ワラウクルミ

二次元キャラクターと会話できる?俺の嫁召喚装置「Gatebox」とは?

これまで二次元のキャラクターを見たり、操作したりすることはできましたが、実際に会話したりすることは、当然出来ませんでした。

しかし、Gatebox社は新時代幕開けとも言える新感覚の3Dバーチャルホームロボット「Gatebox」を遂に発売!

別名「俺の嫁召喚装置」とも呼ばれるこのGatebox。果たして一人暮らしで寂しい生活を余儀なくされている男性たちの救世主となるのか?

thumbnail photo by Gatebox

会話や家電コントロールもしてくれる!

photo by Gatebox

Gatebox、通称「俺の嫁召喚装置」は、円筒形の装置内部に身長約15cmの3Dキャラクターを投影し、コミュニケーションが楽しめるというマシンです。

メインとなるキャラクターの名前は「逢妻ヒカリ」20歳。

とにかく、「ねぇ、ヒカリ」とGateboxに呼びかけるだけでヒカリがマスター(ユーザー)の話し相手になってくれるというのです!

photo by Gatebox

ちなみに新型機(GTBX-100)は、マシン上部にマイクを2台搭載し、一昨年発売された従来モデルよりも遠い約3メートル先からでもキャラに話し掛けられるようになりました。

photo by Gatebox

Gateboxの大きさは、ご覧のように浮遊感のあるコンパクトなデザインとなっています。

リス氏

リス氏
確かにこの大きさならどんな机にも置きやすいな◎

Gateboxには、無線LAN、Bluetooth(R)、赤外線、内蔵カメラ、人感センサーなどが内蔵されており、マスターの顔や動きを認識し、それによってキャラクターが日常生活に色々な影響を与えてくれます。

photo by Gatebox

例えば、Wi-Fiや赤外線で家電製品とつなぎ、照明やテレビ・エアコンなどの家電をコントロールしたり、インターネット経由で天気やニュースなどの情報を通知したりしてくれます!

LINEでのチャットや目覚ましも可能

photo by Gatebox

逢妻ヒカリとはLINEで友達になることで、チャットのやりとりも可能。仕事から帰るときに帰ることをチャットにかき込んでおけば、ヒカリが事前に部屋の電気をつけてくれるみたいです◎

顔認証機能もついているので、帰ってGateboxと向き合うだけでヒカリがマスターに「おかえりなさい」と言ってくれます。

さらに、Gateboxに起こして欲しい時間を設定しておけば、その時間にヒカリがマスターを優しく起こしてくれるという優れもの!

ワラウクルミ

ワラウクルミ
確かに人によっては、癒やしの声で起こされることでより朝起きるのが楽になるかもしれませんね◎

加えて2018年12月頃のアップデートでは、記念日などの設定が加わることで、特別な日をヒカリと祝うことができ、ヒカリからのメッセージも届くようになると言うことです。

photo by Gatebox

Gatebox購入後も随時アップデートを配信しているので、購入者を飽きさせない工夫も抜かりありません◎

スポンサーリンク

Gateboxの詳しい動画とまとめ

photo by Gatebox

2016年12月14日に発売したGateboxの従来モデルは、300台の限定販売で、価格は29万8,000円(税別)だったにもかかわらず、わずか1ヶ月で完売!

そして、この度、Gatebox新型機の量産モデルがなんと半額の15万円(税別)で再登場したというわけです。

リス氏

リス氏
こりゃ、一部の男性群にバカ売れだな!

ちなみに、Gateboxの本体価格とは別に、逢妻ヒカリの共同生活費として月額1,500円(税抜)がかかるようなので注意が必要です。

おそらく今後、違うキャラクターがどんどん配信されることが予想され、それぞれ違った共同生活費を支払っていくという設定になりそうですね。

個人的には、出来るだけ早く女性のための男性バージョンのGateboxも作るべきだと思いますね。フェミニストの方々から手痛い批評を受ける前にf^_^;)

それでは、実際の使用者の声も聞いてみましょう。

個人的には、出来るだけこういう物に頼りたくない方の人間ですが、ある種の人にとっては、それが例え二次元で架空の存在だとしても、こういったデバイスがあることによって、日々の生活に彩りを与えられるのは確かなようです。

もし、それによって人々の無味乾燥な現実世界が少しでも色鮮やかになるのであれば、こういった機械にも価値があるのではないかと思います。

photo by Gatebox

しかしながら、やはり現実世界からの逃避をしすぎないために、適度な利用量が求められることは確かですね。あくまでも実際的なコミュニケーションが苦手、あるいは何らかの弊害を持つ人々の練習ツールのようなものであって欲しいなと思います。

これを言っては本末転倒かもしれませんが、人は人とコミュニケーションをしてこそ「コミュニケーション」ですから。

Gateboxがいい意味で、コミュニケーションの橋渡しとなることを期待しています!

ワラウクルミのサイトが気に入ったら
いいね ! してね(´▽`)ノ

Twitter で
                              
     

    よかったらこの記事のシェアをよろしくね☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

気軽にコメントをして下さいね♫

スポンサーリンク

関連記事はこちら(*`ロ´ノ)ノ

ゴキブリ粉でパンを作ることに成功

ブラジル人女性研究者がゴキブリ粉パンを発明?低コストで高栄養価!

魔法のようなボディ・ペイントで自分を消しちゃう女性

魔法のようなボディ・ペイントで体を結んだり消したりする女性!

本を使って芸術作品を生み出す二人の読書家

インスタ映え間違いなし!本を使って芸術作品を作り出す二人の読書家

ペルーでエイリアン発見か?

3本指の手足をもつエイリアンのようなミイラがペルーで発見される!

crown heights

映画「無実の投獄」21年間、無実の罪で刑務所暮らしをした男の実話

マドンナのCDアルバムを犬と一緒に忠実に再現したフォトグラファー

マドンナのCDアルバムを愛犬と一緒に忠実に再現した写真家の男性!

チェーンソーで木工彫刻するドイツ人芸術家

チェーンソーで木から動物を作り出すドイツ人木工彫刻家の作品の造形美!

walnut

東京・井の頭公園。私のワラウクルミがまだそこにあったときに

私達に日常での誠実さというものを思い出させるイラスト写真30選

風力で動く「ストランドビースト」の制作者、テオ・ヤンセン

芸術家「テオ・ヤンセン」の風力で動く『ストランドビースト』の造形美!

眼球タトゥー

究極の自己表現『眼球タトゥー』と身体改造を追求し続ける人々

クリーン・ミートが世界を救うかも

クリーンミートが今後私たちの食生活を支えるかもしれませんよ!

神の両手のような橋脚の橋がベトナムの新名所に

雄大な景色と神の両手に支えられたような橋がベトナムの新しい観光地に!

11歳のナイジェリア人少年の絵が写真のよう

11歳のナイジェリア人少年の描く絵が、写真と見まごうほど鮮明過ぎる

スポンサーリンク