ワラウクルミ

スーツを着てサーフボードとオールで川を渡り、仕事先へ向かった男が無謀すぎ!

SUPで川を渡って仕事先へ向かった男

アメリカ・ニューヨークにまたがるハドソン川で、この度奇妙な光景が目撃されました。

6月下旬の朝の通勤時間帯のこと、スーツを着た1人の男性がサップ(SUP/Stand up paddle surfing/サーフボードの上に立ってオールを漕いで進むスポーツ)で川を渡っていたのです!

その様子をフェリーから見ていた人たちは、開いた口がふさがらない状態に(-_-;)いったい彼はなぜそのような格好で川を渡らなければならなかったのでしょうか?

thumbnail photo by Instagram

節約のためサップでハドソン川を渡ることを決意

サップ(SUP)で川を渡っていたのは、ニューヨーク州ジャージー・シティ在住のスコット・ホルトさん(Scott Holt/32歳)でした。

スコットさんは、まだまだ駆け出しのコメディアンで、その日はマンハッタンで仕事の大事なミーティングがあったのです。

photo by Instagram

大事なミーティングなのでちゃんと公共交通機関を使って行ければいいのですが、金欠のスコットさんは少しでもお金を節約かったのです。

そこで思いついたのが「サップ(SUP)」でした。これを漕いでいけば、数ドル分のお金が浮く!

そして、上から下までしっかりビジネススーツを着こみ、スーツケースを方にかけ、愛用のサーフボードとオールを担いでハドソン川へと向かいます!

photo by Instagram

しかし、その日はあいにくの天気。風や波もあり、完璧なSUP日和とは言えませんでした。

それでも、スコットさんはここまで来て諦めるわけにはいきませんでした。ミーティングの時間は、刻々と迫っています。

救命胴衣やロープを持たないまま出発

photo by Instagram

しかしながら、ボードを漕ぎ始めた彼は、あることに気がつきました。

「あっ・・・・・・救命胴衣と、ボードと体を繋ぐロープを持ってくるのを忘れた・・・・・・」

超絶なお間抜けさをこの土壇場で発揮してしまったスコットさんは、さらに目的地の方向すら定かではありませんでしたf^_^;)

photo by Instagram

とにかく高層ビルが建ち並ぶマンハッタン方向へと進むことを決めた彼は、ひたすらオールを動かしつづけました。

しかし、マンハッタンに近づくにつれ波がどんどん荒くなり、スコットさんは出来るだけ早く着岸出来るところを探しました。

photo by Instagram

2〜3回は川に落ちかけた(笑)

ハドソン川を渡るフェリーに乗っていた人たちは、ビジネススーツを着た男性がSUPをしているのを見て、その奇妙な光景に思わず動画撮影をしています。それがこちら!↓

スコットさんは、その後のインタビューで、

「大きな波が何度か襲ってきて、2〜3回は川に落ちかけました」と話しています。

いや、ほんと、川に落ちなくて良かったですね〜、スコットさん。だって、川に落ちたら、せっかくのスーツが台無しになっちゃいますから(-_-;)確実にスーツのクリーニング代の方が、交通費より高いはず!

その後、スコットさんは水上タクシーの船着場に降り立つことが出来ました。お疲れ様です(笑)

しかしながら、船着場にいた水上タクシーのスタッフの人たちからは「おいおい、あんた死ぬ気かい?」と心配されたり、遠くからスコットさんの様子を見ていた警察官が船着場で彼を待ち構えていて、色々職務質問をされたそうです。

・・・・・・そりゃそうでしょうねf^_^;)

SUP通勤は成功したが、仕事は不採用

photo by Instagram

そんな様々な難関を乗り越え、スコットさんは遂にマンハッタンの目的地に到着。かかった時間は、たったの30分でした!素晴らしい☆

予定していたミーティングの時間にもちゃんと間に合いました。しかし、話し合いは合意に至らず、スコットさんは不採用となってしまいました。あんなに頑張ってオールを漕いだのに(T_T)

「私は、一流のコメディアンになるために日頃は、市場のマネジャーをしています。でも、そのミーティングは今日の通勤のように上手くはいきませんでした。私のマネージャー生活はまだまだ続きそうです」

いささか無謀の所はあるものの、彼のガッツは本物です!きっといつか、彼の望む未来が訪れることでしょう。その日まで、風や波に負けないでね、スコットさん!!

ちなみに、また機会があればSUPで通勤したいとスコットさんは語っているので、ニューヨークにお住まいの方は、是非、ハドソン川をSUPで渡るスコットさんに注目していて下さいね!

ワラウクルミの記事が気に入ったら
いいね!してね☆↓最新記事が届くよ◎

Twitter で
                              

    この記事のいいね!やシェアはこちら☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED ARTICLE

アメリカの山々を横断し23kg痩せた男

5ヶ月間でアメリカの山々を縦断した後、23kgも体重が減っていた男性

無くしたぬいぐるみが冒険して帰ってきた

空港職員の粋な計らいで、少女の無くしたぬいぐるみが冒険して帰ってきた!

液体注入で男性器を太くする施術がイギリスで人気に!高価で短期間なのに?

液体注入で男性器を太くする施術がイギリスで人気に!高価で短期間なのに?

15歳のスウェーデン人少女、気候変動に抗議で2週間も座り込みを続ける

15歳のスウェーデン人少女、気候変動に抗議で2週間も座り込みを続ける

ランニングマシンで走っていたおじさん、突っ込んできた車にはねられるも助かる

行き場を失い始めている日本のプラスチックゴミとリサイクル問題

行き場を失い始めている日本のプラスチックゴミとリサイクル問題について

2018年に活躍した豪華アーティストたちが車内で熱唱共演

2018年に活躍した豪華アーティストたちが車内で熱唱共演!

-34度の中、全身氷漬けでサーフィンをする米男性現る!

-34度の中、全身氷漬けでサーフィンをする米男性現る!

超おデブになってしまったシベリアトラ

これじゃあただの大デブ猫。獰猛なシベリアトラの面影はいずこへ?(中国)

生後6ヶ月なのにすでにフサフサの髪の毛を持つchancoちゃんの可愛さ!

ガンで右眼を失った少女。モンスターと呼ばれながらも生き抜く姿に感動

ガンで右眼を失った少女。モンスターと呼ばれながらも生き抜く姿に感動

佐川一政

白人女性を人肉嗜食し、不起訴処分になった日本人「佐川一政」

嵐で発生した波が店のガラスを突き破って店内になだれ込む映像に恐怖!

嵐で発生した波が店のガラスを突き破って店内になだれ込む映像に恐怖!イタリア

警察も一緒に自撮りしたくなる本物みたいなカナダのバットマン

警察も一緒に自撮りしたくなる本物みたいなカナダのバットマンが大人気!