ワラウクルミ

ベートーベン交響曲第九番のフラッシュモブ日本版の映像にトリハダ注意だ!

ベートーベン交響曲第九番のフラッシュモブ日本版の映像にトリハダ注意だ!

「フラッシュモブ」とは、インターネット上や口コミで呼びかけた不特定多数の人々が申し合わせ、雑踏の中の歩行者を装って通りすがり、公共の場に集まり前触れなく突如としてダンスや演奏などを行ったのち、終了後は静かに解散するパフォーマンスだ!

そして、『ベートーベン交響曲第九番』と言えば誰もが合唱で聞いたことがあるだろう。

それを日本でフラッシュモブしている映像を発見!マジ、トリハダ注意です※

ベートーベン第九が初演された徳島県

実は徳島県は、ベートーベン交響曲第九が初めて演奏された地とされています。

ここで、ちょっと歴史の話をしましょう。

 

1914年(大正3年)、第一次世界大戦に参戦した日本は、ドイツの租借地であった中国・青島を攻撃し、約4,700人のドイツ兵を捕虜とし、そのうち約1,000人を当時の徳島県板野郡板東町の『板東俘虜収容所』に送りました。

この収容所を管理していた徳島県の人々は、ドイツ人捕虜たちの人権を尊重して、できるかぎり彼らに自主的な運営をみとめたため、自由で快適な収容所生活を楽しむことができたそうです。

所内ではスポーツや音楽、演劇など様々な活動が行なわれ、地域との交流も盛んでした。

photo by 鳴門ドイツ館

地域の人々は、ドイツ人捕虜たちの進んだ技術や文化を取り入れようと牧畜・西洋野菜栽培・製菓・スポーツ・建築・音楽などの指導を受けました。

町の人々は、捕虜たちを親しみを込めて「ドイツさん」と呼び、彼らとの間で日常的な交歓風景があたりまえのように見られるようになったそうです。

そして1918年6月1日、ベートーヴェンがシラーの詩で「人間愛」を描いた「第九」交響曲が、ドイツ兵捕虜により全曲演奏され、これが日本における第九の初演とされています。

その初演の背景には、収容所所長をはじめ、職員のドイツ人捕虜に対する人道的な処遇や、捕虜と地元民との国境を越えた心温まる交流など、まさに「第九」が持つ人間愛の精神を体現したのです。

リス氏

リス氏
収容所と聞けば、第二次世界大戦でドイツが行ったユダヤ人たちなどに対してのひどい仕打ちを思い浮かべるが、日本人はもっとまっとうに人権というものを尊重したようだ。たとえ異国民で敵国兵だとしても。
ワラウクルミ

ワラウクルミ
まさに「人間愛」だね!

日本版ベートーベン第九フラッシュモブ

2018年は、徳島県で行われたベートーベン第九のちょうど100周年にあたり、そのPRイベントとして、2016年9月13日、東京都渋谷区の表参道ヒルズでそのフラッシュモブが行われました。

買い物客でごった返す中、1人のコントラバス奏者の演奏からそのパフォーマンスは始まります!

ホント、トリハダ注意です( ̄^ ̄)ゞ↓

リス氏

リス氏
歌の言葉はもちろんわからんが、それでもガンガンくる何かがあるよな。

ワラウクルミ

ワラウクルミ
やっぱり音楽って、合唱って最高だよね!
↓この記事のいいね!やシェアはこちら☆↓
                              
 

RELATED ARTICLE

愛知県警察音楽隊によるフラッシュ・モブ「Sing Sing Sing」!イケてるぅ

趣味で描いていた武装犬たちのイラストがフィギアやカードになって販売開始だと!?

ジャターユ

ヒンドゥー教の聖典に登場する世界最大の鳥の王の彫刻がすごい!

世界中の孤立した部族たちの写真が教えてくれる私たち人類のルーツや多様な文化

世界中の孤立した部族たちの写真が教えてくれる私たち人類のルーツや多様な文化

浜辺に流れ着いたゴミを使って作られたドレス

浜辺に流れ着いたゴミを使って作られたドレスが私たちに教えてくれることとは?

タイの異色な純白寺院「ワット・ロンクン」の美しさと地獄絵図の彫像群

タイの異色な純白寺院「ワット・ロンクン」の美しさと地獄絵図の彫像群

短編小説自動販売機

短編小説がレシート式で出てくる自動販売機がフランスの都市のいたる所で!

2018年に活躍した豪華アーティストたちが車内で熱唱共演

2018年に活躍した豪華アーティストたちが車内で熱唱共演!

明治時代に刊行された日本画の波の図案集『波紋集』がウェブで無料公開中だと!?

明治時代に刊行された日本画の波の図案集『波紋集』がウェブで無料公開中だと!?

ギリシャのリゾート内にあるレストランの天井が波のように揺れ動いて安らぐ〜

ギリシャのリゾート内にあるレストランの天井が波のように揺れ動いて安らぐ〜