ワラウクルミ

液体注入で男性のアレを太くする施術がイギリスで人気に!高価で短期間なのに?

液体注入で男性のアレを太くする施術がイギリスで人気に!高価で短期間なのに?

今イギリスで、男性のアレにヒアルロン酸などの液体を注入して太くする施術が人気を集めています。確かに男性にとって男性器の大きさというのはコンプレックスになりがちですが、施術は高価で持続期間も短いです。

加えて、合併症や将来的に性機能の失う恐れがあると専門家は指摘しています。

果たしていつまでこの人気が続くのでしょうか?

イギリスで人気の男性のアレ増大施術とは?

photo by BBC

人気の男性のアレ増大施術は、外科手術をせず、注射器だけで男性器を太くすることが出来るとあって、その気軽さも人気上昇の理由なようです。

イギリスの男性美容外科グループは、この施術の利用者が例年に比べ20倍にまで増加したとしており、今では月に130回も施術を行うクリニックもあるのだとか。

液体は、顔への整形手術で使うことでお馴染みのヒアルロン酸で、男性のアレの皮下組織に注射されます。

photo by BBC

これにより男性のアレの太さを1〜2cm程度(注入量によって異なる)増大させることが可能とのこと。

BBCの取材を受けたのはスチュアート・プライスさんとアブディルさん。両者とも男性のアレの大きさに長年悩まされてきたようです。

photo by BBC

photo by BBC

施術費用は、一回€3,500約50万円)と非常に高価。しかし、その効果は1年〜1年半程度しかありません。

それでも施術を受けて自分に自信が持てるなら、それだけのお金を払う価値はあるとスチュアートさんとアブディルさんは考えています。

男性最大のコンプレックス『アレの大きさ』

ちなみに『キングス・カレッジ・ロンドン』の調査によると、男性のアレの平均が5.1インチ(約13cm)、6.3インチ(約16cm)より長い人が全体の5%

そして全体の0.1%の人が3インチ(約7.6cm)以下だったそうです。

photo by BBC

しかし、専門家は合併症の危険性や、今後の人生で性機能を失う可能性を指摘しています。

photo by BBC

特に、クリニックに行かずに自分で注射してしまったり、詰め物を入れてしまったりした場合が危険・・・・・・ってそんなこと、医療の勉強していない素人でも分かりそうなものですが(-_-;)

でも、悩んでいる人にとっては喫緊のことのようで、中にはワセリンシリコンさまざまな油を自分で注入してしまう人もいるのだとか・・・・・・いくらなんでも(=_=)

こちらはBBC日本版のショートバージョン動画です。↓

スチュアートさんの彼女さん、嬉しそうだな〜〜(*´艸`)

お次がBBCの英語版で、ロングバージョンとなっています。↓
※若干、性的な映像も含まれているのでご注意下さい!

スチュアートさんとアブディルさんが行ったクリニックでは、医療認可済みの液体を注入しているので、安全面については保証されています。

しかし、たった1年程度の期限付き男性のアレ増大施術に50万円は少々お高い気がしますねf^_^;)

それでも、大きさに対してコンプレックスを持っている男性にとっては、こういう施術も必要なのかもしれません。

↓この記事のいいね!やシェアはこちら☆↓
                              

RELATED ARTICLE

島を守る39年間、植林し森を作ったインド人環境活動家

島が消えるのを防ぐため39年間、植林し森を作ったインド人環境活動家

韓国と北朝鮮の代表

日本はこれから朝鮮半島とどう向き合うべきか?賠償金・謝罪の義務は?

日本で見かけないアメリカのホームレスたちの『物乞い』について

日本で見かけないアメリカのホームレスたちの『物乞い』について思ったこと

ocean

もう一度見直したい『東日本大震災』を忘れないためのまとめ

シリア内戦のわかりやすい経緯と化学兵器がもたらす惨状について

コロナウイルス患者が溢れた医療現場で働く医師や看護婦の疲れた写真が痛々しい

コロナウイルス患者が溢れた医療現場で働く医師や看護婦の疲れた写真が痛々しい

指をなめないで!店員に向けてくしゃみをしないで!小売店の店員の苦悩を描いた漫画に共感

指をなめないで!店員に向けてくしゃみをしないで!小売店の店員の苦悩を描いた漫画に共感

欧州でシリコン人形を使ったあっち系のお店が流行し始めている件

欧州でシリコン人形を使ったあっち系のお店が流行し始めている件

孤独死の現実とそれを片付ける特別清掃員たちの在り方

孤独死の現実とそれを片付ける特別清掃員たちの在り方

行き場を失い始めている日本のプラスチックゴミとリサイクル問題

行き場を失い始めている日本のプラスチックゴミとリサイクル問題について