ワラウクルミ

オランダ人水泳選手が163kmを55時間かけて泳ぎ、寄付金4億円を集めた!?

オランダ人水泳選手が163kmを55時間かけて泳ぎ、寄付金4億円を集めた

私たちは、疲れたり、もう無理だと諦めることで『限界』を自分で決めてしまいがちです。もちろんそうすることで、危険を回避し、より安全な道を進むことが出来るでしょう。

しかし、あなたの決めたその『限界地点』は、少し早すぎだったかもしれない。それを自らの身をていして証明してくれたある水泳選手がいます。

彼は、両手足がふやけて危険な状態になりながらも、163kmもの距離を55時間かけて泳ぎ、4億円以上もの寄付金を集めたのです!

thumbnail photo by MvdWFoundation

19歳にして白血病を発症

photo by MvdWFoundation

1981年3月31日、オランダ・アルクマール出身のマーテン・ファン・デル・ワイデンさん(Maarten van der Weijden)は、若い頃から素晴らしい泳ぎ手であり、水泳選手としての明るい将来を約束されていました。

しかし、彼のキャリアは、始まる前にとてもつもなく大きな試練を与えられてしまいます。

photo by like2swimrotterdam.nl

それは、マーティンさんがまだ19歳の頃。成人にもなっていない彼は、医者から血液のガン『白血病』と診断されてしまったのです。

「若者が白血病を生き延びる可能性は非常に低い」

これがその医師がマーテンさんに下した診断でした。

ごく一般的な人間であれば、ここで水泳選手としての未来の自分、そして、自分自身の人生さえも諦めてしまうと思います。

「これが私の限界だ」と・・・・・・。

ガンに打ち勝ちオリンピックで金メダル!

photo by like2swimrotterdam.nl

しかし、マーテンさんはそこで限界地点を決めませんでした。

「自分はまだやれるんだ!」

そして、マーテンさんは、なんとガンに打ち勝ち、診断からわずか2年で水泳選手としてまた復帰したのです!こうして彼は、医師の診断が間違っていることを証明しました。

それから6年後の2008年の北京オリンピック。27歳だったマーテンさんは、名だたる他国のエリート選手を打ち破り、見事、金メダリストとなったのです!

photo by wikipedia

リス氏

リス氏
この時点で彼は超人だな!
ワラウクルミ

ワラウクルミ
確かにね!でも、彼の挑戦はここで終わったわけじゃないよ!

ガン研究のために200km水泳を挑戦

photo by beter.nu

難病に打ち勝ち、金メダルを勝ち取ったマーテンさんは、まだ『限界地点』を追い求め続けていました。

そして2018年8月。彼は『ガン研究のための寄付金』を募るために、オランダのエルフステイデントッフト(Elfstedentocht)の200kmの距離を泳ぐ挑戦をすることを決めたのです。

photo by MvdWFoundation

200kmを泳ぎきる予定は、短い休息を含めて3日かかる予定でした。そのためにしっかりトレーニングを積み重ね、体の方の準備は万端。

photo by MvdWFoundation

泳ぐ格好も、体温低下や、体が水に汚染されるのを防ぐために全身スーツと手袋をして挑みました。

photo by MvdWFoundation

しかし、これだけマーテンさんが準備したにも関わらず、彼の皮膚は水にさらされ続けたことでふやけすぎて、死んだ皮膚のようになってしまいます。

photo by hartvannederland.nl

photo by Evelien de Bruijn

このまま続けると命の危険があるとして、マーテンさんはやむなく途中で断念することになりました。

photo by hartvannederland.nl

photo by hartvannederland.nl

4億5,000万円もの寄付金を集めた!

しかし、泳ぎを止めた時点ですでに彼は、55時間かけて163kmの距離を泳ぐことができていたのです!

リス氏

リス氏
ここまでくると根性とかっていうレベルじゃないよな。ある種の信念や使命感が彼を突き動かしたのかもしれんな。
ワラウクルミ

ワラウクルミ
とてもじゃないけど、ただ単に『有名になりたい』と言うような理由では達成できなかった偉業だよ!

photo by dailynews.openwaterswimming.com

今回マーテンさんは、200kmの目標に達することができなかったにもかかわらず、寄付金キャンペーンの方は大成功!

なんと彼は、今回の泳ぎで350万ユーロ(約4億5,000万円)もの寄付金を集めることに成功したのです!

リス氏

リス氏
ここまで来ると、もはや伝説級だな。

幸い、ふやけてしまった両手足はかなり元通りになったようですね。

『限界地点』というものは、誰かが決めているのではなく『自分が決めている』ということを改めて考えさせられました。

もちろん誰にでも限界はありますが、日頃から自分が見ている場所の『もう少し先』を見てみてもいいのかもしれませんね。

ワラウクルミの記事が気に入ったら
いいね!してね☆↓最新記事が届くよ◎

Twitter で
                              

    この記事のいいね!やシェアはこちら☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED ARTICLE

機内でミルクを切らしていた乗客の赤ちゃんに授乳した客室乗務員の行動に称賛の嵐!

機内でミルクを切らしていた乗客の赤ちゃんに授乳した客室乗務員の行動に称賛の嵐!

臨場感が超ド級なマウンテンバークのレース動画がクレイジーすぎる!

臨場感が超ド級なマウンテンバイクのレース動画がクレイジーすぎる!

自転車をこいでマフラーを作れる装置!運動しながら5分で1本編めちゃう◎

自転車をこいでマフラーを作れる装置!運動しながら5分で1本編めちゃう◎

小児がん患者のために3年間髪を伸ばして寄付をした小2男児の石田丞くん

小児がん患者のために3年間髪を伸ばして寄付をした小2男児の石田丞くん

ガンで右眼を失った少女。モンスターと呼ばれながらも生き抜く姿に感動

ガンで右眼を失った少女。モンスターと呼ばれながらも生き抜く姿に感動

小さなショウガラゴをあやすオスゴリラの手つきが優しさで満ちあふれているぞ!

小さなショウガラゴをあやすオスゴリラの手つきが優しさで満ちあふれているぞ!

大きすぎたことで捨てられたポメラニアン犬がまるでパディントンのよう!

サッカーの試合中、監督たちが見せる選手顔負けのプレー集映像

サッカーの試合中、監督たちが見せる選手顔負けの華麗なトラップ集!

【実体験】『紀伊國屋USA』の神対応に心の底から感激!

【実体験】『紀伊國屋USA』の神対応に心の底から感激!

メッシ、ロナウド、ネイマールのまとめ

2018FIFAワールドカップは「メッシ」「ロナウド」「ネイマール」に注目せよ!

閉じ込め症候群となったマーティン・ピストリウス

13年間体も声もなく意識だけの存在となったマーティン・ピストリウスの奇跡

打ったらすぐに走る「スピードゴルフ」

打った後はすぐ走る!?タイムも競う『スピードゴルフ』が超絶ハードだ!

娘の成長をそばで見続けるために一緒に体操の練習をする父親

娘の成長をそばで見続けるために一緒に体操の練習をする父親!全国のお父さん必見!

疥癬に犯され骨と皮だけになった子犬が生まれ変わったように元気になったよ!

疥癬に犯され餓死寸前だった子犬が生まれ変わったように元気になったよ!