ワラウクルミ

機械や工具を使わず「自分の体」だけを使ってスツールを作った男性!

自分の体だけを使ってスツールを作った男

我々人類は、道具を使うことによってより新しい段階へと進化し続けてきました。しかし、ある1人の若者が「道具」の有用性を今一度確かめるべく、道具を使わずに「スツール(背もたれのない1人掛けの椅子)」を作ることに挑戦したのです。

一見、あまりにも馬鹿げたような企画ですが、その行方はいかに???

thumbnail photo by Nikolas Bentel

スツール1つのために多くの道具や機械が使われている

ニューヨークに在住のアーティスト兼デザイナーのニコラス・ベンテルさん(Nikolas Bentel)(24歳)は、自身の2番目の企画として自分の体のバーツだけを道具として使用してをスツールを作ることにしました。

機械を使って作られたスツールを分解してみると、

photo by Nikolas Bentel

以下のように多くの細かな木材のパーツと、金属によって作られています。

photo by Nikolas Bentel

それらの木は、まずはチェンソーなどで切り倒され、

photo by Nikolas Bentel

トラックに乗せられて運ばれます。

photo by Nikolas Bentel

適度な大きさに裁断された木材は、

photo by Nikolas Bentel

スツールのために機械で形を整えられます。

photo by Nikolas Bentel

そうなったものは、船や

photo by Nikolas Bentel

飛行機や

photo by Nikolas Bentel

列車によって目的地に運ばれていきます。スツール一つが、手元に来るまでには多くの「文明の利器」が使われているのです。

photo by Nikolas Bentel

そのお陰で私たちは、非常に豊かな生活を送ることが出来ています。しかし、日々の生活の中でそれらの有用性を意識することなど、まずありません。

そこでニコラスさんは、道具というものが我々にとってどれほど重要なものかを改めて考えるために、自分の体だけを使ってスツールを作ってみることにしました。

photo by Nikolas Bentel

人間の力だけで木を倒すという難行

まずは材料の入手から。

森の中から人間の力で倒せそうな木を物色。いい感じの木を見つけたようです。

photo by Nikolas Bentel

まずは、手で前へ後へ押してみます。まぁ、そんなことで木は倒れませんね。

photo by Nikolas Bentel

少し離れた木によじ登って、少し上の地点から蹴ってみますが、なかなか思うようにいきません。

photo by Nikolas Bentel

そこで、倒したい側の木に背中を乗せて体重をかけてみることに。

photo by Nikolas Bentel

踏ん張って〜・・・おお!

photo by Nikolas Bentel

やりました!ニコラスさんも、この満面の笑み( ´▽`)

photo by Nikolas Bentel

スポンサーリンク

木は「非常に重く、硬い」ことが分かった

笑顔を見せたのも束の間、今度はその倒した木を製材所まで運ばなくてはなりません。

photo by Nikolas Bentel

木は予想以上に重く、雪に足を取られ思うように進めません。

photo by Nikolas Bentel

5時間かかってやっと製材所に運ぶことが出来ました。重い物を運ぶという単純作業ですが、これが一番人間のエネルギーを奪います。

photo by Nikolas Bentel

材料は手に入れたものの、今度は加工方法です。「人間の体だけ」というルールの中で、ニコラスさんがまず一番初めに思いついたのは「歯でかじること」でした。

試しに市販の木材をかじってみることに。ガリッ・・・

photo by Nikolas Bentel

木は予想以上に硬く、

photo by Nikolas Bentel

歯茎から血が出てしまう事態に・・・・・・まぁ、なんとなく予想は出来ましたがf^_^;)

photo by Nikolas Bentel

お次は「爪」。結構、木にキズが入りはしますが、すぐ爪に痛みが出始めることは明らかです(-_-;)

photo by Nikolas Bentel

ニコラスさん自身が道具となる時

素人だけの考えでは、到底スツールなど作れないので、今回は木工職人であるニコラスさんの父親のポールさんに協力してもらうことに。

最初は、息子のある意味「無謀」とも思える企画に笑みをこぼしていたポールさんでしたが、息子の真剣さにちゃんと協力することを決意。

photo by Nikolas Bentel

まずは、「体だけを使って」という制約のもとで作成可能なスツールの設計図を作りました。ネジなどを使わないシンプルな構造のものです。

photo by Nikolas Bentel

そして、木をかじり始めます。比較的柔らかい木を選んだことでかじることは可能になったものの、やはり歯への負担は相当なものです。

photo by Nikolas Bentel

ニコラスさんを道具として利用するポールさん。やはり木工職人。たとえ道具が人間になったとしても、手つきが非常に手慣れています。若干笑っているように見えるのは、気にしないでおきましょう。

photo by Nikolas Bentel

次は爪を使っていきます。ポールさんの手にかかれば、人間の爪さえ美しく使い込まれた道具のように見えてくるのは私だけでしょうか?・・・・・・たぶん、私だけですね(笑)

photo by Nikolas Bentel

2日間、同じような作業を続けて、やはりニコラスさんの歯にも相当なダメージが出てきました。歯は欠け、

photo by Nikolas Bentel

爪もぼろぼろに・・・・・・しかし、作業は続きます。

photo by Nikolas Bentel

「ニコラスものさし」を使って長さを測り、

photo by Nikolas Bentel

爪で整形していきます。

photo by Nikolas Bentel

歯でかじっては、かじりかすを吐き出し、

photo by Nikolas Bentel

爪でフォルムを整えていきます。

photo by Nikolas Bentel

スポンサーリンク

3日間の苦労の末、遂に完成!

3日間かかって遂に9つのパーツが完成!いやいやほんと、よくここまでやりましたよねf^_^;)そして、組み立てに入ります。

photo by Nikolas Bentel

ニコラスハンマーを操り、スツールの足をはめ込んでいくポールさん。いつの間にか自分の愛用している道具のような風になりましたね。

photo by Nikolas Bentel

4本の足を手際よくはめ込み、

photo by Nikolas Bentel

ひっくり返して、座面部分からも叩いてしっかり打ち込んでいきます。

photo by Nikolas Bentel

そして、完成!

座ったときのニコラスさんのこの表情を見れば、その出来映えがよく分かりますね!

photo by Nikolas Bentel

一部始終の動画はこちらです◎

一見とんでもないような企画のように思えましたが、実際に自分の身をていしてやってみることで、物事というのはより深く知ることが出来るものです。

きっとこの経験は、ニコラスさんやポールさんにとって非常に貴重なものとなったことでしょう!

しかしながら、「じゃぁ、あなたもやってみたらいい」ともし誰かに言われたとしたら、私はやりませんよ・・・・・・前もって言っておきます(笑)

ワラウクルミのサイトが気に入ったら
いいね ! してね(´▽`)ノ

Twitter で
                              
     

    よかったらこの記事のシェアをよろしくね☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

気軽にコメントをして下さいね♫

スポンサーリンク

関連記事はこちら(*`ロ´ノ)ノ

52歳のハル・ベリーが25歳のような若さを維持することが出来る秘訣!

2時間も女性のために日陰を作った少年

炎天下でバスを待つ車椅子の女性のために2時間、傘で日よけを作った少年

1週間で2回エベレスト登頂に成功した超人『キリアン・ジョルネ』

あなたが夢を諦めてしまう八つの理由

多くの人々があまりにも早く夢や目標を諦めてしまう「8つの理由」

本を使って芸術作品を生み出す二人の読書家

インスタ映え間違いなし!本を使って芸術作品を作り出す二人の読書家

レブロン・ジェイムズが学校を設立

食事も制服も無料?NBAのプロバスケ選手が故郷に驚きの学校を設立!

9000体ものバービー人形のコレクションを持つ男性

世界一「バービー人形」を集めた男性のコレクションはなんと9000体!

アメリカの山々を横断し23kg痩せた男

5ヶ月間でアメリカの山々を縦断した後、23kgも体重が減っていた男性

6歳の少年が自転車の代わりにかき氷器を買って自分でビジネスを始める?

セレブの真似をし続けるインスタ・コメディアンの爆笑写真

懸命にセレブの真似をし続けるインスタ・コメディアンの爆笑写真60選

世界最大のリス「インドオオリス」のレインボーな毛皮

世界最大のリス『インドオオリス』のレインボーな毛皮と猫並みなデカさに注目!

痩せ細ったライオン

年老いて瘦せこけたオスライオンが孤独にこの世の最後を迎える時

生後6ヶ月なのにすでにフサフサの髪の毛を持つchancoちゃんの可愛さ!

ペットのクーガー

家猫ではなく「家ピューマ」!猛獣をペットにしちゃったロシア人夫婦

スポンサーリンク