ワラウクルミ

90歳のアマチュア写真家『西本喜美子さん』の自撮りがお茶目すぎる!

90歳のアマチュア写真家『西本喜美子さん』

御年90歳になる西本喜美子さんは、現役のアマチュア写真家です!

72歳から写真撮影について学び始めた喜美子さんは、その後、Macの操作も勉強し、Photoshopなどの画像加工さえも自在に操るように!

著者よりも、Macやカメラに詳しい喜美子さんをご紹介します◎

thumbnail photo by kimiko_nishimoto

ブラジル生まれで、昔は競輪選手だった

photo by kimiko_nishimoto

1928年生まれの西本喜美子さんは、彼女の父親の仕事の関係で、7人兄弟の次女としてブラジルで生まれました。そして、小学校2年生の時に熊本県に帰国。

photo by kimiko_nishimoto

18歳の頃に友人と一緒に美容学校に通い、卒業してからは住んでいた屋敷の一角で美容室をオープンしました。しかし、ずっと室内にこもっている仕事は彼女の肌に合わなかったようで、22歳の頃に美容室を閉め、転職を決意。

photo by kimiko_nishimoto

その転職先というのは、なんと弟2人と同じ競輪業界で、女子競輪選手としてデビューしたのです!

photo by kimiko_nishimoto

「全国を旅する弟2人の姿に憧れを抱いてたからね〜」

と語る喜美子さん。その後3年間、競輪選手として活躍します!

photo by kimiko_nishimoto

ワラウクルミ

ワラウクルミ
そんな簡単に競輪選手になれるもんじゃないよね〜。
リス氏

リス氏
きっとアスリートのDNAが流れているんだろうなぁ。

photo by kimiko_nishimoto

そして、27歳で結婚した喜美子さんは、その後は特にこれといった趣味もなく、専業主婦として3人の子供を育て上げました。

写真塾に入会したことがきっかけ

photo by kimiko_nishimoto

喜美子さんに転機が訪れたのは、彼女が72歳の頃。

アート・ディレクターとして活躍していた息子の和民(かずたみ)さんがやっていた写真塾「遊美塾」に入会したことで、写真への興味が爆発したのです!

photo by kimiko_nishimoto

喜美子さんは、夫にそのことを告げると、「何だと?」と怒鳴られたようです。しかし、しばらくして彼女の夫は、自分が持っていたNikonのF100を「これを使え」と言いながら彼女に渡したのです。

photo by kimiko_nishimoto

しかし、そのカメラは非常に重かったようで、それに気づいた喜美子さんの夫は、少し軽いNikonのF80、加えて三脚、マクロレンズ、露出計など一式を買ってくれたそうですよ!

photo by kimiko_nishimoto

リス氏

リス氏
泣ける話じゃないか、おい(T_T)
ワラウクルミ

ワラウクルミ
リス氏さんって、ほんと涙もろいよね〜。

Macを自在に操る喜美子さん

photo by kimiko_nishimoto

それから喜美子さんは、セルフポートレート写真を撮り始め、撮った写真を画像加工して面白い写真を作り始めたのです。

photo by kimiko_nishimoto

さらに喜美子さんが74歳の時には、遊美塾で新たに始まったMACの講座も受講し、Photoshopなどの画像加工やホームページを自作するまでに上達したのです。

photo by kimiko_nishimoto

「カメラの位置と自分のおる位置に印をつけといても、何度もずれたり外れたりするからフレームインするのが大変でした。何度も撮り直しましたね。主人は私のすることに何も言いませんでした」

photo by kimiko_nishimoto

さらに喜美子さんは、熊本県の美術展で4年連続で賞を受賞したことがあるのです。彼女の作品を購入したいという人もいるようですが、彼女は「売るような写真じゃないです」と希望者には無料で写真をプレゼントしています。

photo by kimiko_nishimoto

そして、アウトサイダー・キュレーターとして活躍する櫛野展正さんが、彼女の写真についてTwitterで呟いたところ、大反響となり、喜美子さんは一躍有名になったのです。

photo by kimiko_nishimoto

しかし、80代中頃から腰を悪くして、遊美塾に通えなくなった喜美子さんは、自宅にミニスタジオセットを作って、家の中でも写真撮影を楽しめるようしました。

photo by kimiko_nishimoto

ある日、息子の和民さんが「カビってアートなんですよ」と喜美子さんに説明すると、それ以降は、カビばかり撮っていたそうですf^_^;)

涙するほど失いたくないものがあること

photo by kimiko_nishimoto

数年前にデジカメの便利さを知ってからは、NikonのD300やD5000などの高性能デジタルカメラを操って写真を撮り続けています。

photo by kimiko_nishimoto

彼女の好奇心は衰えることを知りません!

photo by kimiko_nishimoto

ご主人をガンで失った喜美子さんは、現在、熊本県熊本市にあるエレベーター付きの一戸建て住宅で、感情認識ヒューマノイドロボット「Pepper」と暮らしています。

photo by kimiko_nishimoto

以前出演したローカルテレビ番組のインタビューで、「もし写真が撮れなくなったらどうしよう」と涙ながらにカメラへの愛情を語った、喜美子さん。

photo by kimiko_nishimoto

あなたには、そのように失うことを怖れて涙するものがありますか?

彼女のひたむきな情熱から学べることが、きっと私たちにもあるはずですね。

↓この記事のいいね!やシェアはこちら☆↓
                              
 

RELATED ARTICLE

『ムーディ勝山』のインスタがシュール過ぎてヤバいと話題になってるぞ!

『ムーディ勝山』のインスタがシュール過ぎてヤバいと話題になってるぞ!

ライオンと抱き合えるくらいマジで友達なケビン・リチャードソンとは?

ライオンと抱き合えるくらいマジで友達なケビン・リチャードソンとは?

剣や槍を華麗にさばく元武術太極拳選手の女優『山本千尋』とは

剣や槍を華麗にさばく元武術太極拳選手の女優『山本千尋』とはいったい?

Appleの創業者「スティーブ・ジョブズ」のわかりやすいまとめ

空手男子型「喜友名 諒」選手のあまりの演舞の美しさに言葉を失うレベル

空手男子型「喜友名諒」選手のあまりの演舞の美しさに言葉を失うレベル

Microsoftの生みの親「ビル・ゲイツ」のわかりやすいまとめ

マーク・ザッカーバーグ

Facebookの創業者「マーク・ザッカーバーグ」のわかりやすいまとめ

アイデンティティ田島のTwitter動画がドラゴンボール過ぎて最高に笑える件!

アイデンティティ田島のTwitter動画がドラゴンボール過ぎて最高に笑える件!

閉じ込め症候群となったマーティン・ピストリウス

13年間体も声もなく意識だけの存在となったマーティン・ピストリウスの奇跡

平井堅に激似な『小岩ケン』のものまね動画があまりにも平井堅過ぎるわ!

平井堅に激似な『小岩ケン』のものまね動画があまりにも平井堅過ぎるわ!