ワラウクルミ

ブラジル人女性研究者がゴキブリ粉パンを発明?低コストで高栄養価!

ゴキブリ粉でパンを作ることに成功

まだまだ認知している人は少ないでしょうが、今後数十年で世界的な食糧不足が問題になると予測されています。

その食糧難に活躍するのでは?と期待されているのが「昆虫」です。

ブラジルのある大学で女性食品研究者の2人が、ゴキブリを粉にしたものを小麦粉に混ぜてパンを作ることに成功したそうです。しかも栄養価は、普通のパンの約1.5倍!

「ゴキブリ粉パン」が将来、私たちの食を支える日が来るかも!

※タイトル通り今回の記事は、お食事中の方や昆虫が苦手の方には不向きな記事となっておりますので、あらかじめご了承下さい。

thumbnail photo by MUNCHIES

乾燥させて粉末状にしたゴキブリを使用

ブラジル、リオ・グランデ・ド・スール連邦大学の学生、アンドレッサ・ルーカスさん(Andressa Lucas)とローレン・マネゴンさん(Lauren Menegon)の二人は、小麦粉よりも低コストで高栄養価の「ゴキブリ粉」を発明しました。

普通の小麦粉よりもたんぱく質が約50%以上も高く、様々な料理で利用することが可能です。

ゴキブリ粉の制作過程は不明ですが、おそらくゴキブリを乾燥させ、挽いてパウダー状にするのでしょう。

photo by Ruptly

ゴキブリ粉をパンにするには、既存の小麦粉と配合して作ります。

photo by Ruptly

アンドレッサさんとローレンさんの研究によれば、ゴキブリ粉を10%混ぜて焼き上げたパンは、普通の小麦粉だけのパンに比べてタンパク質が49.16%も多いことが分かっています。

photo by Ruptly

さらに、普通のパンと味を比較してもほとんど違いが分からないそうです。加えて、パンではなく味覚の強いケーキやシリアルバーなどにこの粉を使うと、まったくと言っていいほど違いが分からなくなるようです。

徹底した衛生管理のもとで育てられたゴキブリ

ちなみにこのゴキブリは、家の中や排水路、ゴミの周りで徘徊しているチャバネゴキブリではなく、ハイイロゴキブリという種類です。

photo by wikipedia

しかも、専門のゴキブリ養殖業者から提供されたもので、ブラジル国家衛生監督庁が定める衛生基準をしっかりとクリアしたゴキブリを使用しているので安心して食べられます。

アンドレッサさんとローレンさんは、動画の中でこうコメントしています。

「私たちがゴキブリを研究材料に選んだのは、タンパク質が最も豊富な昆虫だからです。さらに、人間が体内で生成することの出来ない必須アミノ酸9つのうち8つを含み、高品質の脂肪酸(オメガ3・9)もあります。

しかも、ゴキブリはほぼ100%、無駄なく利用することが可能なのです。家畜では、食べられない部位が多くあるのでそうはいきません。

photo by MUNCHIES

昆虫たちは、人間には不可能な栄養構造変換を、実に効果的に行うことができ、私たちは昆虫たちを摂取することで簡単に重要な栄養素を補給できます。ゴキブリ粉は、食糧不足に喘いでいる貧困地域では特に有効的でしょう。

photo by Ruptly

また、昆虫の養殖は、家畜に比べて必要な土地もずっと少なくて済みますし、大量の水も必要なく、家畜の糞から出るガスによる温室効果への懸念も低減することが出来ます」

スポンサーリンク

食糧難とはいえ、昆虫食に強い抵抗感がある現実

しかし、一般人にとって昆虫食への抵抗感はまだ強いというのは明白な事実です。

アンドレッサさんとローレンさんが作ったゴキブリ粉パンの試食を頼んだときに、ゴキブリを使っていることを試食者たちに告げると、多くの人たちが試食を拒んだそうです。まぁ、私もきっと同じ反応をするでしょうねf^_^;)

photo by Ruptly

2人は、いつの日か人々がその考え方を変えてくれることを願いつつ、ゴキブリよりも抵抗感の少ない別の昆虫での実験も進めているそうです。

国連の推定によるば、2050年までには世界の総人口を支えるだけの食糧生産地を確保できなくなると言われています。

確かに現段階で「虫を食べて!」「ゴキブリを食べて!!」というのは、現実的ではありませんが、きっと将来的には必要な栄養源になることでしょう。

かといって、間違っても家の中にうろついているゴキブリを乾燥させてゴキブリ粉を作ろうとしないで下さいね!確実に何らかのウイルスを持っていますから(-_-;)

食糧難は本当に深刻ですよね。今の私たちにまず出来ることは、無駄に食料品を買いだめしないことや、食べ残しをしないこと。そして、農業・漁業関係者を大切し、1人でも多くの後継者を作ることでしょう。

小さなことでも、一人ひとりの行動が大きな目標達成を生み出します!

ワラウクルミのサイトが気に入ったら
いいね ! してね(´▽`)ノ

Twitter で
                              
     

    よかったらこの記事のシェアをよろしくね☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

気軽にコメントをして下さいね♫

スポンサーリンク

関連記事はこちら(*`ロ´ノ)ノ

アメリカ人の子供たちが納豆を初めて試食!臭ネバッ・・・結果は散々(-_-;)

自殺幇助マシーン「サルコ」

1分で苦痛のない死を迎えられる自殺幇助マシーンがオーストラリアで発表される

風力で動く「ストランドビースト」の制作者、テオ・ヤンセン

芸術家「テオ・ヤンセン」の風力で動く『ストランドビースト』の造形美!

カンボジアで貴重な食料、タランチュラ

カンボジアの人たちの貴重な栄養源はまさかの「タランチュラ」!

restaurant

知っておくべきアメリカのレストランでのマナーと英語フレーズ一覧

ペルーでエイリアン発見か?

3本指の手足をもつエイリアンのようなミイラがペルーで発見される!

ブレサリアン夫婦

ほとんど食べずに宇宙エネルギーだけで生きる『ブレサリアン』夫婦

クリーン・ミートが世界を救うかも

クリーンミートが今後私たちの食生活を支えるかもしれませんよ!

11台のスマホを自転車に搭載しポケモンGOをする70歳の台湾人おじいさん!

カリカリマシーンSPが犬・猫の救世主となるか?

猫犬用、タイマー式自動給餌器「カリカリマシーンSP」が便利過ぎる件!

energy-drink

あなたは知らないかも!エナジードリンクの危険性についてのまとめ

ジェイミー君とキーラちゃん

息子のために3Dプリンターで義手を作った父親。同じ境遇の少女にも義手をプレゼント...

二次元キャラクターと会話できる?俺の嫁召喚装置「Gatebox」とは?

rice

渡米前に知っておきたい!アメリカと日本の米とパンの違い

スポンサーリンク