ワラウクルミ

空港職員の粋な計らいで、少女の無くしたぬいぐるみが冒険して帰ってきた!

無くしたぬいぐるみが冒険して帰ってきた

子供にとって、大切にしていたぬいぐるみを無くしてしまうことは、非常に辛い経験になりますよね(-_-;)

アメリカの空港である女の子が、空港で大好きだった犬のぬいぐるみを無くしてしまいました。しかし、空港職員がすぐに彼女のぬいぐるみを発見!

そのまま普通に配達して届けるのかと思いきや、空港警察官の手には彼女の大好きなぬいぐるみと一緒に、一冊の本が添えられていたのです。

その本の中には、ぬいぐるみの冒険がいっぱい詰まっていました。空港職員たちの粋な計らいに感動!

thumbnail photo by facebook

友達のように大切なぬいぐるみを無くした少女

オーガスト・ブリッジちゃん(August Bridge/8歳)は、茶色と黒の犬のぬいぐるみ「クッキー・ドー(Cookie Dough)」が大大大好きでした。

「オーガストは、ぬいぐるみが大好きだけど、クッキー・ドーは彼女にとってスペシャルだったの」と母親のケリーさん(Kelly)は語ります。

photo by facebook

ヴァージニア州、ノーフォーク空港から家族旅行の帰り道、オーガストちゃんは車の中でクッキー・ドーを無くしていることに気がつきました。

「帰宅中の車の中でクッキー・ドーを無くしたことにオーガストが気がついたとき、あの子は本当に落ち込んでたわ」とケリーさん。

まるで本当の友達のようにいつも一緒だったクッキー・ドーを失って、オーガストちゃんは相当なショックを受けたに違いありません。

photo by facebook

その後、ケリーさんは空港に電話をし、空港職員はクッキー・ドーをすぐに見つけたのです。そして、空港職員は、クッキー・ドーがオーガストちゃんのもとに帰るまでしっかりと世話をすることをケリーさんに約束しました。

数日間、オーガストちゃんはクッキー・ドーと離ればなれになり落ち込んでいましたが、ついに空港警察官が家を訪れてクッキー・ドーを連れて帰ってくれたのです。

さらに、空港警察官は、一冊のお手製の本をオーガストちゃんに手渡しました。その中には、クッキー・ドーの楽しい旅路が記されていたのです!

「クッキー・ドーの冒険」その1

1,ノーフォーク空港での「クッキー・ドー」の冒険!

photo by facebook

2,僕はとても楽しんでるよ!・・・・・・それでもやっぱり、君がいなくてとっても寂しい。

photo by facebook

3,空港内を散策して回るクッキー・ドー。7月4日の独立記念日を空港で楽しく過ごしたようです◎

photo by facebook

4,クッキー・ドーはどこかな?ここだよ!次の緊急事態に準備万端だよ。どうだい?

photo by facebook

5,ワォ!ここのレスキュー隊は、特に最高レベルに凄かったよ!

photo by facebook

6,僕は1日、名誉な警察官になれたんだ!

photo by facebook

7,僕は特別・・・・・・誰もここへ入って来ちゃダメだよ。ちゃんと列に並んで。

photo by facebook

8,バレた?・・・・・・また楽しんでるよ!

photo by facebook

スポンサーリンク

「クッキー・ドーの冒険」その2

9,時刻表やチェック・イン・カウンターでも遊んだぞ!

photo by facebook

10,これはしない方がいいんだろうけど、楽しい!でも、家でこれを真似しないでね!

photo by facebook

11,僕はアメリカ陸軍にも行ったよ!

photo by facebook

12,ただ飛行機の離着陸を眺めているだけ・・・・・・僕が君の所に戻るまでね。Kiss kiss kiss!君の所に戻るまでただ見て遊び回っているだけさ!Kiss kiss kiss!

photo by facebook

13,とってもお腹が空いたなぁ。でも、心配しないで!みんなは、僕にちゃんとご飯をくれたから◎

photo by facebook

14,そろそろ僕の友達にお別れを言わなくちゃ。

photo by facebook

15,私たちは、クッキー・ドーがいなくなって寂しくなるでしょう。だから、また私たちに会いに戻ってきてね。「ノーフォーク空港警察」。

photo by facebook

16,最愛のクッキー・ドーが戻ってきて満面の笑みを浮かべるオーガストちゃんと、空港警察官。オーガストちゃんは、ぬいぐるみと一緒に世界にただ1つの本「クッキー・ドーの冒険」を手に入れることができました。

photo by facebook

ちなみに「Cookie Dough」というのは、クッキーを焼く前の生地のことで、アメリカ人の子供たちもしくは大人たちも、クッキー・ドーをそのまま食べるのが大好きです!

・・・・・・私は、焼いたカリカリの方が好きですがf^_^;)やはり文化の違いですね〜。そして、アメリカのクッキーは、たいてい歯が浮くほど甘いです(=_=)日本のクッキーが懐かしい。

話が逸れましたが、こういう粋な計らいは、万国共通素晴らしいことだなと思います。

日本は、なかなか規律や規則に厳しいので、このような行いは難しいかもしれませんが、こういったことが日本でもあればいいなと思う今日この頃です。

References: boredpanda facebook

ワラウクルミのサイトが気に入ったら
いいね ! してね(´▽`)ノ

Twitter で
                              
     

    よかったらこの記事のシェアをよろしくね☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

気軽にコメントをして下さいね♫

スポンサーリンク

関連記事はこちら(*`ロ´ノ)ノ

メッシ、ロナウド、ネイマールのまとめ

2018FIFAワールドカップは「メッシ」「ロナウド」「ネイマール」に注目せよ!

父親の操縦する「洗濯かごジェットコースター」に大興奮の娘

父親の操縦する自家製「洗濯かごジェットコースター」に娘は大興奮!

本を使って芸術作品を生み出す二人の読書家

インスタ映え間違いなし!本を使って芸術作品を作り出す二人の読書家

ジェイミー君とキーラちゃん

息子のために3Dプリンターで義手を作った父親。同じ境遇の少女にも義手をプレゼント...

52歳のハル・ベリーが25歳のような若さを維持することが出来る秘訣!

痩せ細ったライオン

年老いて瘦せこけたオスライオンが孤独にこの世の最後を迎える時

レブロン・ジェイムズが学校を設立

食事も制服も無料?NBAのプロバスケ選手が故郷に驚きの学校を設立!

2時間も女性のために日陰を作った少年

炎天下でバスを待つ車椅子の女性のために2時間、傘で日よけを作った少年

数千匹のゴキブリを飼う女の子

数千匹のゴキブリをペットとして飼っている少女に驚愕!家中ゴキブリ!

梅原大吾

世界中で知られている格闘ゲーム・プロゲーマー『梅原大吾』

森の中で凍えていた子猫たちを救出したハスキー

森の中で凍えて死にそうになっていた子猫たちを介助犬ハスキーが発見!

ブレサリアン夫婦

ほとんど食べずに宇宙エネルギーだけで生きる『ブレサリアン』夫婦

生後6ヶ月なのにすでにフサフサの髪の毛を持つchancoちゃんの可愛さ!

佐川一政

白人女性を人肉嗜食し、不起訴処分になった日本人「佐川一政」

スポンサーリンク