ワラウクルミ

島が消えるのを防ぐため39年間、植林し森を作ったインド人環境活動家

島を守る39年間、植林し森を作ったインド人環境活動家

人々は、文明開化していくことによって、より技術を向上させ続けてきました。しかし時に、それは違う形にとして『しっぺ返し』となって自分たちに返ってきます。

インド北東部の川にある砂州の島が、人間が作り出したあるものが原因で消滅の危機に瀕しています。

しかし、ある一人の環境活動家が自らの島を守るため、植林活動をし続けています。それも40年近くものあいだ、毎日。

今回は、人生をかけて森を作るある男性についてです。

thumbnail photo by 101 India

上流の巨大な堤防が浸食の原因

photo by William D McMaster

インド北東部にあるアッサム地方のマユリは、世界最長の川「ブラマプトラ川」の中にある砂州の島です。

しかしマユリは、20世紀初頭から消滅の危機にさらされ続けています。

photo by William D McMaster

この70年間で、マユリの面積はもとの半分以下に縮小してしまい、専門家の研究では、およそ20年後には、ブラマプトラ川に流されてしまうのではと懸念されています。

photo by William D McMaster

photo by William D McMaster

photo by William D McMaster

マユリは、今現在も危険にさらされ続けています。

その原因は、上流の街が巨大な堤防を築いたことによって、モンスーンで増水して行き場を失った川の水の猛威が、マユリに方向を変えてしまったからです。

1991年からマユリにある35以上の村が、川の氾濫によって流されてしまいました。

photo by William D McMaster

photo by William D McMaster

39年間、植林し続けている

photo by William D McMaster

インド官庁が、長年、マユリを守る方法を見つけ出そうと手をこまねいているあいだ、ある1人の環境活動家の男性がいなかったら、マユリはすでに消滅していたかもしれません。

1979年、マユリは大洪水に襲われたあと、激しい高温に見舞われ、簡単に見つけることが出来た食糧元でもあるたくさんのヘビが死んでしまいました。

photo by William D McMaster

当時16歳だったジャダ・ペヤンさん(Jadav Payeng)は、その現状を目の当たりにしたとき、植林をして水の浸食からマユリを守ることを「人生の使命」とすることを決意します。

photo by William D McMaster

以来、ジャダさんは、39年間、休むことなく毎日木を植え続け、550ヘクタールもの森林を作り出したのです!

photo by 101 India

それは、ニューヨークのセントラルパーク(340ヘクタール)よりも広く、東京ドーム117個分にも相当する広さの森ということになります。

photo by 101 India

リス氏

リス氏
塵積もって山になるって言うけど、ジャダさんの場合は森になったってわけか。その熱意にあっぱれだぜ。

photo by William D McMaster

今では、その森はベンガルトラやインドサイの住み処となり、さらには、毎年定期的に100頭以上のインド象が訪れるようにもなりました。

ワラウクルミ

ワラウクルミ
ジャダさんの森は、自分たち人間だけじゃなく、動物たちをも守ることにも繋がったんだね。本当に素晴らしい人だ!

photo by William D McMaster

スポンサーリンク

「私の木を切る前に私を切りなさい」

photo by William D McMaster

ジャダさんは、動画「Forest Man」の最後にこう語っています。

「私の夢は、マユリをもう一度、森で覆い尽くすことです。最後の一息をするまで、私は植林を続けるつもりです。

私は、人々にこう話すんです。『私の木を切っても、君には何にももたらさないだろう。私の木を切る前に私を切りなさい』ってね。」

リス氏

リス氏
すんげぇ、人だな、おい!こういう人がいるから世界は美しいんだろうな〜。
ワラウクルミ

ワラウクルミ
「世界が美しい」だなんて、リスさんもたまには柄にもないこと言うんだね!
リス氏

リス氏
フンッ!俺はこう見えてもセンシティブな感性を持ってるんだぜ!

ジャダさんのドキュメンタリー動画はこちら。↓

違うジャダさんの動画もありますよ!↓

おそらくこの森は、ジャダさんの名前をとって「Jadav Forest」と命名するべきでしょう。なぜなら彼がその森を作り出したわけですから。

直接的な損得勘定なしで、ジャダさんのようなこういう活動をされる方々を私は本当に尊敬します。

彼の人生をかけた森が、これからもどんどん大きくなって、マユリを大洪水から守ってくれるといいですね( ´▽`)

ワラウクルミのサイトが気に入ったら
いいね ! してね(´▽`)ノ

Twitter で
                              
     

    よかったらこの記事のシェアをよろしくね☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

気軽にコメントをして下さいね♫

スポンサーリンク

関連記事はこちら(*`ロ´ノ)ノ

Youtube本社を襲撃後、自殺した女性

元ユーチューバーの女性がYouTube本社を銃撃後、自殺。一体何が原因?

トイザらスの衰退と廃墟になっていくショッピングモールのまとめ

痩せ細ったライオン

年老いて瘦せこけたオスライオンが孤独にこの世の最後を迎える時

アカシンガ

毒薬で無残に殺された象たちと密猟と戦うアフリカの女性隊員たち

missile

米英仏の合同作戦によるシリアの化学兵器製造施設へのミサイル攻撃

アルビノのアフリカ系女性

タンザニアで相次ぐ『アルビノ狩り』。アルビノとはいったい?

ワシントン州のハイキング

ワシントン州の山でハイキング!シアトル観光のついでにいかが?

子供時代をゴミ屋敷で暮らすことはどういうことかを教えてくれる写真たち

子供時代をゴミ屋敷で育った写真家が制作した写真が教えてくれること

アメリカの山々を横断し23kg痩せた男

5ヶ月間でアメリカの山々を縦断した後、23kgも体重が減っていた男性

どこまでも往生際の悪いカード泥棒バカップル

どこまでも往生際の悪いカード泥棒のバカップルは天井から落ちても平気!

世界最大のリス「インドオオリス」のレインボーな毛皮

世界最大のリス『インドオオリス』のレインボーな毛皮と猫並みなデカさに注目!

あなたが知るべき『ホロコースト』についてのわかりやすいまとめ

seattle

ワシントン州・シアトルの歴史やおすすめの観光地をご紹介!

韓国『セウォル号沈没事故』のわかりやすい経緯と事故原因について

スポンサーリンク