ワラウクルミ

家中ゴキブリだらけのゴミ屋敷をそのまま家ごと燃やしちゃう消防士たち

ゴキブリだらけのゴミ屋敷を家ごと燃やす消防士たち

あなたは、家にゴキブリが出たらどうしますか?「ゴキジェットプロ」でシューッとします?もしくは、とりあえず「キンチョール」で?それとも、予防策として「ごきぶりホイホイ」?

1匹ならそれでいいかもしれませんが、もし家中大量にゴキブリが発生していたらどうしますか?

まぁ、日本なら「バルサン」を使うという選択肢がもっともポピュラーではありますが、アメリカではちょっと違います!なんと家ごと燃やして退治しちゃうんです!!やっぱりスケールが違うぜ!!!

thumbnail photo by puck025

ゴミ屋敷が「ゴキブリ屋敷」に大変身!

2010年10月30日、イリノイ州クリスチャン郡パナ市である家が問題となっていました。

photo by puck025

その家は、いつの頃からか家主が不在となっており、長年空き家状態となっていたのです。やがて、近隣住民からその家からゴキブリなどの害虫が這い出てきて被害を受けていると苦情が出るように。

市の職員は、家主に連絡を取ろうとしたものの連絡が取れず、仕方なく空き家の調査に乗り出すことにし、家宅調査を決行します。

すると、家の中には、そのまま放置された家具や生活用品を覆い隠すように、ゴミの山が散乱していたのです。古くなった食べ物や汚れた食器がちらかったまま放置されていました。

photo by puck025

そしてそれは、ゴキブリたちにとって最高の環境だったのです。食べ物もあり、隠れる場所もある。まさに、ゴキブリ屋敷状態でした。

photo by puck025

ゴキブリたちは、ゴミ屋敷で安息の日々を暮らし、爆発的な繁殖を遂げることが出来ました。しかし、いつまでも安寧とした暮らしは続きません。食べ物にも限界があったのです。

photo by puck025

そこでゴキブリたちは、近隣の家々へ旅立つようになったというわけです。残念ながら、その旅路を歓迎する近隣住民は一人もいませんでした・・・・・・当たり前ですねf^_^;)

殺虫剤などを使っても死なないゴキブリだった

そんなこんなで、パナ市は「ごきぶりホイホイ」的なものや殺虫剤を駆使してゴキブリ退治を試みたのですが、それらの対策はまったく効き目がありませんでした。

それもそのはず。実はこのゴキブリたちは、日本を初め、世界的にも強靱なしぶとさで有名な「チャバネゴキブリ」だったのです。彼らには、一般的な駆除方法では歯が立ちません。

photo by puck025

そこで、パナ市は消防局と綿密な計画を練り、ゴミ屋敷ごと燃やしてゴキブリを退治することを決定しました。日本だったら、まず考えられない措置ですねf^_^;)

photo by puck025

でも、ちょっと待って!家に火がついたら、ゴキブリたちは飛んで逃げて行ってしまうんじゃないの?と思ったそこのあなた!

ご安心下さい。チャバネゴキブリは飛ぶことがないため、ゴミ屋敷ごとまとめて燃やすことが出来るのです。

プロの消防士たちの技が光る

しかしながら、ゴキブリたちは地面を這うことは出来るので、消防士たちは対策とし、家の周囲を囲うように土塀を作り、家を外から燃やすことでゴキブリたちの退路を防ぎました。

photo by puck025

photo by puck025

さすが炎のプロ!・・・・・・って、本来、消防士の役目は「火を消すこと」なのですがねf^_^;)

しかし、ここからが消防士の腕の見せ所です。日本のように住宅は密集してはいないものの、火事から発生する炎の力は尋常ではありません。少し離れたくらいでは、簡単に延焼してしまいます。

photo by puck025

それを防ぐために、消防士たちは、周囲の家の壁や木に常に水をかけ続け、火が大きくなりすぎないように水をかけて、火の勢いを調節していきます。

photo by puck025

しかし、ちゃんと家は燃やし尽くさなくてはなりません。そのさじ加減がまさにプロのなせる技!周囲には、ゴキブリたちの燃える香ばしい薫りが・・・・・・漂ってはいなかったでしょうねf^_^;)

photo by puck025

消防士たちの巧みなファイアーコントロールにより、ゴキブリ屋敷は延焼もなく綺麗に燃え尽きました!お見事!!

それから数週間たっても、近隣でゴキブリ被害を訴える声は上がらなくなり、住民たちは再び平穏な暮らしを取り戻すことが出来ました。めでたし、めでたし。

しかしながら、日本でこのゴキブリ退治方法はまず無理でしょうね。そのゴミ屋敷だけじゃなく、隣の2・3軒も一緒にファイヤーしてしまいます(-_-;)

我々日本人は、無難に「バルサン」を使いましょうね!

ワラウクルミの記事が気に入ったら
いいね!してね☆↓最新記事が届くよ◎

Twitter で
                              

    この記事のいいね!やシェアはこちら☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED ARTICLE

ハムスターがピラミッド型の迷路を攻略していく映像が可愛すぎた件

ハムスターがピラミッド型の迷路を攻略していく映像が可愛すぎた件

狩ったヌーの赤ちゃんを食べずに守ったメスライオン!母の愛が種を超えた奇跡

狩ったヌーの赤ちゃんを食べずに守ったメスライオン!母の愛が種を超えた奇跡

犬のウンチ風景カレンダーがあまりにもシュールすぎて地味な笑いを誘うぜ!

犬のウンチ風景カレンダーがあまりにもシュールすぎて地味な笑いを誘うぜ!

チンパンジーに顔と両手をむしり取られてしまったチャーラ・ナッシュ

マドンナのCDアルバムを犬と一緒に忠実に再現したフォトグラファー

マドンナのCDアルバムを愛犬と一緒に忠実に再現した写真家の男性!

ハリケーンで行き場を失った動物をスクールバスで救助してまわった男性

ハリケーンで行き場を失った動物をスクールバスで救助してまわった男性を尊敬したい

毛がポケモンのモンジャラの様にされてしまった猫のビフォーアフター

毛がポケモンのモンジャラの様にされてしまった猫のビフォーアフター!

日本三大廃墟『八丈オリエンタルリゾート』の写真28選。光と影のあるところ

日本三大廃墟『八丈オリエンタルリゾート』の写真28選。光と影のあるところ

4匹の子猫と親を亡くした4匹の子リスの子育てをする母猫プーシャの優しさ

趣味で描いていた武装犬たちのイラストがフィギアやカードになって販売開始だと!?

絶滅に瀕しているウミガメために2年半で1万トンもの浜のゴミを拾った結果

絶滅に瀕しているウミガメために2年半で1万トンもの浜のゴミを拾った結果・・・

タイの異色な純白寺院「ワット・ロンクン」の美しさと地獄絵図の彫像群

タイの異色な純白寺院「ワット・ロンクン」の美しさと地獄絵図の彫像群

小さなショウガラゴをあやすオスゴリラの手つきが優しさで満ちあふれているぞ!

小さなショウガラゴをあやすオスゴリラの手つきが優しさで満ちあふれているぞ!

mountain

あなたの知らないアメリカ・ワシントン州の動物のまとめ