ワラウクルミ

新型コロナで超過労働を強いられている医療従事者たちの悲痛な写真15枚

新型コロナで超過労働を強いられている医療従事者たちの悲痛な写真15枚

新型コロナウイルスのパンデミックにより、医療現場で働く医師や看護師たちは、日々命をかけて患者たちの治療に当たっている。

彼らは当然、コロナ患者からの感染を防ぐための個人用保護具を着用しているのだが、それを長時間着けることで、彼らにはとてつもない負担がかかっている。

特に顔には、マスクやフェイスシールドによってできたアザや、寝不足によるで目も当てられないほどひどい様子になってしまう。

今回は、そんな医師や看護師たちの悲痛な顔写真15枚と、彼らのコメントを一部ご紹介する。

これを見て私たちがしなければならないことは、『とにかく家にいること』だ。

コロナで疲労困憊した医師や看護師たち①

#1.「今日は疲れ切って泣いた敗北の日だ。」

photo by sydvic1ous

「私はすべての患者の病室に行かなければならず、私の心の奥で『これらの患者は私を病気にさせるかもしれない・・・それは私の命を奪うかもしれない』と思ってしまいます。

そして、私がウイルスを持ち帰ることによって私の子供や、喘息の夫に感染させてしまうかもしれない。

これが私の新しい現実。」

#2.「個人保護具を外した跡の私」

photo by balm_threat

#3.「これは集中治療室で働く看護師の顔です」

photo by goldys.go.tos

「普段の私ではない私。美しさのかけらも残っていない。でも、これはまぎれもなく新型コロナウイルスと戦う集中治療看護師の顔です。

血と汗と涙。これは、私たち医療従事者が患者を救うために費やしているものです。

私は12時間の夜勤を行っています(私は通常、夜勤ではありません)。

これは私にとって決して忘れることのできない時間ですが、私を『ヒーロー』と呼ばないでください。

お気持ちに感謝しますが、私はただ仕事をしているだけです。

最後に、あなたは家で『立ち往生』しているのではなく、あなたは家で『安全』なのです」

#4.フェイスシールドとマスクの跡が痛々しい

photo by mrs_daniellejohnson

#5.「これが新型コロナのマスク効果。家にいて、愛する人を守ってください。」

photo by miguelsimas

目の充血から、この医師の疲労度がうかがえる。

コロナで疲労困憊した医師や看護師たち②

#5.ブラジルのサンパウロにあるGeral De Parelheiros病院の看護師

photo by covid_nurses

#6.「私の顔の跡は、Covid-19患者と私を遮断するN95マスクによって残された跡です」

photo by rheerhee

#7.「集中治療室で14時間の夜を過ごした後、感情表現を失ってしまった私」

photo by iamnurserin

「私は十分な、または質の高い個人用保護具を持っていないため、疲れ、圧倒され、不安で、激怒しています。

ウイルスを家に運び込んだり、自分自身に感染したりするのを怖がっています。

肉体的および精神的に消耗しており、このパンデミックとの闘いを助けられていることを誇りに思っています。

私のシフトはまるで嵐の様でした。患者がこれほど早く容態が急変するのを見たことはありませんでした。

朝までにほとんどの患者は人工呼吸器に乗っているか、人工呼吸器が利用可能になるのを待っていました。

もっと悲しいことに、ようやく座って患者のカルテに文書化したところ、同じ姓を持つ複数の患者が見つかりました。兄弟、夫婦、息子/娘、母/父。

病院のベッドで一人で亡くなり、数日間家族と会うことができず、家族が別れを告げることができない人々。

みんなは家にいて、生き続けるようにしてください!!!」

#8.「私はこの新しいアザだらけの顔にうんざりしています」

photo by loquesa_

「看護師としての2年間よりも、この2か月の方が多くの死を見ています。

ほとんどのシフトの後、家に帰って泣きます。

患者の多くは併存症のある高齢者であり、死亡のリスクが高くなります。

家にい続けてください。あなたがそうする時間が長いほど、私たちはより早く正常に戻ることができます」

#9.ブラジルのある看護師

photo by covid_nurses

#10.「これは過去6日間で65時間勤務している顔です」

photo by Aimée Goold

「これは、ソーシャルディスタンス(社会的距離)のルールを守るように求めている顔です。これは、集中治療室の看護師があなたに懇願している顔です。

家にとどまり、私たちを守り、患者の命を救うのを助けてください。」

コロナで疲労困憊した医師や看護師たち③

#11.これほどまでアザが残ってしまうなんて

photo by Bored Panda

#12.目の周りの隈がひどい

photo by varunchitransh

#13.「これがシフト後の私の新しい普通。鼻にアザができたけど炎症はしてないわ」

photo by ci3rranicol3

「マスクを12時間続けて着用しています。マスクは少なくとも3日間、もしくは目に見える汚れが出るまで同じものを再利用します。

シフト後、翌日まで紙袋に入れておきます。

私はまだ人々が集まり、ぶらぶらしているのを見ると腹が立ってしまいます。あなたに症状がないからといって、あなたがウイルスを運んでいないというわけではありません。

私はあなたにもっと正しいことをしてほしいと思っています。もっと賢くなってください。安全を守ってください。」

#14.マスクで鼻がこすれて真っ赤。

photo by krt0829

#15.マスクによってついたアザはなかなか消えない。

photo by covid_nurses

毎日命がけの戦いを強いられている医療従事者の方々。

もちろん患者を治療することが彼らの仕事であることは確かだが、だからといって私たちがそれを気にせず外へ出歩くのは、あまりにも自分勝手なことだ。

周りのことを考えた行動が、今、本当に求められている。

一緒に頑張って家にい続けましょう。

Reference : Bored Panda

この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新記事が届くよ◎

Twitterで
↓この記事のいいね!やシェアはこちら☆↓
                              

RELATED ARTICLE

アメリカで合法的にマリワナが吸える州があることへの違和感

アメリカで合法的にマリワナが吸える州があることへの違和感

再就職者にスーツやヘアーカットを無料で提供する活動を続ける団体

再就職者にスーツやヘアーカットを無料で提供する活動を続ける団体を称賛したい!

武漢の医療現場で寝る間も惜しんで懸命に働く医療スタッフの写真30選

武漢の医療現場で寝る間も惜しんで懸命に働く医療スタッフの写真30選

映像と共に『アウシュヴィッツ収容所』の惨状を振り返ってみる

映像と共に『アウシュヴィッツ収容所』の惨状を振り返ってみる

trash

このままでは地球がゴミで埋め尽くされる?アメリカと日本のゴミ事情

日本で見かけないアメリカのホームレスたちの『物乞い』について

日本で見かけないアメリカのホームレスたちの『物乞い』について思ったこと

ブラックフライデーで狂った群集に「オーマイガー!」と叫び続ける店員!怖ぇ〜

ブラックフライデーで狂った群集に「オーマイガー!」と叫び続ける店員!怖ぇ〜

キルギス共和国で続く風習「誘拐婚」

女性を誘拐して強制的に結婚?キルギス共和国で続く風習「誘拐婚」とは?

行き場を失い始めている日本のプラスチックゴミとリサイクル問題

行き場を失い始めている日本のプラスチックゴミとリサイクル問題について

アルビノのアフリカ系女性

タンザニアで相次ぐ『アルビノ狩り』。アルビノとはいったい?