ワラウクルミ

人食いバクテリア感染症によって手足が腐ったものの生還した男性

あなたは、「人食いバクテリア感染症」なるものをご存じでしょうか?

その名の通り、発症すると肉体の末端である手足の先から腐らせていくという、何とも怖ろしい病気なのだ。

死亡率3割とも言われている恐怖の感染症から、奇跡的に生還した1人の米男性についてと、この病気について少し話していこう。

※記事内には若干ショッキングな写真や映像が含まれていますので、苦手な方は閲覧をお控え下さい。

あっという間に人を腐らせる人食いバクテリア

photo by sci-news.com

それらを引き起こす細菌は数種類存在しており、中でももっとも一般的なのは「A群連鎖球菌(化膿レンサ球菌)」というもの。

正しくは、細菌は人の肉を食らうのではなく、毒素を出して、それが細胞組織を液状化させます。医学的には溶連菌感染症のもっとも重症な病型「壊死性筋膜炎」と呼ばれています。

A群連鎖球菌は、私たちの身の回りにありふれて存在しており、人間の喉にもよく生息しています。

普段は何の害も及ぼさないのですが、時に咽頭炎やしょう紅熱を引き起こし、組織を壊死させることもあります。

この感染症はきわめて急速に進行し高熱、全身状態の不良、局所の腫脹・疼痛をひきおこします。そして、指先や足先など四肢の末端部から、1時間に数cmもの速さで壊死が進行し、短時間で敗血症や多臓器不全を引き起こします。

死亡率は30%以上と高く、一般に『人食いバクテリア感染症と呼ばれているもののうちの一つです。

そんな悪夢のような感染症が、あるアメリカ人男性を襲います。

人食いバクテリアで四肢を失った米男性

photo by inquisitr.com

2016年のクリスマス。ケヴィンはひどい風邪を引き、激しい喉の痛みを感じ始めます。

そして、以前にかかったことのある虫垂炎と同じ痛みを感じ始めたので救急医療室へ駆け込み、色々な検査をするも原因が分からず、ケヴィンの容体はひどくなっていく一方でした。

熱はみるみる上昇し、それに伴ってとてつもない痛みが彼を襲い、遂には歩くことさえ出来なくなってしまいます。

そして、彼のお腹がどんどん膨れてきたのです!

人食いバクテリアと呼ばれる連鎖球菌が、ケヴィンの喉からお腹へ移動し、全身に転移したことが分かったときには、彼の四肢は黒く腐り始めていました。

※下の動画はショッキングな映像となっています。苦手な方はご視聴をお控え下さいm(_ _)m↓

ワラウクルミ

ワラウクルミ
とんでもない病気だね(ToT)

しかし、ケヴィンの妻と娘は献身的な看病を続けています。特にケヴィンの妻、ジュリーの明るさと前向きな姿勢には本当に驚かされます。

アウトドアスポーツが大好きで非常に活発だったケヴィンなら、きっと今の彼でも出来るスポーツを見つけ、新しい再出発を始めることでしょう!

↓この記事のいいね!やシェアはこちら☆↓
                              
 

RELATED ARTICLE

ジェイミー君とキーラちゃん

息子のために3Dプリンターで義手を作った父親。同じ境遇の少女にも義手をプレゼント!

400km上空!国際宇宙ステーションの宇宙飛行士たちもハロウィンで変装

400km上空!国際宇宙ステーションの宇宙飛行士たちもハロウィンで変装してたぞ!

かけるだけで乗り物酔いを防げる眼鏡『SEETROËN』がフランスで発売!

ゴキブリ粉でパンを作ることに成功

ブラジル人女性研究者がゴキブリ粉パンを発明?低コストで高栄養価!

ドバイ警察が空飛ぶバイク『ホバーバイク』を2020年までに導入予定

ドバイ警察が空飛ぶバイク『ホバーバイク』を2020年までに導入予定!操縦訓練も開始

マジにアイアンマンじゃん!?ジェットスーツで人が空を飛べるぞ!マジにアイアンマンじゃん!?ジェットスーツで人が空を飛べるぞ!

マジにアイアンマンじゃん!?ジェットスーツで人が空を飛べるぞ!

プラスチックを分解するバクテリアが発見され研究が急ピッチで進む

プラスチックを分解するバクテリアが発見され研究が急ピッチで進む!救世主となるか?

成層圏からスペースダイブする映像!音速を超える自由落下にたまげた

成層圏からスペースダイブする映像!音速を超える自由落下にたまげた

物理エンジンを使って色々な検証をする『チャンネル人工知能』が面白すぎる!

物理エンジンを使って色々な検証をする『物理エンジンくん』が面白すぎる!

ペルーでエイリアン発見か?

3本指の手足をもつエイリアンのようなミイラがペルーで発見される!