ワラウクルミ

シロナガスクジラが大量のオキアミを一口で食べる映像が豪快過ぎた!

シロナガスクジラが大量のオキアミを一口で食べる映像が豪快過ぎた!

現存する最大の動物種とされている『シロナガスクジラ』。そんなシロナガスクジラの食事はとてつもなく豪快!

海面付近を漂うオキアミを、そのどでかい口でバサーッと一口で食べる映像は見るものに爽快感に似た感覚を与えることだろう(´д`)

さぁ、君もこの映像を見て日頃の鬱憤を取り払うのだ!

シロナガスクジラとは?

シロナガスクジの体長は記録にあるもので最大34メートルと、現存する動物種の中で最大であり、恐竜時代など過去を遡ってみてもこれまで地球上で存在していたあらゆる動物種でも最大とされている。

 

シロナガスクジラ=最大動物

 

と覚えていただければ問題ないだろう。(ちなみに象と比べたらこんな感じ↓)

シロナガスクジラが大量のオキアミを一口で食べる映像が豪快過ぎた!photo by ENCYCLOPAEDIA 

34メートルと言えば、11階建てのビルに相当する。11階建てビルは見上げるほどの大きなビル。そんな動物がいるなんて、正直恐ろしくもある(^_^;)

加えてシロナガスクジラと言えば低周波の大きなうなり声を発し、その音量は180ホンを超えることもあるのだそう・・・・・・まあ、ホンなんて言われてもまったくピンとこないが(笑)

とにかくこの鳴き声で個体間のコミュニケーションを行うことができ、150km以上先の相手とも連絡をとる事が出来る

シロナガスクジラが大量のオキアミを一口で食べる映像が豪快過ぎた!photo by antarctica.gov.au

そしてシロナガスクジラの寿命は80〜120年ほぼ人間並み

それを聞いて私は日本の捕鯨問題を思い出したが、日本の捕鯨調査団はミンククジラやマッコウクジラなどの5種ほどを捕鯨しており、絶滅危惧種であるシロナガスクジラは積極的に保護に取り組んでいるとのこと。

それを聞いて少し安心した(´д`)

シロナガスクジラの豪快食事風景

そんなシロナガスクジラの食事はかなりダイナミックだ!

大きく開かれたシロナガスクジラの口に大量のオキアミが吸い込まれる映像は神秘的とも言える↓

リス氏

リス氏
シロナガスクジラ、でけぇ〜。
ワラウクルミ

ワラウクルミ
まあ、大型バス三台をつなげたくらいの長さがあるからね〜。

シロナガスクジラの一口の食事量についてフランス通信の記事があった。

 カナダのブリティッシュ・コロンビア大(University of British Columbia)の研究チームは、シロナガスクジラが口を1回開けた際に飲み込める魚の数から、カロリー数を試算した。すると、一飲みにつき8306~45万6835カロリーとの結果が出た。

これは、人間1人あたりのエネルギー摂取量を2000カロリーとして、1日あたり228人分の腹を満たせる量に相当する。一方、シロナガスクジラが1回の潜水時に消費するカロリーは、わずか770カロリーだ。

from : AFP

まあ、あの巨体を維持するには当然のカロリー量だろうな〜。

↓この記事のいいね!やシェアはこちら☆↓
                              
 

RELATED ARTICLE

赤ちゃんウォンバットを救出

死んだ母親ウォンバットのお腹の中から赤ちゃんを救出し、ブラの中で育児

雪玉のようになった猫、奇跡的に一命を取り留める!モンタナ州

雪玉のようになった猫、奇跡的に一命を取り留める!モンタナ州

ウサギのジャンプ競技会がほんわか雰囲気でなんだかほっとする(イギリス)

ウサギのジャンプ競技会がほんわか雰囲気でなんだかほっとする(イギリス)

車とルーフボックスの間に挟まり凍えていた鳥。果たしてどうなるのか?

車とルーフボックスの間に挟まり凍えていた鳥。果たしてどうなるのか?

うちの猫どこに...ってそこ!? 行方不明になった猫が木の枝に捕まってて飼い主爆笑

うちの猫どこに...ってそこ!? 行方不明になった猫が木の枝につかまってて飼い主爆笑

ピカチュウ帽子を被った猫ちゃんが可愛すぎて思わずゲットしたくなるぞ!

ピカチュウ帽子を被った猫ちゃんが可愛すぎて10万ボルトどころではない!

お風呂後、全身が濡れそぼったペットたちの姿が異形化しすぎて笑えた

お風呂後、全身が濡れそぼったペットたちの姿が異形化しすぎ

ファッ!?まるで人間のように驚く犬の表情がSNS上で話題沸騰中!

スズメバチの巣をエアガンで破壊するという方法もありかもしれない

スズメバチの巣をエアガンで破壊するという方法もありかもしれない

母犬が8匹の子犬に厳しくも優しいしつけをする姿に愛を感じた◎

母犬が8匹の子犬に厳しくも優しいしつけをする姿に愛を感じた◎