ワラウクルミ

愛犬の守るためにカンガルーに強烈なパンチを食らわせた男、現る

愛犬の守るためにカンガルーに強烈なパンチを食らわせた男、現る

オーストラリアのシンボル的動物である『カンガルー』。もしかするといくらかの人々はカンガルーが「可愛い」という考え方を持っているかもしれないが、こやつ・・・・・・意外と凶暴なのだf^_^;)

そんなカンガルーに愛犬が捕らえられ、それを助けるためにカンガルーに強烈なパンチをお見舞いした男性。

果たして彼の行動は正しかったのか、議論が分かれている。

カンガルーにパンチを食らわせた豪人男性

オーストラリア・ニューサウスウェールズ州ダボ近くにある『タロンガ・ウェスタン・プレイン動物園(Taronga Western Plains Zoo)』で象の管理・飼育員をしていたグレイグ・トンキンズ(Greig Tonkins)。

グレイグは、自分の愛犬がカンガルーに捕らえられているのを見て、側に駆け寄り、カンガルーと立ち向かいます。

カンガルー、グレッグともにしっかりとしたファイティングポーズを構え、体を揺らし、ステップを刻んでパンチを放つためのリズムを刻みます。

その様子はまるでボクシングの試合さながら。

そしてパンチ一閃!グレッグの放った右フックが、見事にカンガルーの左頬を捕らえたのだ!その一部始終が、こちらのビデオに収められている( ̄^ ̄)ゞ↓

リス氏

リス氏
おぉ。パンチを打たれたあと、カンガルーがのけぞってたぞ!
ワラウクルミ

ワラウクルミ
確かに面白いように見えるけど、動物好きの人からするとそうじゃないだよ。

動物を愛護する気持ちは分かるけど・・・

上の映像では、カンガルーに見事なパンチを食らわせた彼を称賛するような感じになっていたが、アメリカのニュース番組『INSIDE EDITION』では違う見解だった。↓

オーストラリアのニュースチャンネル『Channel 7 News』のリポーターであるエマ・ダリモア(Emma Dallimore)は、このようにコメントしていた。

「カンガルーはオーストラリアの象徴的な動物です。動物愛護団体の人々はこのことに対してまったく歓迎しておりません。動物園は彼を解雇するべきですが、彼に対して警告すらしていません。」

しかし、実はこの映像撮影時には、グレッグの友人で何かの病気の末期症状だったケイラム・バーラウィック(19歳)が同行していた。

ケイラムがグレッグに「ハンティングへ一緒に行きたい」と頼んでいたのだ。

そして、ケイラムはこのハンティング後まもなく19歳という若さで亡くなってしまっている。

photo by INSIDE EDITION

もちろんそれがカンガルーを殴ったことに対しての正当性と繋がる訳ではないが、「二人で一緒にハンティングするのは最後になるかもしれない」ことを鑑みれば情状酌量の余地は十分ある気がする。。。

それにグレッグは、自分の愛犬を守るためにやったことだったし、殴られたカンガルーの方も何事もなかったかのようにその場を立ち去っていった。

動物愛護団体の気持ちも十分に分かるが、これはその範疇には入らないように私は思う。

みなさんは、この映像とストーリーを見てどう思っただろうか?

↓この記事のいいね!やシェアはこちら☆↓
                              

RELATED ARTICLE

猫じゃらしとセルフ遊びをするうちに釣り名人となった猫!獲ったどー

猫じゃらしとセルフ遊びをするうちに釣り名人となった猫!獲ったどー

ペットのクーガー

家猫ではなく「家ピューマ」!猛獣をペットにしちゃったロシア人夫婦

ミミズは雄雌の区別はあるの?どうやって子孫を増やしているの?

ミミズは雄雌の区別はあるの?どうやって子孫を増やしているの?

【よっこいしょ!】グリズリー観察に来ていた男の隣に熊が座り込む映像

【よっこいしょ!】グリズリー観察に来ていた男の隣に熊が座り込むだと!?

大きすぎたことで捨てられたポメラニアン犬がまるでパディントンのよう!

疥癬に犯され骨と皮だけになった子犬が生まれ変わったように元気になったよ!

疥癬に犯され餓死寸前だった子犬が生まれ変わったように元気になったよ!

母犬と子猫

我が子をすべて死産で失った母犬と孤児となった子猫の運命的な出会い

食品用ラップの透明の壁に果敢に立ち向かう猫の姿が可愛すぎた♡

食品用ラップの透明の壁に果敢に立ち向かう猫の姿が可愛すぎた♡

お大事に!蜂を食べてしまった犬の中年太り感が半端ない

お大事に!蜂を食べてしまった犬の中年太り感が半端ない(=_=)

ペットである犬とその飼い主はよく似る

ペットである犬とその飼い主はよく似る。その証明となる写真がこれだ!