ワラウクルミ

3本指の手足をもつエイリアンのようなミイラがペルーで発見される!

ペルーでエイリアン発見か?

「ナスカの地上絵」で有名なペルーのナスカで昨年、3本指の手と足を持つ奇妙な女性のミイラが発見されました。これは、墓荒らしによってたまたま発見された物でした。

「マリア」と名づけられたそのミイラは、その見た目から「これはエイリアンだ!」と大きな話題となったのです。

しかし、イギリスの研究者たちは、最新のDNA解析と放射性炭素年代測定法を用いて徹底的に調査を行いました。

その正体とは一体何だったのでしょうか?

thumbnail photo by Gaia

98.5%は人間の遺伝子だったミイラ

photo by Gaia

今回、DNA解析を行ったのは、研究者で映像作家でもあるイギリスの超常現象研究団体「MapIt」の会長、スティーブ・メラ氏(Steve Mera)です。

マリアの頭蓋骨は奇妙な形をしており、耳は欠如し、3本指の手と足は長く伸びている。人間の身体的特徴とは大きく異なります。

photo by Gaia

しかし、ちゃんと人間と同じように指紋があり、マリアの遺体は通常のミイラ処理と同じようにちゃんと内蔵を抜かれていたのです。

photo by Gaia

彼らの調査団は、最新のDNA解析と放射性炭素年代測定法による調査を行いました。

その結果、マリアは約1,800年前のミイラで、遺伝子が98.5%「霊長類」、すなわち人間に似ていることが判明しました。しかし、残りの1.5%はよく分からない遺伝子構造です。

このミイラはヒトの新種かもしれない

photo by Gaia

実は、発掘された際、マリアの他にもいくつかの奇妙な3本指のミイラが発見されたのですが、それらはすべて動物の骨などで作られた偽物のミイラだったことが判明しています。

しかし、マリアだけは違ったのです。

スティーブ氏は、「マリア」は私たちの知らない前の新しい人間の種かもしれないと考えています。

photo by Gaia

しかしながら、マリアの大きな眼窩や長い指は、剥製師の手によって変えられた可能性もあり、頭蓋骨も幼少期から小さなかぶり物などで引き伸ばされたのではないかとスティーブ氏は見ています。

それでも、水平の皮膚隆線、耳の欠如、大きな犬歯などの特徴は本物だとしている。

photo by Gaia

「この発見は、歴史書を永遠に書き変えることになるかもしれない。マリアは、21世紀でもっとも重要な発見になるでしょう」とスティーブ氏は語っています。

エイリアンではない

スティーブ氏たちの調査後、マリアは地元ペルーのクスコにある「インカリ研究所」に引き渡されました。

インカリ研究所の理事長を務めるテリー・ジャミン氏(Thierry Jamin)は、マリアは人間とエイリアンとの交配種ではないかと考えていますが、スティーブ氏はこの主張を否定。

スティーブ氏は、最後にこう語っています。

「謎のミイラ、マリアは『地球外の起源がある』という非科学的な主張を反証するべく、今回の調査を行いました。結果、彼女の大きな体以外は反証できたと考えています」

スティーブ氏の研究チームは、現在ナスカ市長と交渉し、マリアをナスカの博物館に移すための手続きを進めているようです。

ワラウクルミの記事が気に入ったら
いいね!してね☆↓最新記事が届くよ◎

Twitter で
                              

    この記事のいいね!やシェアはこちら☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED ARTICLE

カブトガニの青い血液

カブトガニの青い血が私たちの命を支えている一方で生態系への懸念も

英2歳児殺人事件描いた映画を製作するも当事者家族に連絡せず問題に

英2歳児殺人事件描いた映画を製作するも当事者家族に連絡せず問題に

現代の便利なウェブツールたちを1980年代の物にすり替えるとこうなった

現代の便利なウェブツールたちを1980年代の物にすり替えるとこうなった!

韓国と北朝鮮の代表

日本はこれから朝鮮半島とどう向き合うべきか?賠償金・謝罪の義務は?

アメリカで60年代に流行ったふんわりブフォントヘアー写真集10選

アメリカで60年代に流行ったふんわりブフォントヘアー写真集10選

トランプ大統領がホワイトハウスに歴代大統領と談笑する自画像を飾っていると話題に!

トランプ大統領がホワイトハウスに歴代大統領と談笑する自画像を飾っていると話題に!

周囲の耳を気にせず電話が出来るスマホ用ボイスマスク『Hushme』が開発中だぞ!

周囲の耳を気にせず電話が出来るスマホ用ボイスマスク『Hushme』が開発中だぞ!

自殺幇助マシーン「サルコ」

1分で苦痛のない死を迎えられる自殺幇助マシーンがオーストラリアで発表される

仏像の中にミイラが

仏像をCTスキャンしてみたら、1100年前に死亡した高僧のミイラが発見される

カンボジアで貴重な食料、タランチュラ

カンボジアの人たちの貴重な栄養源はまさかの「タランチュラ」!

suicide

沖縄『チビチリガマ集団自決』の歴史と少年たちの身勝手な行動

マジにアイアンマンじゃん!?ジェットスーツで人が空を飛べるぞ!マジにアイアンマンじゃん!?ジェットスーツで人が空を飛べるぞ!

マジにアイアンマンじゃん!?ジェットスーツで人が空を飛べるぞ!

2 top

南北首脳会談で見せた北朝鮮の急転換とこれまでの朝鮮半島の歴史

ジャターユ

ヒンドゥー教の聖典に登場する世界最大の鳥の王の彫刻がすごい!