ワラウクルミ

大手銀行の副社長だった男性が「ドラゴン・レディ」となった訳とは?

大手銀行の副社長だった男性が「ドラゴン・レディ」となった訳とは?

アメリカ人のリチャード・ヘルナンデスさん(改名後はエヴァ)は、幼い頃に両親に捨てられ、そのトラウマからか「自分には人間と爬虫類の二人の母親がいる」と思い込み始めます。

大手銀行の副社長となり、また普通の父親にもなろうとした彼ですが、HIV陽性診断をきっかけに「人間として死にたくない」と考え、体中を改造。

『ドラゴン・レディ』となったリチャードさんを今日はご紹介します。

thumbnail photo by DailyMail.com

もう一人の母親は爬虫類だと思い込み始める

photo by The Wizard Of Odd TV

1961年、アメリカ・アリゾナ州フェニックスに生まれたリチャード・ヘルナンデスさん(Richard Hernandez)。しかし、彼が5歳になる頃、両親は彼を捨ててしまいます。

その後、リチャードさんは彼のおばあさんと共にテキサス州ヒューストンへ引っ越し、そこで成長していきました。

photo by The Wizard Of Odd TV

しかし、その頃から彼は、自分の母親は最初の時は『人間』で、育児放棄された後の母親は『爬虫類』だったと思い始めるのです。

どうしてそう思い始めたのかは不明ですが、生まれた場所が砂漠地帯でガラガラヘビがよくいたことなどが起因しているかもしれません。

photo by The Wizard Of Odd TV

青年期を迎える頃に、彼は自分が「男性が好き」であることを周囲に告げたのですが、彼のおばあさんも友人たちもそのことを理解してくれませんでした。

photo by DailyMail.com

ワラウクルミ

ワラウクルミ
同性を好きになってしまう人たちは病気でも何でもなく、本当に普通の人たちなんだ。ただ『心』と『体』が違うだけ。たったそれだけの違いなんだ。

その後、リチャードさんは、おばあさんと一緒に住んでいた家を飛び出します。

大手銀行の副社長となり息子もできた

大学を卒業後、彼はアメリカの大手銀行へ入社し、着々とそのキャリアを積み上げて行きました。そして、女性と結婚もし、息子も手に入れます。

photo by The Wizard Of Odd TV

彼は、男性が好きという自分を押し殺し、男として『父親』になろうとしたのです。銀行での地位も副社長にまで上りつめ、順風満帆そのものでした。

しかしその後、彼の人生を大きく変えてしまう出来事が起きてしまいます。

1997年、リチャードさんが36歳の頃。体調に違和感を覚えた彼は、病院で診察を受けたところ、『HIV陽性』との診断を受けてしまったのです。

ひどく落胆した彼は、「このまま人間として死にたくない!」と考え始め、幼い頃に思い描いていた『爬虫類』への憧れを実現することにしたのです。

「ドラゴン・レディ」への変身

photo by DailyMail.com

photo by DailyMail.com

副社長の地位にあった仕事を辞めたリチャードさんは、まずヘビの鱗のようなタトゥーを顔や体全身に入れ始め、8本の角の挿入手術、ヘビのような歯への矯正手術をします。

photo by DailyMail.com

photo by DailyMail.com

さらには、白目の部分に緑色の眼球タトゥーをし、耳を切除。そして、鼻を爬虫類のように低く、鼻孔を横向きにし、舌を2つに切り分け『スプリットタン』にしたのです。

photo by DailyMail.com

これまでにかかった変身費用は、約6万ドル(約600万円)で今後もさらに続けているつもりだそうです。

photo by DailyMail.com

そうして、リチャードさんは、自分のことを『エヴァ・ティアマット・メデューサ』と名乗り始め、周囲からは『ドラゴン・レディ』として知られるようになったのです。

photo by DailyMail.com

photo by tiamatdragonlady

ちなみに『ティアマット』は、メソポタミア神話に登場する原初の海の女竜神で、メデューサは、見るものを石に変えてしまう力を持ったギリシア神話の怪物です。

ドラゴンを含め、いずれも爬虫類の象徴的存在ですね。

photo by DailyMail.com

大手銀行の副社長だった男性が「ドラゴン・レディ」となった訳とは?photo by DailyMail.com

話が飛びましたが、ドラゴンに生まれ変わろうとしたリチャードさんを、10代となっていた彼の息子は拒絶しました。

リス氏

リス氏
残念だが、俺も息子の気持ちがよく分かるよ。なぜ病気と闘うのではなく、ドラゴンになろうとするか?
ワラウクルミ

ワラウクルミ
エヴァさんは、人間の姿のまま死にたくなかったんだ。

「ドラゴン・レディ」の動画

彼女は、FOX NEWSの取材にこう答えています。

「多くの人は、私のことが好きよ。私は笑顔で挨拶するわ」

「でも、ある日レストランに行ったとき、お年寄りの女性が私を見てびっくりしたのか椅子から転げ落ちてたわ」

photo by The Wizard Of Odd TV

「一番印象に残っているのは、バスに乗ったときある女性が私を見て『Oh my god! What is that!! What is that!!!』と叫んだことよ」

それでも、エヴァさんは近所の子供たちを家に招いて、綿菓子を作ってあげたりしています。子供やその母親たちは、彼女のことを怖れていません。

エヴァさんは、今もHIVと戦いながら、人々はもっとお互いを認め合う必要があると語ります。そして、最後に彼女はこうコメントしてます。

「私は今、これまでの人生の中で一番幸せです」

人の幸せとは一体どこにあるのか?とても考えさせられました。

Reference : DailyMail.com

ワラウクルミの記事が気に入ったら
いいね!してね☆↓最新記事が届くよ◎

Twitter で
                              

    この記事のいいね!やシェアはこちら☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED ARTICLE

犯罪の臭いMAXな奇妙な家と怪しい2人の男を警察官が問い詰める

犯罪の臭いMAXな奇妙な家と怪しい2人の男を警察官が問い詰める

米朝首脳会談

なんとなく会ってなんとなく握手した米朝首脳会談のわかりやすいまとめ

世界中が驚くスーパーキッズ『今井竜惺』くんはまさにブルース・リーそのもの!

世界中が驚くスーパーキッズ『今井竜惺』くんはまさにブルース・リーそのもの!

11台のスマホを自転車に搭載してポケモンGOをする台湾のおじいさん

11台のスマホを自転車に搭載しポケモンGOをする70歳の台湾人おじいさん!

23億再生回数を突破した子供向けダンス動画『ベイビー・シャーク』

23億再生回数を突破した子供向けダンス動画『ベイビー・シャーク』

90歳のアマチュア写真家『西本喜美子さん』

90歳のアマチュア写真家『西本喜美子さん』の自撮りがお茶目すぎる!

頼んだUBER(ウーバー)がランボルギーニだった時の人々の反応が最高にオモロイ!

頼んだUBER(ウーバー)がランボルギーニだった時の人々の反応が最高にオモロイ!

【実体験】『紀伊國屋USA』の神対応に心の底から感激!

【実体験】『紀伊國屋USA』の神対応に心の底から感激!

デンマークに住む三つ子を抱える女性のお腹が見事に膨れあがって神々しい

デンマークに住む三つ子を抱える女性のお腹が見事に膨れあがって神々しいぞ!

なぜ人は引きこもりになる?自立を助けるレンタルお姉さんの有用性

なぜ人は引きこもりになる?自立を助けるレンタルお姉さんの有用性

原始的な道具と材料だけでプールを造ってしまうカンボジア人ユーチューバー!

原始的な道具と材料だけでプールを造ってしまうカンボジア人ユーチューバー!

子供時代をゴミ屋敷で暮らすことはどういうことかを教えてくれる写真たち

子供時代をゴミ屋敷で育った写真家が制作した写真が教えてくれること

登美丘高校ダンス部が踊るT.M.Revolutionの『HOT LIMIT』がまたもやキレッキレ!

登美丘高校ダンス部が踊るT.M.Revolutionの『HOT LIMIT』がま...

イケメンマッチョ!『オーストラリア消防士カレンダー2019』がLOFTで絶賛販売...