ワラウクルミ

ムカついている相手を殴れるペルーの喧嘩祭り『タカナクイ』がすごっ!

ペルーで腹が立っている相手を殴れる喧嘩祭り『タカナクイ』がすごっ!

ペルー奥地の山間部にあるクスコ州で、クリスマスに行われる喧嘩祭り『タカナクイ』

このタカナクイでは、上司・家族・友達関係なく腹がたっている相手をぶん殴れるという画期的な伝統行事となっている(笑)

その様子があまりに激しすぎた(^_^;)

『タカナクイ』とは?

photo by VICE

『タカナクイ(Takanakuy)』は、クリスマスイブの前夜祭から始まります。この日は殴り合いはなく、音楽をかけ歌を歌いながら、人々は酒を手に町を練り歩き、バカ騒ぎをします。

女性たちはペルーの民族衣装をまとい、一部の男たちは、顔にド派手なフルフェイスのスキーマスクをかぶり、カウボーイハットにカウボーイジャケット、ロデオなどで身につける様な足の革当てを身につけます。

もともと『タカナクイ』、この地域を支配していたインカ帝国やスペインの様な権力に逆らうことが出来ず、つらい思いをしていた人々が、「権力に対抗することが出来る日」として始めたお祭りでした。

参加する男たちがかぶっているマスクには、権力者に顔を見られないようにするためだったと言われています。

対戦相手は腹の立つ相手でOK

photo by VICE

そして、肝心の対戦相手ですが、実際にトラブル関係にある人と対戦することが出来るよう(^_^;)仕事の上司、兄弟、三角関係になった友達と、腹を立てている人に対して思いっきりぶん殴れるというのです。

ちなみに参加者は男女問わず、年齢も関係ありません。

ルールは、武器を持たずパンチとキックのみ。髪の毛をつかんだり、かみついたりは反則。

基本的には、戦闘終了後も握手をするなど和やかな雰囲気の中執り行われるのですが、1年の鬱憤がたまっているので乱闘に発展することもしばしば(´д`)

こちらがその動画!↓

アンデスの男たちは強靱なのかどうなのか分かりませんが、子供も参加してるし、後遺症とかないのかな?

鼻が折れてでかくなっても、顎が砕けて歪んでも、『男の勲章』として、一人前の男として見られるようになるのだろうか?

とにかくちょっぴり恐ろしいイベントではある。まぁ、腹が立っている相手を思いっきりぶん殴れるというのはいいかもだけど。

でもやっぱ、出来れば話し合いで済ませたいよね〜(笑)

ワラウクルミの記事が気に入ったら
いいね!してね☆↓最新記事が届くよ◎

Twitter で
                              

    この記事のいいね!やシェアはこちら☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED ARTICLE

ドラッグのために千円以下で身体を売る女性たちの堂々巡り(イギリス)

15歳のスウェーデン人少女、気候変動に抗議で2週間も座り込みを続ける

15歳のスウェーデン人少女、気候変動に抗議で2週間も座り込みを続ける

ノルウェーのフィヨルドにある断崖絶壁の危険な絶景場所3選

ノルウェーのフィヨルドにある断崖絶壁の危険な絶景場所3選!ガクブルしまくりだわ

トイレ後はアソコに水?極限節約をするケイト橋本さんの生活ぶりに驚愕

トイレ後はアソコに水?極限節約をするケイト橋本さんの生活ぶりに驚愕

【実体験】『紀伊國屋USA』の神対応に心の底から感激!

【実体験】『紀伊國屋USA』の神対応に心の底から感激!

孤独死の現実とそれを片付ける特別清掃員たちの在り方

孤独死の現実とそれを片付ける特別清掃員たちの在り方

A little girl

アメリカには児童誘拐警報システム「アンバーアラート」がある!

2 top

南北首脳会談で見せた北朝鮮の急転換とこれまでの朝鮮半島の歴史

インドのカラーパウダー祭り「ホーリー祭」

カラフルでちょい危険なインド『ホーリー祭』の時期や場所、注意点のまとめ!

再就職者にスーツやヘアーカットを無料で提供する活動を続ける団体

再就職者にスーツやヘアーカットを無料で提供する活動を続ける団体を称賛したい!

ベトナムで死後3年に遺骨を掘り出して洗う『洗骨葬』が未だにある

ベトナムで死後3年に遺骨を掘り出して洗う『洗骨葬』が未だにある

トイザらスの衰退と廃墟になっていくショッピングモールのまとめ

ワシントン州のハイキング

ワシントン州の山でハイキング!シアトル観光のついでにいかが?

外国人が驚き感動した日本文化の写真41選!こんなの他の国にはない!!