ワラウクルミ

ハリケーンで行き場を失った動物をスクールバスで救助してまわった男性を尊敬したい

ハリケーンで行き場を失った動物をスクールバスで救助してまわった男性

日本では、毎年「台風」が数多くの甚大な被害を及ぼしていますが、アメリカでは「ハリケーン」が脅威となっています。

街は湖となり、多くの人々はハリケーンが来る前に避難します。しかし、動物たちはハリケーンが来ることなんて知りもしません。

そんな街に取り残され行き場を失った動物たちを、スクールバスに乗せて保護してまわった男性がいるのです!

スクールバスで動物を救助してまわった男性

photo by Tony’s Emergency Animal Rescue and Shelter

2018年9月中旬、アメリカ東部を襲った大型ハリケーン「フローレンス」。普段は来ない進路でアメリカ大陸に上陸し、ノースカロライナ州やサウスカロライナ州を直撃。

多くの人々は、ハリケーンが来る前から避難をしていたのですが、保護施設や病院に残された動物たちは置き去りのままでした。

photo by Tony’s Emergency Animal Rescue and Shelter

そんな中、テネシー州グリーンビルに住むトニー・アルサップさん(Tony Alsupさん / 51歳)は、自身の所有するスクールバスに乗り、動物たちを救助するためにサウスカロライナ州へ駆けます。

photo by Tony’s Emergency Animal Rescue and Shelter

トニーさんは、「Tony’s Emergency Animal Rescue and Shelter」というFacebookアカウントを立ち上げ、取り残された動物たちがいないか情報を収集しつづけました。

photo by Tony’s Emergency Animal Rescue and Shelter

そして、彼は、ハリケーンが来ているにもかかわらず、サウスカロライナ州内の4つの街をまわり、合計で53匹の犬と12匹の猫をスクールバスに乗せて救助したのです!

photo by Tony’s Emergency Animal Rescue and Shelter

リス氏

リス氏
自分の身の危険を顧みず、動物たちのために懸命な救助活動をするなんて、人間の鑑みたいな人だな。
ワラウクルミ

ワラウクルミ
動物たちを愛してるんだろうな。普通はこんなことできないよ。

photo by Tony’s Emergency Animal Rescue and Shelter

その後、トニーさんは、助け出された犬や猫たちを、遠く離れたアラバマ州の動物保護シェルターまで運びました。これらの動物たちは、いずれアメリカ中のシェルターに運ばれ、新しい飼い主が見つかるまで施設に預けられるそうです◎

スポンサーリンク

ノアの箱舟となったスクールバス!

photo by Tony’s Emergency Animal Rescue and Shelter

トニーさんの行動は、アメリカの有力紙である「CBS」や「ワシントンポスト」でも取り上げられており、彼のスクールバスを、聖書に登場する『ノアの箱舟』に例えています!

photo by Tony’s Emergency Animal Rescue and Shelter

ワラウクルミ

ワラウクルミ
世界を天災が襲う前に、動物たちを救い出した『ノアの箱舟』。まさにトニーさんがとった行動だ!

photo by Tony’s Emergency Animal Rescue and Shelter

加えてネット上では、彼の行動に対し、

「あなたのとった行動は本当に素晴らしい!」

「まさにあなたはヒーローだわ」

「僕はあなたが助けた犬のどれかを引き取るよ!」

と言った多くの温かいコメントが寄せられたのです◎

トニーさんは、これまでにもハリケーン「マリア」がプエルトリコを襲ったときも動物たちを助けるために現地に駆けつけています。

photo by Tony’s Emergency Animal Rescue and Shelter

さらに、昨年、フロリダ州とテキサス州をハリケーンが襲ったときには、この古いスクールバスを購入し、同じように動物たちを救助してまわったそうです。

photo by Tony’s Emergency Animal Rescue and Shelter

今回の大型ハリケーン「フローレンス」は、アメリカ東部各地に甚大な被害を及ぼし、9月18日までに32人の死亡が確認されています。もちろんこの中に動物たちの数は入っていません。

当然のことながら、人間の命は大切ですが、トニーさんのような行動があることで、私たちは動物たちへの愛情をより強く持つことができるように思います。

Reference : CBS | The Washington Post

ワラウクルミの記事が気に入ったら
いいね!してね☆↓最新記事が届くよ◎

Twitter で
                              

    この記事のいいね!やシェアはこちら☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

気軽にコメントしてね♫(名前やメアドは別に記入しなくてもOK)

関連記事はこちら(*`ロ´ノ)ノ

漁師が氷山から北極ギツネを救出

漂う氷山の上に取り残されていた北極ギツネを救出した漁師たち!

世界最大のリス「インドオオリス」のレインボーな毛皮

世界最大のリス『インドオオリス』のレインボーな毛皮と猫並みなデカさに注目!

マドンナのCDアルバムを犬と一緒に忠実に再現したフォトグラファー

マドンナのCDアルバムを愛犬と一緒に忠実に再現した写真家の男性!

ゴキブリだらけのゴミ屋敷を家ごと燃やす消防士たち

家中ゴキブリだらけのゴミ屋敷をそのまま家ごと燃やしちゃう消防士たち

小さなショウガラゴをあやすオスゴリラの手つきが優しさで満ちあふれているぞ!

小さなショウガラゴをあやすオスゴリラの手つきが優しさで満ちあふれているぞ!

赤ちゃんウォンバットを救出

死んだ母親ウォンバットのお腹の中から赤ちゃんを救出し、ブラの中で育児

小児がん患者のために3年間髪を伸ばして寄付をした小2男児の石田丞くん

小児がん患者のために3年間髪を伸ばして寄付をした小2男児の石田丞くん

ウクライナの2匹の犬

怪我をして線路上で動けなくなったメス犬を2日間守り続けたオス犬の愛

まるで人間のように見えるシープー犬「ヨギ」と人間犬の写真動画集16選

大きすぎたことで捨てられたポメラニアン犬がまるでパディントンのよう!

2時間も女性のために日陰を作った少年

炎天下でバスを待つ車椅子の女性のために2時間、傘で日よけを作った少年

趣味で描いていた武装犬たちのイラストがフィギアやカードになって販売開始だと!?

鬱病と闘うポーランド人イラストレーターの絵が神秘的なダーク感に包まれている

毛がポケモンのモンジャラの様にされてしまった猫のビフォーアフター

毛がポケモンのモンジャラの様にされてしまった猫のビフォーアフター!

スポンサーリンク