ワラウクルミ

犬のようにしつけられ家の中でペットとして暮らすミニロバくん

家畜小屋で、ある日見つけられたミニロバのタイニーくん。名前のTinyは、ものすごく小さいという意味で、最初に彼を見つけたときは猫くらいの大きさだったのだそう。

それからペットとして家の中で飼われはじめたタイニーくんは、トイレやスピンなどまるで犬のようにしっかりしつけられすくすくと成長◎

「ミニロバのしつけは、犬よりも簡単だったわ」

と話す飼い主の女性。

タイニーくんは、何よりも枕たたき(ピローファイト)が大好き!お父さんはおそらく渋々ながらタイニーくんと枕たたき合戦をやっているようだ(笑)

こちらがタイニーくんの動画!↓

リス氏

リス氏
ミニロバって言っても、大きくなるとやっぱ大型犬くらいあるな〜。
ワラウクルミ

ワラウクルミ
小さかったときのタイニーくんが懐かしい。もうTinyじゃないね(笑)
                              

    この記事のいいね!やシェアはこちら☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED ARTICLE

シロナガスクジラが大量のオキアミを一口で食べる映像が豪快過ぎた!

シロナガスクジラが大量のオキアミを一口で食べる映像が豪快過ぎた!

人気ゲーム『PUBG』や『フォートナイト』を実写化した動画が完成度高すぎ!

人気ゲーム『PUBG』や『フォートナイト』を実写化した動画が完成度高すぎ!

スーパーマリオの音楽をピアニカで完璧に演奏する二人組が楽しすぎる!

スーパーマリオの音楽をピアニカで完璧に演奏する二人組が楽しすぎる!

エアロスミスがあの名曲「Walk This Way」をおもちゃの楽器で演奏

エアロスミスがあの名曲「Walk This Way」をおもちゃの楽器で演奏!これ...

純粋な子供たちの予測のつかない行動に衝撃を受けるオモシロ写真

純粋な子供たちの予測のつかない行動に衝撃を受けるオモシロ写真42選

絶滅に瀕しているウミガメために2年半で1万トンもの浜のゴミを拾った結果

絶滅に瀕しているウミガメために2年半で1万トンもの浜のゴミを拾った結果・・・

アメリカで60年代に流行ったふんわりブフォントヘアー写真集10選

アメリカで60年代に流行ったふんわりブフォントヘアー写真集10選

大きすぎたことで捨てられたポメラニアン犬がまるでパディントンのよう!

人間と対等にジェンガをする超絶賢い犬の冷静なプレーがすごすぎる!

人間と対等にジェンガをする超絶賢い犬の冷静なプレーがすごすぎる!

数千匹のゴキブリを飼う女の子

数千匹のゴキブリをペットとして飼っている少女に驚愕!家中ゴキブリ!

生中継中に鼻血を垂れ流しながらも解説を続けるアナウンサーのプロ根性がすごい!

生中継中に鼻血を垂れ流しながらも解説を続けるアナウンサーのプロ根性がすごい!

マドンナのCDアルバムを犬と一緒に忠実に再現したフォトグラファー

マドンナのCDアルバムを愛犬と一緒に忠実に再現した写真家の男性!