

 

 

 

 

photo by D・キッサン

後編は2ページ目へ続く↓

↓この記事のいいね!やシェアはこちら☆↓
                              

RELATED ARTICLE

唇を母親に噛みちぎられたロシア人少女、養子に迎えられるも9歳で急死

唇を母親に噛みちぎられたロシア人少女、養子に迎えられるも9歳で急死

いじめに遭っていた少年が転校先で温かく迎えられたことに感動した!

いじめに遭っていた少年が転校先で温かく迎えられたことに感動した!

派遣任務にあたっていた米兵夫が出産し終えた妻の元へサプライズ登場!

女性漫画家を襲った突然のくも膜下出血。その入院生活を綴った漫画に命の尊さを知る

女性漫画家を襲った突然のくも膜下出血。その入院生活を綴った漫画に命の尊さを知る

全身火傷を負い、夫に見棄てられながらも強く生きる女性

全身火傷を負い、夫に見棄てられながらも強く生きる女性に勇気づけられた

恋人を失い肉食をやめ、代わりに植物を育てようとするオオカミ漫画に胸を締めつけられた

恋人を失い肉食をやめ、代わりに植物を育てようとするオオカミ漫画に胸を締めつけられた

飛行機事故で両親を失った女性、1億円の整形手術で生まれ変えようとする

飛行機事故で両親を失った女性、1億円の整形手術で生まれ変えようとする

人生で初めて音を聴いて喜ぶ赤ちゃんの姿に思わず涙がこみ上げてきた母

術後、人生初の音を聴いて喜ぶ赤ちゃんの姿に思わず涙がこみ上げてきた母。感動だわ〜

夫の心の声が聞こえるようになった妻、夫の思わぬ本音を聞いて…ほっこり夫婦漫

夫の心の声が聞こえるようになった妻、夫の思わぬ本音を聞いて…ほっこり夫婦漫画

財布を落とすもクロネコヤマトの配達員が不在票と共に届けてくれた話

財布を落とすもクロネコヤマトの配達員が不在票と共に届けてくれた話