ワラウクルミ

牛乳を温めた時に出来る膜って何?『ラムスデン現象』と言うらしいぞ!

寒い季節、身体を温めるためにホットミルクを作る人も多いでしょう。

しかし、電子レンジなどで牛乳を温めるとブヨブヨの『膜』が必ず出来きますよね〜。気にせずそのまま飲んでしまい、上唇にくっついて「熱ーーーーっ!」となった方はかなりいるのでは?

というわけで、今回は「いったいこの膜は何なんだ?」という話をしていきましょう( ̄^ ̄)ゞ

『ラムスデン現象』から出来る牛乳の膜

photo by Delicious Conquests

この膜の正式名称はないようですが、この膜が出来る過程は『ラムスデン現象』と呼ばれています。

牛乳を40℃以上に温めると、表面に薄い膜ができます。これは、牛乳成分中のタンパク質(β-ラクトグロブリン)脂肪乳糖が表面近くの水分の蒸発により熱変性することによって起こります。

この膜は、加熱する時間と温度に比例して厚くなります。

豆乳から作られる『湯葉』もこれと同じ原理です◎

最初にできる膜は、70%以上も脂肪が含まれ、たんぱく質は20~25%でラクトグロブリンが主体です。後になるほど脂肪が少なくたんぱく質の多いものになります。

できた膜を取り除くと、また新しい膜ができますが、数回繰り返しているうちに、できにくくなります。

実は栄養価は非常に高い

photo by callstevens.com

ホットミルクを作った際、「また膜が出来てやがる。邪魔だな」と思って捨ててしまいがちですが、この膜、非常に栄養が豊富です!

決して美味しいものではありませんが、何らかの運動や筋力トレーニングをしている人はすすんで食べることをオススメします!

・・・・・・

ただ最初にも言いましたように、カップからそのままミルクごと膜を飲もうとすると必ず上唇にくっついてやけどしそうになるので、必ず膜だけを指でつまんで食べましょう(笑)

あと、もし膜をあまりつくりたくない人は、鍋で牛乳をかきまわしながら温めると出来にくいですよ◎

ワラウクルミ

ワラウクルミ
それにしても『ラムスデン現象』ってちょっとカッコイイ呼び名だよね〜!
リス氏

リス氏
確かに、なんか中世の騎士みたいな名前だよな〜。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新記事が届くよ◎

Twitterで
↓この記事のいいね!やシェアはこちら☆↓
                              

RELATED ARTICLE

巨大ゴキブリホイホイの上を人間は走り抜けることができるのか?

巨大ゴキブリホイホイの上を人間は走り抜けることができるのか?

人食いバクテリア感染症によって手足が腐ったものの生還した男性

ゴキブリ粉でパンを作ることに成功

ブラジル人女性研究者がゴキブリ粉パンを発明?低コストで高栄養価!

ペルーでエイリアン発見か?

3本指の手足をもつエイリアンのようなミイラがペルーで発見される!

仏像の中にミイラが

仏像をCTスキャンしてみたら、1100年前に死亡した高僧のミイラが発見される

風力で動く「ストランドビースト」の制作者、テオ・ヤンセン

芸術家「テオ・ヤンセン」の風力で動く『ストランドビースト』の造形美!

カブトガニの青い血液

カブトガニの青い血が私たちの命を支えている一方で生態系への懸念も

プラスチックを分解するバクテリアが発見され研究が急ピッチで進む

プラスチックを分解するバクテリアが発見され研究が急ピッチで進む!救世主となるか?

物理エンジンを使って色々な検証をする『チャンネル人工知能』が面白すぎる!

物理エンジンを使って色々な検証をする『物理エンジンくん』が面白すぎる!

クリーン・ミートが世界を救うかも

クリーンミートが今後私たちの食生活を支えるかもしれませんよ!