ワラウ英会話

世界で最も美しいと話題のナイジェリア人少女とその写真家のテクニックに脱帽!

ナイジェリア人写真家の撮影技術に驚嘆

まるでコンピューターCGで作ったように美しい少女が写ったこちらの写真。今、世界でもっとも美しい少女だと話題になっているのです!

画像加工しているように見えますが、そういったことは一切していないとのこと。

このナイジェリア人少女の美しさと、彼女を撮影したナイジェリア人写真家のテクニックにきっとあなたも脱帽してしまうでしょう!

thumbnail photo by mofebamuyiwa

まるで人形のように美しいナイジェリア人少女

photo by mofebamuyiwa

『世界でもっとも美しい少女』とネット上で話題となっているのは、ナイジェリア出身の少女ジェアちゃん(Jare)5歳。

これらの写真は、画像加工したように美しいですが、そのようなことは一切しておらず、きめ細やかな肌、くっきりと際立った白目と黒目、そして豊かに広がる髪の毛のすべてが本物なのです。

photo by mofebamuyiwa

リス氏

リス氏
ほんと、人形みたいな美しさだな。
ワラウクルミ

ワラウクルミ
まさか、リス氏さん、ロリコ・・・・・・
リス氏

リス氏
違うっての。おれは成熟したメスのリスにしか興味ねぇっつーの!

photo by mofebamuyiwa

写真を撮ったのは、ナイジェリアのライフスタイルや結婚式などを主に手がける写真家のビソラ・モーフィオルワ・バムヤイワさん(Bisola Mofeoluwa Bamuyiwa)です。

彼女は、そのとき進めていたプロジェクトのためにジェアちゃんの写った写真をソーシャルメディアに掲載したところ、たちまち人気となったのです!彼女は、写真にこう付け加えていました。

photo by mofebamuyiwa

「うん、そうよ。彼女は人間。でも、彼女は天使ジェアでもあるのよ!」

ジェアちゃんは、今のところプロモデルではありませんが、将来そうなることができることをすでに証明できていますよね!

写真家は独創的な目を持つことが必要

photo by mofebamuyiwa

その後、ビソラさんの作品群そのものに注目が集まり、そのユニークな美学に称賛の的となっています。

photo by mofebamuyiwa

彼女は、ナイジェリア最大の都市ラゴスで、写真撮影会社「BMB studio」を経営。

photo by mofebamuyiwa

ビソラさんの写真を見る限り、彼女の人生の多くを写真撮影について勉強していたのかと思いきや、地元ラゴス州立大学では「プロジェクトマネジメントテクノロジー」を専攻し学位も取得しています。

photo by mofebamuyiwa

ビソラさんが初めて自分のカメラを手にしたのは高校生の時で、その頃からYouTubeやカメラマンたちの助言を得ながら独学で撮影技術を取得していきました。

photo by mofebamuyiwa

写真と真剣に向き合い始めたのは、大学を卒業してから。そして、2012年からプロのカメラマンとして活動し始め、今では会社を経営するほどになったのです。

photo by mofebamuyiwa

「カメラマンとしての才能を見いだすためには、独創的な目を持つことが必要ですが、それを得るためには技術面を学ぶよりもはるかに時間がかかります」

と話すビソラさん。

photo by mofebamuyiwa

彼女は、アフリカ中を旅して現地の人々の写真を撮影。それは、今までに見たことのないような洗練された人々の様々な美しい顔を捉えています。

photo by mofebamuyiwa

醜いものを取り去り、世界の美しさを示すこと

photo by mofebamuyiwa

彼女は、モデルを選ぶ際はとても慎重で、作り上げたいテーマに基づいてモデルを選択します。

photo by mofebamuyiwa

「ほとんどの場合、私はその人の中にある弱さを探し、それが私に強いインスピレーションを与えるんです」

photo by mofebamuyiwa

ビソラさんは、自身のウェブサイトでこう語っています。

「私は、誰もが美しいということに気づきました。なぜなら、私は醜い人を見たことがありません。しかし、私はもし醜い人というものがあるのであれば、その部分を取り去り、世界の美しさを見せ続けます」

photo by mofebamuyiwa

ビソラさんのそうした視点は、人々の想像を豊かにし、希望を与えることにも繋がりますよね!

photo by mofebamuyiwa

日本でも、若い世代から中高年世代まで写真撮影、並びにカメラへの人気は変わらずありますよね。私は、スマホのカメラで十分な人間ですが(笑)、やはりちゃんとしたカメラで撮った写真はまったく違うというのは素人の私でもよくわかります。

もし写真撮影が好きなのであれば、ビソラさんの言うようにテクニックにこだわりすぎず、独創的な目を養うことを心がけてみると世界が変わってくるかもしれませんね◎

More info : Instagram | Website

ワラウ英会話の記事が気に入ったら
いいね!してね☆↓最新記事が届くよ◎

Twitter で
                              

    この記事のいいね!やシェアはこちら☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気軽にコメントしてね♫(名前やメアドは別に記入しなくてもOK)

RELATED ARTICLE

まるで芸術品のような幾何学的3Dケーキを作る元建築家パティシエ

まるで芸術品のような幾何学的3Dケーキを作る元建築家パティシエ

登美丘高校ダンス部が踊るT.M.Revolutionの『HOT LIMIT』がまたもやキレッキレ!

登美丘高校ダンス部が踊るT.M.Revolutionの『HOT LIMIT』がま...

チキンラーメンひよこちゃんのぶっ飛んだ半生を描いた動画で自社をディスる日清食品

チキンラーメンひよこちゃんのぶっ飛んだ半生を描いた動画で自社をディスる日清食品

風力で動く「ストランドビースト」の制作者、テオ・ヤンセン

芸術家「テオ・ヤンセン」の風力で動く『ストランドビースト』の造形美!

私達に日常での誠実さというものを思い出させるイラスト写真30選

AC部の制作したCM「鳩に困ったら雨宮」が中毒性ありすぎでヤバイ!

AC部の制作したCM「鳩に困ったら雨宮」が中毒性ありすぎでヤバイ!

9000体ものバービー人形のコレクションを持つ男性

世界一「バービー人形」を集めた男性のコレクションはなんと9000体!

90歳のアマチュア写真家『西本喜美子さん』

90歳のアマチュア写真家『西本喜美子さん』の自撮りがお茶目すぎる!

ハロウィーン衣装を毛糸で手作りしちゃう母!クオリティー高すぎワロタ

ハロウィーン衣装を毛糸で手作りしちゃう母!クオリティー高すぎワロタ!!

11歳のナイジェリア人少年の絵が写真のよう

11歳のナイジェリア人少年の描く絵が、写真と見まごうほど鮮明過ぎる

本を使って芸術作品を生み出す二人の読書家

インスタ映え間違いなし!本を使って芸術作品を作り出す二人の読書家

古いナイフやフォークを使った金属アート作品がオシャレ度抜群

古いナイフやフォークを使った金属アート作品がオシャレ度抜群!写真29枚