ワラウクルミ

月に840万円もの薬がないと生きることが出来ない少女の現状

月に800万円もの薬がないと生きることが出来ない少女の現状

アメリカ・カリフォルニア州に住む18歳のローレン・スペンサーさん(Lauren Spencer)は、肺動脈高血圧症を患っている。

24時間、心臓カテーテルを行って血圧を抑え続けなければならず、常に肩から小さなポンプをバッグに入れて持ち歩かなければならない。

彼女の父親も、肺高血圧症を患っており、2010年、ローレンさんが10歳の頃に36歳の若さでこの世を去ってしまった。

この病気には、遺伝性はなく特発性のもの。それでも、ローレンさんが父と同じような病気を患うことになったということに、何の定めなのかと天を仰ぎたくなる。

そして、彼女にはさらに大きな問題が待ち構えている。

photo by Barcroft TV

それは、彼女が使用している薬がとんでもなく高いということだ。

カテーテルに使っている薬の瓶一本が$15.000(約170万円)もし、それを月に4本使用する。他の薬を入れて、薬代が月間$75.000(約840万円)もするというのだ。

 

・・・・・・そんなもの払えるわけがない!

 

現在は、カリフォルニア州の子供支援団体が薬代の全額を負担してくれているのだが、それは彼女が21歳までであり、その先はどうするか何も決まっていない。

看護学校に通い、将来、看護婦になることを夢見みる可愛いローレンさんの未来が開けることを願うばかりだ。↓

↓この記事のいいね!やシェアはこちら☆↓
                              

RELATED ARTICLE

夫の会社が倒産するも全く動じない妻!幸せ夫婦の漫画にほっこり

夫の会社が倒産するも全く動じない妻!幸せ夫婦の漫画にほっこり

人生で初めて音を聴いて喜ぶ赤ちゃんの姿に思わず涙がこみ上げてきた母

術後、人生初の音を聴いて喜ぶ赤ちゃんの姿に思わず涙がこみ上げてきた母。感動だわ〜

眠りに落ちると呼吸が止まって死んでしまう奇病と戦い続ける英国青年

眠りに落ちると呼吸が止まって死んでしまう奇病と戦い続ける英国青年

大人しそうな子を脱がせていじめようとするが、そこから現れたものは...

大人しそうな子を脱がせていじめようとするが、そこから現れたものは...

厳ついヤンキーが幼馴染の女子高生のためにヒーローになろうとする漫画にキュンと来た

厳ついヤンキーが幼馴染の女子高生のためにヒーローになろうとする漫画にキュンと来た

美しく着飾られた5歳の子供に80万人がフォローするも親への批判の声も相次ぐ

美しく着飾られた5歳の子供に80万人がフォローするも親への批判の声も相次ぐ

漫画『魂の遺言執行人リリー』役者になりたかった富豪が残したものとは?

漫画『魂の遺言執行人リリー』役者になりたかった富豪が残したものとは?

ドラッグストア店員をねぎらった高齢女性の思いやりの言葉に涙が出た

ドラッグストア店員をねぎらった高齢女性の思いやりの言葉に涙が出た

シリアルと牛乳を万引きしようとしたホームレスの逮捕現場に遭遇

シリアルと牛乳を万引きしようとしたホームレスの逮捕現場に遭遇

アメリカ人妻から聞いた日本のランチセットメニューの粗末さが悲惨過ぎた

アメリカ人妻から聞いた日本のランチセットメニューの粗末さが悲惨過ぎた