ワラウクルミ

究極の自己表現『眼球タトゥー』と身体改造を追求し続ける人々

眼球タトゥー

日本で『タトゥー』、すなわち『入れ墨』と言えば、893屋さんの代名詞であることからか悪いイメージの方が強いですね。みなさんもご存じのように日本の温泉施設では、大きな入れ墨を入れていると入浴することができないところもあります。

ところが、海外ではタトゥーがれっきとした『ファッション』として位置づけられています。私の知り合ったアメリカ人の何人かだけでも、体のどこかに小さなタトゥーを入れていました。それらは、相手を威嚇するという意味ではなく、何かの記念や象徴だったり、自分の好きな動物や言葉などを体の目立たないところに小さく入れているだけでした。

タトゥー

 

しかし、人々のファッションへの飽くなき追求は、『眼球へのタトゥー』というものさえも生み出してしまいます。

今回は眼球タトゥーについてと、様々な形で身体改造することで個性を追求し続ける人々についてまとめてみました。

※初めに申し上げておきますが、今回はショッキングな写真をたくさん掲載しておりますので苦手な方は閲覧をお控えください。

thumbnail photo by David Dobrik

眼球タトゥーとは?

簡単に説明すると、白目の部分に色をつけることです。2007年頃からアメリカを中心に、ブラジルやヨーロッパの一部のタトゥーアーティストの間で流行し始めました。

眼球を正面から見たとき、茶色く見える部分が『虹彩』で、そこを覆っている透明な部分が『角膜』です。

その周りを取り囲んでいる『白目』の部分は、表面にぶよぶよとした透明な『結膜』があり、その奥に白くて硬い『強膜』があります。

結膜と強膜はゆるくくっついているだけで、その2層の間には隙間があります。この隙間の部分に、色付きの液体を流し込んだり、結膜や強膜の一部に色素を注射することを『眼球タトゥー』と呼ぶようです。

眼球タトゥーphoto by GMA Public Affairs

眼球に色を付けるということ自体は新しい考えではなく、元々は怪我やトラコーマなどの感染症にかかったことで黒目(角膜)が白く濁り、見た目が悪くなった人のために角膜に墨を入れる『点墨(てんぼく)』として用いられてきました。

眼球タトゥーphoto by GMA Public Affairs

それが、まさかファッションとして使われるようになるなんて・・・・・・時代は変わり続けるものですね。

肝心の施術方法なのですが、道具は、インクを入れ消毒された細い注射器が使われます。

インクは、天然の墨汁が一番安全だと言われているのですが、眼球タトゥーをする人の多くは黒色だけでは満足しません。多くの人は、目に安全かどうか分からないインクを生理食塩水で薄めて白目に注入していきます。

ネット上には、施術前にまばたきや眼球の移動を押さえるために麻酔をし、1日に片方の眼球に30回前後、注射針を刺してインクを注入し、それを2〜3日かけてゆっくり施術するという情報が多数あります。

眼球タトゥーphoto by GMA Public Affairs

しかし、こちらの投稿してから間もなく、上に添付した写真のHarukiさんからご連絡を頂き、

「施術に両目で10〜15分しかかからず、眼球の上下左右に1度ずつ、計4回注射針を刺すだけで済んだよ。今のところ日本人でやったのは自分だけのようです。ピンクや黄色などの明るい色を入れる場合は、計5回注射針を刺す必要があるそうです。最初の2日間は目がパンパンに張れますが、目の治癒機能は早いので4日もすれば完治しちゃいますよ!」

とわざわざメールで教えて下さいました。Harukiさん、本当にありがとうございましたm(_ _)m

施術方法に関しては、実際に自分が行ったわけではないのではっきりしたことは分かりませんが、どちらにしても施術の怖さに変わりはありませんねf^_^;)

眼球タトゥーによる合併症の危険性もいくつかあるようなのでご紹介しておきます。

合併症の危険性

  1. 視力の低下
  2. 霧視(視界がぼやける)
  3. 眼圧があがる
  4. 頭痛のような激しい痛み
  5. 失明!
  6. 感染症による命の危険!!

・・・・・・臆病者の私には到底無理なファッションですf^_^;)

眼球タトゥーphoto by Tattoo World

眼球タトゥーは、まだまだ新しい試みなので、長期的に目の中にインクがあるとどうなるのかは解明されていません。つまり安全性はほとんど補償されていないのです。施術された方々が後悔しないような結果になるといいのですが・・・・・・(-_-;)

当然のことながら、日本の美容外科クリニックでは、眼球タトゥーの施術を行っているところはないようですね。もし私もやってみたいという方がいらっしゃるのであれば、海外へ出向いて下さいね( ̄^ ̄)ゞ

眼球タトゥー失敗で苦しんだキャット

カナダに住むキャット・ガリンガー(Catt Gallinger)は、身体改造モデルとして活躍していました。

キャット・カリンガーphoto by Inside Edition

彼女はこれまで体中のあらゆる場所にタトゥーを入れ、施術で舌先を蛇のように2つに分けたスプリットタンなど、自分の体を自分の意思でデザインしていました。

そんな時、当時付き合っていた身体改造アーティストの彼氏が、キャットに眼球タトゥーをやってみないかと持ちかけます。

付き合ってまだ1ヶ月の彼氏でしたが、彼の作品をキャット自身も評価しており、彼が以前にも眼球タトゥーを施術したことがあると言ってきたことを鵜呑みにし、キャットはその申し出を受け入れてしまいます。

彼はキャットの眼球に麻酔をしたのち、ためらうことなく紫色のインクが入った注射針をキャットの眼球に刺し、インクを注入しました。

先ほども説明したとおり、注射針は消毒された細いものでなくてはならず、インクも生理食塩水で薄めてなくてはなりません。インクも結膜と強膜のあいだに入れなければなりません。

にもかかわらず、キャットの彼氏は、インクを薄めず、ろくに消毒していない太い注射針で、強膜の奥まで針を差し込み、眼球の上下、たった2回でインクを一気に注入したのです。

キャット・カリンガーphoto by Inside Edition

彼女の白目は紫色に染まりはしたものの、当然のことながらみるみる腫れだしました。キャットは彼氏に、「大丈夫なの?」と尋ねると、彼は「普通のことだから心配ないよ」と軽く答えたのです。

キャット・カリンガーphoto by Inside Edition

キャット・カリンガーphoto by Inside Edition

しかし、日を追うごとに視力は弱まり、痛みと腫れは増していきます。眼球タトゥーを施術してから間もなく、キャットの彼氏は突然、彼女に別れを申し出てきます。「おそらく自分の失敗を認めたくなかったんでしょう」とキャットは述懐しています。

その後、彼女は故郷の病院で治療を受け、自分のような被害者を出さないためにソーシャルメディアに自分の近況を報告したところ、批判が相次ぎ、彼女は心を病んでしまいました。体重も極端に減り、モデルの仕事も辞めざるを得ませんでした。

しかし、母親の助けもあり、現在、彼女の目は少しずつ回復しつつあるようで、モデルの仕事も少しずつですが再会し始めたようです。本当に良かった!

エイリアン姫と呼ばれたグレース

グレース・ニュートラルphoto by i-D

イギリス在住のグレース・ニュートラル(29歳)も、身体改造アーティストの一人として活躍しています。

彼女もキャット同様、体の至る所にタトゥーを入れ、舌をスプリットタンにしています。さらに、おへそを手術で除去してつるつるのお腹にし、耳先を手術で妖精のようにとがらせ、耳たぶをそぎ落とし、鼻の両脇に大きな穴を開け、顔に模様のような傷を入れたのです。

グレース・ニュートラルphoto by i-D

(おへそがなくなったグレースのつるつるのお腹↓)

グレース・ニュートラルphoto by i-D

そんなグレースでさえも、眼球タトゥーは長いあいだ敬遠してきました。しかし、身体改造を追求するため、彼女は優秀な施術医を探し出し、遂に紫色の目を手に入れたのです。彼女はSNSで多くのフォローワーを持っており、その容姿から『エイリアン姫』と呼ばれるようになったのです。

現在、グレースはモデルとして活躍する傍ら、タトゥーの施術師としても人気なようです。

グレース・ニュートラルphoto by i-D

グレースが、身体改造を始めたのは21歳の時。彼女は、幼少期から青春時代にかけて孤独のどん底にいました。
(身体改造の歴史をまとめたアルバムを記者に嬉しそうに見せるグレース↓)

グレース・ニュートラルphoto by i-D

「誰もが私のようなルックスになりたいとは思わないだろうけど、自分の体を変えていくことが、唯一、自分の心を満たすことができるんです」

トトロなどのたくさんの人形に囲まれている彼女は、誇らしげにそう語っています。

グレース・ニュートラルphoto by i-D

私自身は、このような美的感覚はまるでないので、一生タトゥーを入れることはないとは思いますが、それでもこうやって色々な方法を使って自分を表現しようとするということは大いに理解できます。

ただ、彼女たちが体をいじりすぎることで健康被害がないか、それだけが心配です。どのような形でもいいので、彼ら、彼女らなりの人生を駆け抜けていってもらいたいですね。

ワラウクルミの記事が気に入ったら
いいね!してね☆↓最新記事が届くよ◎

Twitter で
                              

    この記事のいいね!やシェアはこちら☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 この記事のコメント

  1. いえいえ、当然のことをしたまでです。Harukiさん、応援ありがとうございます!これからもワラウクルミをよろしくお願いしますm(_ _)m

  2. Haruki yamamoto より:

    更新ありがとうございます。 配慮してもらって嬉しいです。
    これからも面白い記事を日本人に発信してくださーい!

  3. Harukiさん、いただいた情報をもとに記事を再編集させて頂きました!よろしければご確認下さいm(_ _)mまた変な箇所がありましたすぐに変更対応させて頂きます。

    よろしくお願いします( ̄^ ̄)ゞ

  4. Harukiさん、本当に丁寧なご返答ありがとうございます!写真の承認もありがとうございますm(_ _)m
    いただいた情報を踏まえた上で、投稿に追記させて頂きます。本当にありがとうございました◎
    これからもワラウクルミをよろしくお願いします( ´▽`)

  5. Haruki yamamoto より:

    写真載せたままで大丈夫ですよ! まだ日本人は自分一人だけど、これから徐々に出てくると思います!
    知り合いで施術してるひと何人かいます。 いずれにしても10、15分で終わりますが、ピンク、黄色などの明るい色を入れる場合は5針ずつ必要な場合があるそうです。  目は治癒機能も早く、4日すれば完治しちゃいます! でも最初の二日は目がパンパンに張れます・・・。
    参考になれば嬉しいです。  

  6. Harukiさん、コメントありがとうございます!なるほど、Harukiさんの場合は上下左右一回ずつで終わりだったんですね。書き足そうと思いますが、写真は載せたままで大丈夫ですか?

    よろしければこのような文章を追加したいのですが大丈夫ですか?

    『ちなみに、こちらの写真のHarukiさんは、「施術に両目で10分しかかからず、眼球の上下左右に1度ずつ、計4回注射針を刺すだけで済んだよ」とわざわざメールで教えて下さいました。施術方法に関しては、実際に自分が行ったわけではないのではっきりしたことは分かりませんが、どちらにしても施術の怖さに変わりはありませんねf^_^;)』

    ご返答よろしくお願いしますm(_ _)m

  7. Haruki yamamoto より:

    あ、自分の写真乗ってるw
    これ、一般のタトゥーと手術法が違うから針何度もブスブスする必要無いよ! 
    インクは注射式で眼球の上下左右に針を一回づつ刺して完成!   ほかの記事でも眼球に何十回も針ブッさすって誤報が乗ってたので書きましたー!
    「1日に片方の眼球に30回前後、インクを注入し、2〜3日かけて施術します。」ってのも嘘です!完全に嘘です、 両目10分で終わります。  因みに自分は5番目の写真の本人です。(GMAの写真)

気軽にコメントしてね♫(名前やメアドは別に記入しなくてもOK)

関連記事はこちらw(*゚ロ゚*)w

日本で見かけないアメリカのホームレスたちの『物乞い』について

日本で見かけないアメリカのホームレスたちの『物乞い』について思ったこと

ゼルダ

ドラマ「ゼルダ〜すべてのはじまり〜」墜ちてゆく現実の先は・・・

ニコ生『ゆゆうた兄貴』のピアノテクニックが感動するほど凄すぎて草

ニコ生『ゆゆうた兄貴』のピアノテクニックが感動するほど凄すぎて草www

アメリカで最初の人間国宝「デイル・チフーリ」のガラス彫刻の美しさに絶句!

短編小説自動販売機

短編小説がレシート式で出てくる自動販売機がフランスの都市のいたる所で!

英語も知らない盲目のフィリピン女性の歌う洋楽に鳥肌が止まらん

英語を知らない盲目のフィリピン女性の歌う洋楽に鳥肌が止まらん!絶対聴いて!!

restaurant

知っておくべきアメリカのレストランでのマナーと英語フレーズ一覧

ロシア人兄妹の作るケーキがまるでおとぎ話の魔法の宝箱のように美しい!

ロシア人兄妹の作るケーキがまるでおとぎ話の魔法の宝箱のように美しい!

walnut

東京・井の頭公園。私のワラウクルミがまだそこにあったときに

『アナと雪の女王』の曲をGoogle翻訳で変えて歌ったらとんでもないことに!

『アナと雪の女王』の曲をGoogle翻訳で変えて歌ったらとんでもないことに!

風力で動く「ストランドビースト」の制作者、テオ・ヤンセン

芸術家「テオ・ヤンセン」の風力で動く『ストランドビースト』の造形美!

ハロウィーン衣装を毛糸で手作りしちゃう母!クオリティー高すぎワロタ

ハロウィーン衣装を毛糸で手作りしちゃう母!クオリティー高すぎワロタ!!

失敗&奇妙なタトゥー写真

ちょっとやらかしちゃった的な失敗&奇妙なタトゥー写真35選!

トイザらスの衰退と廃墟になっていくショッピングモールのまとめ

a skater boy

渡米前に知っておきたいアメリカの車での注意点や交通ルール!

シロイルカが人魚のよう

船乗りたちがシロイルカを人魚と見間違ったのかも!その理由は脇腹の贅肉に

シャンデリア

「Chandelier(シャンデリア)」Sia(シーア)からの個人的な小話

trash

このままでは地球がゴミで埋め尽くされる?アメリカと日本のゴミ事情