ワラウクルミ

交通事故が原因で視力と記憶、美貌を失ってしまったロシア人女性の悲劇

交通事故が原因で視力と記憶、美貌を失ってしまったロシア人女性の悲劇

地元では美女で有名だった当時21歳のロシア人女性は、彼氏の運転する車の後部座席に座っていました。彼は、彼女が遅刻したことを理由に怒り、赤信号を無視。その結果、他の車に猛スピードで衝突してしまったのです。

彼女は、その交通事故が原因で脳にダメージを被り、視力や美しかった容姿さえも奪われてしまったのです。

交通事故は、多くのものを奪っていきます。夢や希望すべてを。

thumbnail photo by DailyMail.com

最も美しい学生として評判だったマリアさん

photo by DailyMail.com

2016年、ロシア中央南部ノヴォシビルスクで、地元の法科大学に通っていたマリア・レベディバさん(Maria Lebedeva)は、周囲からは「最も美しい学生」として有名でした。

photo by DailyMail.com

マリアさんには、4年間付き合っていたボーイフレンドのアンドレイ(Andrey)がいました。

photo by DailyMail.com

アンドレイは、優しいものの怒り出すと手が着けられない性格でしたが、それでもマリアさんは彼を愛していました。

学業成績も優秀で容姿も優れている。いつかは弁護士になって、いくつもの裁判に打ち勝っていく。ちょっと怒りっぽいけど、将来の夫もいる。

photo by DailyMail.com

彼女の未来は、光で充ち満ちていました。

photo by DailyMail.com

しかし、悲劇はいつも私たちの元に突然やって来ます。

マリアさんの遅刻でキレた彼氏は車を飛ばし・・・

photo by DailyMail.com

2018年8月、マリアさんは帰宅するために、アンドレイとの待ち合わせに30分遅れてしまいました。待っていた彼の「BMW530」のドアを開けると、アンドレイはマリアさんを時間に遅れたことで責め立て、わめき散らしました。

ワラウクルミ

ワラウクルミ
30分遅れたぐらいで怒るなんて、どうかしてるね(-_-;)

そのままマリアさんは後部座席に押し込まれ、彼は車を猛スピードで運転し始めたのです。

photo by DailyMail.com

助手席には、アンドレイの友人が乗っていましたが、アンドレイは友人がいることもお構いなしに運転しながらマリアさんを怒鳴り散らし続けました。

そして、彼は赤信号を無視してそのまま交差点へ。左折しようとしていたSUV車の右側面に猛スピードで突っ込んでいったのです。その時のスピードは、50mph(時速80km)でした。

エアバッグが作動したため、前部座席にいたアンドレイと友人は無傷で済んだのですが、後部座席にいたマリアさんはシートベルトをしていなかったため全身を強打。

その後、すぐさま病院へ搬送されたマリアさん。

記憶の一部と視力を失ってしまう

photo by DailyMail.com

幸い、車外に体が投げ出されなかったため死はまぬがれたものの、脳や脊椎、骨盤を損傷し、10日間の昏睡状態に陥りました。

そして、昏睡から目が覚めると、マリアさんは視力と記憶の一部を失ってしまったのです。

マリアさんの友人マシャさんは、「彼女は、2015年・2016年の記憶が完全に消えてしまったわ」と取材に答えています。

photo by DailyMail.com

そして、マリアさんは当時のことについてこうコメントしています。

「一番サポートが必要なときに、アンドレイは私の側にいませんでした。」

「彼は私にこう言ったんです。『あの事故は俺一人の責任だとでも言うのか?お互いが悪かったんじゃないのか?』私はこの言葉を聞いたとき、とても怒りました」

「彼は全然、事故について悪いと思っていないんです。彼は、後悔もしていないですし、私に対して謝罪さえもしていません。思い出すたびにうんざりします」

彼女の両親は、その時かかった医療費12,700ポンド(約190万円)のため、アンドレイを訴えています。

そして、アンドレイはマリアさんの元から去って行きました。

容姿が変化に友人も去ってしまった

photo by DailyMail.com

退院後、マリアさんは、脳へのダメージや視力を失ったことにより、家にこもることが多くなり、体重が激増。

彼女の友人たちは、今の彼女を見ても誰か分からないと言います。

photo by DailyMail.com

さらにマリアさんは、取材にこう答えています。

「私が太り、かつての輝きが失われると、多くの友人たちは私から去って行きました」

photo by DailyMail.com

「私は、家でじっとしているよりも旅に出たり、ランニングしたり、踊ったりするのが大好きでした。それらすべてが失われてしまったことで、私はとても傷つきました」

(妹のイリーナ・カパスティナさん(Irina Kapustina)との写真↓)

photo by DailyMail.com

「そのことで私が『友達』だと思っていた人たちは、みんな『知り合い』だったということに気がついたのです」

「特にお年寄りの女性たちが、私のことを『かわいそうだ』と言っているのが聞こえます。でも、それを聞くと自分が『欠陥品』のような気がしてくるんです。事故が起きる前よりも耳がはるか良くなりました。そして、それは時々私をものすごくイライラさせます」

スチュワーデスになる夢を持つマリアさん

photo by DailyMail.com

彼女は現在、実験的な幹細胞治療を受けていますが、非常に高価です。

今のところ、彼女の視力を取り戻し、彼女の痛みを軽減しようとする多くの試みは失敗。彼女の家族は、彼女が回復するのを助ける新しい医療的アプローチを探し続けています。

photo by DailyMail.com

それでも最近彼女は、視覚障害者のためのグループ治療として、皆の前で歌を唄うようになりました!

リス氏

リス氏
曲の名前は「私は飛んでいる」で、最初のフレーズは「あなたに私の物語を話すのは不可能だわ」だ。くそっ。泣けてくるぜ。

そして、彼女は彼女自身が「クレイジー」と呼ぶ目標を設定しました。それは、スチュワーデスになることです!!

マリアさんは、まだ23歳。いつの日か、彼女が視力を取り戻し、スチュワーデスになることを私も遠くから祈っています。

Reference : DailyMail.com

ワラウクルミの記事が気に入ったら
いいね!してね☆↓最新記事が届くよ◎

Twitter で
                              

    この記事のいいね!やシェアはこちら☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

気軽にコメントしてね♫(名前やメアドは別に記入しなくてもOK)

関連記事はこちらw(*゚ロ゚*)w

佐川一政

白人女性を人肉嗜食し、不起訴処分になった日本人「佐川一政」

無くしたぬいぐるみが冒険して帰ってきた

空港職員の粋な計らいで、少女の無くしたぬいぐるみが冒険して帰ってきた!

アンクル・ドリュー(UNCLE DREW)が映画化!

老人が超絶バスケプレー!ペプシのCM「アンクル・ドリュー」が映画化されるぞ!

記憶だけで絵を描く少年

記憶だけを頼りに描くセルビア人少年の絵がまるで写真のように克明!

人生で初めて音を聴いて喜ぶ赤ちゃんの姿に思わず涙がこみ上げてきた母

術後、人生初の音を聴いて喜ぶ赤ちゃんの姿に思わず涙がこみ上げてきた母。感動だわ〜

バスに衝突されて逆ギレ!バスの窓を破壊し運転手を車で轢いた女

バスに衝突されて逆ギレ!バスの窓を破壊し運転手を車で轢いた女がとんでもない

全身火傷を負い、夫に見棄てられながらも強く生きる女性

全身火傷を負い、夫に見棄てられながらも強く生きる女性に勇気づけられた

ユーチューバー『圧倒的不審者の極み!』の包丁研ぎ&製作動画

色んな素材から包丁を作って研ぐ『圧倒的不審者の極み!』の動画が凄すぎだわ〜

どんな時でも名曲「デスパシート」を聴くと踊り出すニアナ・グレーロちゃん

どんな時でも名曲「デスパシート」を聴くと踊り出すニアナ・グレーロちゃんが可愛すぎ...

大手銀行の副社長だった男性が「ドラゴン・レディ」となった訳とは?

大手銀行の副社長だった男性が「ドラゴン・レディ」となった訳とは?

自分の体だけを使ってスツールを作った男

機械や工具を使わず「自分の体」だけを使ってスツールを作った男性!

90歳のアマチュア写真家『西本喜美子さん』

90歳のアマチュア写真家『西本喜美子さん』の自撮りがお茶目すぎる!

カリフォルニア州・山火事の炎の中を車で突っ切る女性の映像!

カリフォルニア州・山火事の炎の中を車で突っ切る女性の映像!神に祈るしかない

リアルなポケモンゲット法

【悲報】リアルなポケモンゲットは思ったよりも血なまぐさいことが判明

韓国『セウォル号沈没事故』のわかりやすい経緯と事故原因について

小児がん患者のために3年間髪を伸ばして寄付をした小2男児の石田丞くん

小児がん患者のために3年間髪を伸ばして寄付をした小2男児の石田丞くん

47階から窓ガラスが…

47階の高層ビルから交換作業中の巨大窓ガラスが落下!うっかりじゃすまない

栗城史多

指を9本失った登山家『栗城史多』さんが8度目のエベレストで死去