ワラウクルミ

子を持つ母親の苦悩を描いた漫画にママ達の共感集まる!主婦はツラいのだ

子を持つ母親の苦悩を描いた漫画にママ達の共感集まる!主婦はツラいのだ

世の中には、未だに母親業がどれほど大変かということを理解していない人たちがいくらか存在する。

そんな主婦や母親の苦悩を描いた漫画に多くのママ達から共感が集まっているぞ!

福井県で介護士として働きながら三人の娘の子育てをしているu.mamatoさんは、定期的に自身が書いた漫画をInstagramに投稿しており人気を集めている(*´ω`)

そんなu.mamatoさんの母親として、また介護士としての苦悩を描いた漫画を今回は紹介しよう。

いやほんと、いいかげん『主婦=仕事』という考え方を定着させません?

漫画集「子を持つ母親の苦悩」

#1.子供の勘違い

 

photo by u.mamato

年齢相応でお腹が出てきてしまうのは致し方ないこと(;・∀・)

#2.あなたはいいわよね

photo by u.mamato

飲み会も大事なのかもしれないが、妻が体調不良の時くらい気遣った行動をしようではないか、男性諸君∠( ̄◇ ̄)

#3.調理係の苦悩

photo by u.mamato

晩御飯の後で大学いもを作るなんて、凄すぎるでしょ(;゚Д゚)ワタシナラ、コトワル(笑)

#4.「イイなぁ!」の残酷さ

photo by u.mamato

悪気はないのだよ……悪気は……。

#5.更年期障害

photo by u.mamato

更年期障害って結構つらいらしいから、本当にお母さんがなったら周りにいる家族は支えてあげようね~。

#6.新品のジャージ

 

photo by u.mamato

あぁ……正直、自分もやりかねない、これ(笑)気を付けよう(~_~;)

#7.母のように

photo by u.mamato

旦那よ、子供へのそのフォローはないだろう(笑)

漫画集「介護士として働く母親の苦悩」

#8.トイレ誘導の時間

 

 

photo by u.mamato

振り払えない汚染。介護士さんってほんとすごいよな~。

#9.可愛げのない老人

photo by u.mamato

こういう老人って確かにいるな~。

#10.男性職員の女性の好み

photo by u.mamato

失礼な野郎だな、ほんと(=_=)

 

u.mamatoさんの漫画はいかがだっただろうか?

ワラウクルミの運営者である私は結構長く主夫をやっているのだが、とにかく忙しい(;・∀・)

ウェブサイト運営をしながら、洗濯、掃除、料理、買い物と家事をする。本当に休んだのはいつだろう?(笑)それでも仕事も家事も正直かなり楽しめている。

すべては家族のためだ!

…っと私の個人的な話はさておき、多くの主婦・母親をしている方々は周りの人が考えているよりもせわしない日々を送っている。

もし、あなたが一家の稼ぎ手であるならば、家の面倒を見てくれている人に感謝の気持ちと、できれば時々家事を手伝ってあげるべきだ∠( ̄◇ ̄)

夫婦円満は小さなことから生まれるはずだから◎

画像提供:u.mamato | Instagram

↓この記事のいいね!やシェアはこちら☆↓
                              

RELATED ARTICLE

トイレ後はアソコに水?極限節約をするケイト橋本さんの生活ぶりに驚愕

トイレ後はアソコに水?極限節約をするケイト橋本さんの生活ぶりに驚愕

無くしたぬいぐるみが冒険して帰ってきた

空港職員の粋な計らいで、少女の無くしたぬいぐるみが冒険して帰ってきた!

白石聖主演!LINEのクリスマス動画「何百通ぶん、好きです。」に心が震えた

白石聖主演!LINEのクリスマス動画「何百通ぶん、好きです。」に心が震えた

ゼルダ

ドラマ「ゼルダ〜すべてのはじまり〜」墜ちてゆく現実の先は・・・

全身火傷を負い、夫に見棄てられながらも強く生きる女性

全身火傷を負い、夫に見棄てられながらも強く生きる女性に勇気づけられた

大人しそうな子を脱がせていじめようとするが、そこから現れたものは...

大人しそうな子を脱がせていじめようとするが、そこから現れたものは...

歯医者へ行かず10年間、瞬間接着剤で前歯を接着し続けた女性

歯医者へ行かず10年間、瞬間接着剤で前歯を接着し続けた女性

唇を母親に噛みちぎられたロシア人少女、養子に迎えられるも9歳で急死

唇を母親に噛みちぎられたロシア人少女、養子に迎えられるも9歳で急死

派遣任務にあたっていた米兵夫が出産し終えた妻の元へサプライズ登場!

交通事故が原因で視力と記憶、美貌を失ってしまったロシア人女性の悲劇

交通事故が原因で視力と記憶、美貌を失ってしまったロシア人女性の悲劇