ワラウクルミ

フレディ・マーキュリーの歌声そのままなカナダ人シンガー!そっくり過ぎてトリハダ注意

フレディ・マーキュリーの歌声そのままなカナダ人シンガー!そっくり過ぎてトリハダ注意

イギリスのロックバンド『クイーン』のボーカルだったフレディ・マーキュリーの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』が、今、世界各国で大ヒットを記録。

そんな中、フレディ・マーキュリーそっくりの歌声を持つマーク・マーテルさんというカナダ人シンガーの歌声が話題となっています!

しかも、彼の歌声は、実際に映画の一部に起用されているというから驚きです(°□°;)とにかく聴いてみて欲しい。マジそっくりすぎるから!

フレディ・マーキュリーの歌声にうり二つ!

photo by POPSUGAR

1991年に亡くなったものの、未だに多くの人々に愛されて止まない永遠のロックスター『フレディ・マーキュリー(Freddie Mercury)』。

数多くのミュージシャンからもリスペクトされ続けるフレディですが、そんな彼の歌声にそっくりなカナダ人シンガー『マーク・マーテル(Marc Martel)』さんが今、話題になっています!

マークさんは、クイーンのドラマーであるロジャー・テイラーのツアーメンバー募集に動画で応募し、みごと当選!その素晴らしい歌声が評価され、大きな注目を浴びた実力派シンガーです。

まずは、そのオーディションにマークさんが応募した『Somebody To Love』の映像をご覧下さい!トリハダ注意!!

これは2011年9月の映像。マークさんの声もそうですが、彼の骨格もなんとなくフレディ・マーキュリーに見えてくるから面白い。

『ボヘミアン・ラプソディ』に大絶賛!

そして、マークさんが2018年10月に『Bohemian Rhapsody – Marc Martel(one-take)』の動画を投稿したところ、大絶賛の嵐!

まずは、クイーンの『ボヘミアン・ラプソディ』を聴いたことがない方は、こちらのオフィシャル映像をお聴き下さい◎↓

そしてこちらがマークさんの『ボヘミアン・ラプソディ』!↓

リス氏

リス氏
目を閉じて聴けばもはや本人だな。
ワラウクルミ

ワラウクルミ
気持ちよさそ〜。一度でいいからこのくらい素晴らしい声で歌ってみたい(笑)

ネット上でも、

「もはや生まれ変わり」
「彼はフレディ・マーキュリーの息子?」
「再現力ヤバすぎ」
「まさに生き写し」
「凄すぎて何度も見ちゃう」

と大絶賛のコメントであふれています!

個人的にはマークさんの歌うアメリカ合衆国国歌『The Star-Spangled Banner』もシビれる。やや音質は悪いものの、マークさんの歌唱力に観客が徐々にヒートアップしていくところは最高だ!↓

さらに、海外メディア「NOISE11」によれば、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の一部のシーンで彼の歌声が起用されているそうです。気になった方は、ぜひ劇場へ足を運んでみて欲しい◎

フレディ・マーキュリーさながらの美しくパワフルなマーク・マーテルさんの歌声に、心を奪われますね〜(*´艸`)彼のSNSなどのリンクを下に貼っておくので、気になる方はチェックしてね!↓

 More info : Youtube | Facebook | Twitter

↓この記事のいいね!やシェアはこちら☆↓
                              

RELATED ARTICLE

ウォーク・オフ・ジ・アース

【Youtubeで1.8億回再生】Walk Off The Earthの独創的なカバー音楽...

アルトサックスにロマンを感じさせるイタリア人の演奏にシビれたわ〜

アルトサックスにロマンを感じさせるイタリア人の演奏にシビれたわ〜

洋菓子を使ってミニチュア模型を作るイタリア人

イタリア人洋菓子職人が作るミニチュア模型のようなデザートが可愛くて食べたくない件

魔法のようなボディ・ペイントで自分を消しちゃう女性

魔法のようなボディ・ペイントで体を結んだり消したりする女性!

モデルがキャンパス?錯覚を利用した写真を撮影し続ける写真家夫婦

モデルがキャンパス?錯覚を利用した写真を撮影し続ける写真家夫婦

非現実性を追求し続けるポーランド人芸術家の作品が不思議な世界へ誘う

非現実性を追求し続けるポーランド人芸術家の作品が不思議な世界へ誘うぞ!

アメリカで最初の人間国宝「デイル・チフーリ」のガラス彫刻の美しさに絶句!

まるで石が命を宿されたかのようなAkie Nakataのストーンアート作品群

まるで石が命を宿されたかのようなAkie Nakataのストーンアート作品群

見返りを求めないGive&Giveのアートイベント「バーニング・マン」

見返りを求めないGive&Giveのアートイベント「バーニング・マン」とは?

フィドルとタップダンスを一人で同時にやってのける美女の演奏にうっとり

フィドルとタップダンスを一人で同時にやってのける美女の演奏にうっとり