ワラウクルミ

これじゃあただの大デブ猫。獰猛なシベリアトラの面影はいずこへ?(中国)

超おデブになってしまったシベリアトラ

2017年2月に、中国の掲示板サイト「weibo」に掲載され話題となった、こちらのシベリアトラの写真。

もう、どっからどう見てもただの肥満化した大型猫(-_-;)

SNS上で拡散され始めた頃が、ちょうど中国の旧正月である春節と重なっていたため「春節でごちそうを食べ過ぎたんじゃないの?」という冗談が続出!

どうやら、こんなデブトラになってしまったのには人間が関係しているようです(=_=)

thumbnail photo by weibo

シベリアトラ(アムールトラ)とは?

photo by wikipedia

別名「アムールトラ」とも呼ばれているこのシベリアトラは、ネコ科の中で最大の肉食動物です。

ロシアと中国東北部の国境を流れるアムール川やウスリー川周辺のタイガ、また北朝鮮で棲息しています。

オスは通常、体長2.5m、体重300kgほどまで成長するはずですが、獲物の減少のためか近年では痩せた個体が多く見られるようです。

photo by wikipedia

野性での現状は、ベンガルトラの方が大きいのではという声もあります。

ちなみに、飼育下でのシベリアトラは肥満傾向にあるようで、体重450kgになることもあるようです!

リス氏

リス氏
おれのように、シベリアトラは太りやすい体質ってことだな(-_-;)
ワラウクルミ

ワラウクルミ
リス氏さんもやっぱり僕のように、日光と水で生活すれば健康的な体になれるよ!
リス氏

リス氏
おれを殺す気か!

ちなみに野性のシベリアトラは、シカやイノシシをはじめ、クマなども補食することもあるそう・・・・・・クマと戦えるなんて、怖すぎです(=_=)

絶滅危惧種を大繁殖しているパーク!

photo by weibo

このわがままボディなトラの写真が撮影されたのは、中国・黒龍江省ハルビン市にある「シベリア・タイガー・パーク(東北虎林園)」という場所。

世界最大のシベリアトラの人工飼育繁殖基地と言われており、面積はなんと144万㎡で、東京ドーム約31個分に相当する広さを誇る自然保護区です。

photo by weibo

人間の自然破壊が原因で、絶滅危惧種に指定されているシベリアトラですが、このシベリア・タイガー・パークの集中的な保全活動のおかげで、2016年には90頭以上の赤ちゃんが誕生したようです。

現在、パーク内では500頭以上のシベリアトラを飼育しています!

ワラウクルミ

ワラウクルミ
絶滅危惧種の動物をそこまで繁殖・飼育しているのはすごいことだね!

餌のやり方に問題ありf^_^;)

photo by weibo

しかし、ご覧の通りシベリアトラたちは若干、幸せ太りしすぎているように見受けられますf^_^;)

それは、パーク側のトラたちへの餌のやり方に問題があるようです。

このパークでは、約100頭ほどの放し飼いにされたシベリアトラを、来園者たちはバスに乗って見学することができ、追加料金を払えば餌付けすることも可能です。

photo by weibo

餌には、牛肉をはじめ、生きたままのニワトリなどをトラの群れの中に放り込むことができ、来園者からは大人気のアトラクションになっています。

痩せているよりはいいとしても、ここまで太ってしまうと健康面が心配ですね。

パークの関係者は、

「シベリアトラは、過酷な冬を乗り越えるために太って脂肪を蓄え、暖かくなるにつれて少しずつ引き締まっていきます」

と説明。

photo by weibo

リス氏

リス氏
それが本当だったら、夏現在、肥満まっしぐらなおれはどうなるんだ?
ワラウクルミ

ワラウクルミ
だから、日光と水を・・・・・・
リス氏

リス氏
頼むから、おれを殺そうとしないでくれ。

photo by weibo

しかしながら、イギリスの動物愛護団体「ボーン・フリー基金(Born Free Foundation)」のウィル・トラバースさんは、

「私が見たところ、これはぽっちゃりしててかわいいという範疇を超えています。この写真のシベリアトラたちは、紛れもなく病気です。過度な餌付けに加えて、運動不足がこの結果を招いたのでしょう」

と指摘しています。

photo by weibo

これについては、以前より市民からも非難や疑問視する声があがっていたようで、でっぷりと太ったシベリアトラの写真が話題となったことで「やっぱりね」ということになったのです。

絶滅危惧種である動物を保護してくれているわけですから、贅沢を言ってはいけませんが、できることならトラたちの健康管理にも気を使ってほしいものですね。

Reference : People’s DailyDaily mail / News.com.au

ワラウクルミの記事が気に入ったら
いいね!してね☆↓最新記事が届くよ◎

Twitter で
                              

    この記事のいいね!やシェアはこちら☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED ARTICLE

森の中で凍えていた子猫たちを救出したハスキー

森の中で凍えて死にそうになっていた子猫たちを介助犬ハスキーが発見!

カリフォルニア州・山火事の炎の中を車で突っ切る女性の映像!

カリフォルニア州・山火事の炎の中を車で突っ切る女性の映像!神に祈るしかない

mountain

あなたの知らないアメリカ・ワシントン州の動物のまとめ

樽に乗って大西洋横断を試みる71歳のフランス人おじいちゃんがすげぇ!

樽に乗って大西洋横断を試みる71歳のフランス人おじいちゃんがすげぇ!

プラスチックを分解するバクテリアが発見され研究が急ピッチで進む

プラスチックを分解するバクテリアが発見され研究が急ピッチで進む!救世主となるか?

猫転送装置

テープやコードで驚くほど猫を自由に動かせる「猫転送装置」が大人気!

廃タイヤを超可愛いペット用ベッドにリメイクするブラジル人青年!

廃タイヤを超可愛いペット用ベッドにリメイクするブラジル人青年!

犬のウンチ風景カレンダーがあまりにもシュールすぎて地味な笑いを誘うぜ!

犬のウンチ風景カレンダーがあまりにもシュールすぎて地味な笑いを誘うぜ!

野生動物たちが見せるちょっぴり間抜けなコメディ写真集

野生動物たちが見せるちょっぴり間抜けなコメディ写真集にみんなも投票だ!!

島を守る39年間、植林し森を作ったインド人環境活動家

島が消えるのを防ぐため39年間、植林し森を作ったインド人環境活動家

400km上空!国際宇宙ステーションの宇宙飛行士たちもハロウィンで変装

400km上空!国際宇宙ステーションの宇宙飛行士たちもハロウィンで変装してたぞ!

オゾン層が修復されつつあると国連が発表!2060年頃にはすべて回復か?

オゾン層が修復されつつあると国連が発表!2060年頃にはすべて回復か?

車とルーフボックスの間に挟まり凍えていた鳥。果たしてどうなるのか?

車とルーフボックスの間に挟まり凍えていた鳥。果たしてどうなるのか?

【注意!】賞味期限切れのココアを飲もうとしたら『虫ココア』になってた

【注意!】賞味期限切れのココアを飲もうとしたら『虫ココア』になってたっ!