ワラウクルミ

羽が釣り糸に絡まってしまったフクロウを男性が救助しようとするが・・・

羽が釣り糸に絡まってしまったフクロウを男性が救助しようとするが・・・

海でも湖でも、水辺に住む生き物にとって人間がもたらす人工物は時に彼らの生命を脅かすことにもなる。

ビニール袋を大量に食べてしまったシカや、漁網に絡まってしまったウミガメなど。

特にたちが悪いのが『釣り糸』だ。

細くて見えにくいにもかかわらず、簡単には切れない。ましてや刃物などの道具を使うことができない動物たちにとっては死のトラップでしかない。

ある赤ちゃんフクロウは、人間が残していった釣り糸が羽に巻き付いてしまい身動きが取れなくなってしまっていた。

それを釣りに来た男性が発見。

赤ちゃんフクロウを救助しようとするのですが、彼が唯一持っていた刃物は、

 

切れ味の悪くなった爪切り

 

だけ(笑)もちろん何かの切れ物を持っているだけでもいいことだが、釣りに来て切れ味の鈍った爪切りだけって・・・・・・まぁ、自分が釣りをするときは釣り糸を歯できるのかな?

とにかく、まどろっこしく鈍った爪切りでフクロウの羽に絡まった釣り糸を取ろうと試みるのだが、結果やいかに?↓

リス氏

リス氏
「助けるならもっと手際よく助けろよ」ってフクロウの方は思ってるかもな(笑)
ワラウクルミ

ワラウクルミ
それよりも、僕はフクロウがびっくりしすぎて死んじゃったのかと思ったよ!

「頼むから俺の手の中で死なないでよ〜」っと言っていた男性もフクロウが動き出したときはホッとしたことだろう(´д`)

どのくらいの間、釣り糸に絡め取られていたのかはわかりませんが、このあとこのフクロウがまた元気に飛び立っていったらいいなと思う。

それにしても、あの切れ味の悪い爪切りには参ったぜ(-_-;)w

                              

    この記事のいいね!やシェアはこちら☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントだけでも投稿できるよ◎

RELATED ARTICLE

鬱病と闘うポーランド人イラストレーターの絵が神秘的なダーク感に包まれている

樽に乗って大西洋横断を試みる71歳のフランス人おじいちゃんがすげぇ!

樽に乗って大西洋横断を試みる71歳のフランス人おじいちゃんがすげぇ!

シロイルカが人魚のよう

船乗りたちがシロイルカを人魚と見間違ったのかも!その理由は脇腹の贅肉に

狭い側溝で身動きが取れず長い間閉じ込められていた猫を人々が救出!

狭い側溝で身動きが取れず長い間閉じ込められていた猫を人々が救出!

食品用ラップの透明の壁に果敢に立ち向かう猫の姿が可愛すぎた♡

食品用ラップの透明の壁に果敢に立ち向かう猫の姿が可愛すぎた♡

クマの家族が庭のプールに大集合!水遊びにはしゃぐ姿が可愛すぎた♡

クマの家族が庭のプールに大集合!水遊びにはしゃぐ姿が可愛すぎた♡

mountain

あなたの知らないアメリカ・ワシントン州の動物のまとめ

初めて見たヘビに驚きすぎて直立したまま硬直する猫の反応が最高!

初めて見たヘビに驚きすぎて直立したまま硬直する猫の反応が最高!

頭からきのこが生えてる!?ように見える『きのこかんざし』が話題沸騰中!

頭からきのこが生えてる!?ように見える『きのこかんざし』が話題沸騰中!

ウクライナの2匹の犬

怪我をして線路上で動けなくなったメス犬を2日間守り続けたオス犬の愛

数千匹のゴキブリを飼う女の子

数千匹のゴキブリをペットとして飼っている少女に驚愕!家中ゴキブリ!

日本のテクニックで美しくヘアカットされた犬たちの写真集

日本のテクニックで美しくヘアカットされた犬たちの写真集に見とれる〜