ワラウクルミ

オゾン層が修復されつつあると国連が発表!2060年頃にはすべて回復か?

オゾン層が修復されつつあると国連が発表!2060年頃にはすべて回復か?

みなさんもオゾン層が破壊され、北極や南極の上空にオゾンホールができ、それが年々大きくなっていたことはご存じだったと思います。

しかし近年、そのオゾン層が回復傾向にあり、研究者は2060年頃には地球全体のオゾン層が回復すると国連は予想しています!!

1980年代後半に採択されたモントリオール議定書が功を奏したのか?

『オゾン層』とは?

photo by 7continents

オゾン層は、太陽から降り注ぐ有害な波長の紫外線の多くを吸収し、地上の私たち人間のみならず、多くの生態系を保護する役割を果たしています。

しかし、車や工場などから出る有害な化学物質により、オゾン層は深刻なダメージを受けていました。

photo by slideshare

1970年代からオゾン層の観測が始まり、それにより地球のオゾン層がどんどん失われていることが分ったのです。

ダメージを受けたオゾン層は、地球温暖化を促しただけでなく、白内障や皮膚がんなどの病気のリスクまで増加させ、最悪な時期とされた1990年代後半は、オゾン層上層部の10%が破壊されたといわれています。

『モントリオール議定書』とは?

photo by NASA Goddard

そこで1987年、世界各国の代表がカナダ・モントリオールに集い『モントリオール議定書』を採択。

議定書は、オゾン層を破壊するおそれのある物質の製造・消費および貿易を規制を目的としたもので、各国はそれに従い、これまでやりたい放題やって来た環境破壊の数々を規制し始めました。

2060年頃までに地球全体のオゾン層が回復か?

そのお陰もあってか、最新の『NASAゴダード宇宙飛行センター』の報告書によると、2000年中頃からオゾン層は10年毎に1〜3%の割合で回復傾向にあるというのです!

このため、このままいけば中緯度や北半球のオゾン層は、2030年代の半ば頃までには完全に修復され、南半球も2050年代までには回復すると国連は考えています。

photo by skynews

加えて、オゾンホールが懸念されている北極や南極地域のオゾン層も2060年代までには修復するとみられています!

今回の報告書の共同著者である『NASAゴダード宇宙飛行センター』のポール・ニューマン氏(Paul Newman)は、次のようにコメントしています。

「これは本当に素晴らしいニュースです。もしオゾン層を減少させる物質が増加し続ければ、私たちはその大きな影響を目の当たりにしていたでしょう。でも、私たちはそれを食い止めることが出来たのです!」

南極のオゾンホールも16%も縮小!

photo by euronews.

今年2018年の観測によると、南極にできたオゾンホールは合計で2500万平方キロメートルとなり、2006年のピーク時に比べて16%も縮小!

国連環境計画事務局長のエリック・ソルハイム氏(Erik Solheim)も、「モントリオール議定書は、歴史上最も成功した多国間合意の1つです」と語っています◎

モントリオール議定書の加盟国も、現在では197カ国となり、先進国だけなく途上国も参加して規制を実施。

また2016年にルワンダの首都キガリで採択された『キガリ改正』では、2019年1月1日からエアコンや冷蔵庫、その他の関連製品に使用されている有害な気候温暖化ガス「HFC(ハイドロフルオロカーボン)」の規制をより強化することになるそうです。

この改正により、58カ国がHFCの80%の削減目標を掲げています◎

近年の異常気象には、心配させられることが多々ありますが、それでもこのような知らせを聞くのは嬉しいものですね!

それでも、一人一人がCO2削減のために、電気や水の使用を押さえたり、車をハイブリットカーなどに買い替えるなどの努力を忘れてはいけません。

リス氏

リス氏
みんなで地球を守ろうぜ!
ワラウクルミ

ワラウクルミ
リス氏さんも、たまにはいいこと言うんだね◎
リス氏

リス氏
“たまには”が余計だ(=_=)

Reference : euronews. | The Guardian

ワラウクルミの記事が気に入ったら
いいね!してね☆↓最新記事が届くよ◎

Twitter で
                              

    この記事のいいね!やシェアはこちら☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED ARTICLE

人食いバクテリア感染症によって手足が腐ったものの生還した男性

痩せ細ったライオン

年老いて瘦せこけたオスライオンが孤独にこの世の最後を迎える時

もう少しで雷に打たれてしまうところだった映像集の迫力がとんでもない

もう少しで雷に打たれてしまうところだった人々のド迫力映像集!

絶滅に瀕しているウミガメために2年半で1万トンもの浜のゴミを拾った結果

絶滅に瀕しているウミガメために2年半で1万トンもの浜のゴミを拾った結果・・・

樽に乗って大西洋横断を試みる71歳のフランス人おじいちゃんがすげぇ!

樽に乗って大西洋横断を試みる71歳のフランス人おじいちゃんがすげぇ!

スタッドレスタイヤとオールシーズンタイヤを走り比べたら予想通りの結果に

スタッドレスタイヤとオールシーズンタイヤを走り比べたら予想通りの結果に

楽しい旅行のはずが!嵐の中のクルーズ船の映像が怖ろしすぎてトラウマになりそう

楽しい旅行のはずが!嵐の中のクルーズ船の映像が怖ろしすぎてトラウマになりそう

世界最大のリス「インドオオリス」のレインボーな毛皮

世界最大のリス『インドオオリス』のレインボーな毛皮と猫並みなデカさに注目!

ワシントン州のハイキング

ワシントン州の山でハイキング!シアトル観光のついでにいかが?

自殺幇助マシーン「サルコ」

1分で苦痛のない死を迎えられる自殺幇助マシーンがオーストラリアで発表される

プラスチックを分解するバクテリアが発見され研究が急ピッチで進む

プラスチックを分解するバクテリアが発見され研究が急ピッチで進む!救世主となるか?

車とルーフボックスの間に挟まり凍えていた鳥。果たしてどうなるのか?

車とルーフボックスの間に挟まり凍えていた鳥。果たしてどうなるのか?

15歳のスウェーデン人少女、気候変動に抗議で2週間も座り込みを続ける

15歳のスウェーデン人少女、気候変動に抗議で2週間も座り込みを続ける

物理エンジンを使って色々な検証をする『チャンネル人工知能』が面白すぎる!

物理エンジンを使って色々な検証をする『物理エンジンくん』が面白すぎる!