ワラウクルミ

タイの異色な純白寺院「ワット・ロンクン」の美しさと地獄絵図の彫像群

タイの異色な純白寺院「ワット・ロンクン」の美しさと地獄絵図の彫像群

タイにある純白寺院「ワット・ロンクン」が、今、タイの観光名所の1つとなっています!

「ホワイト・テンプル」とも呼ばれるその美しい寺院は、タイの前衛芸術家が手がけており、現在も増築中とのこと。

ぱっと見、白く輝く美しい寺院ですが、中にはたくさんのおどろおどろしい彫像群や現代のポップカルチャーキャラクターが存在しています!芸術家の伝えたいこととは、一体何なのでしょうか?

今回は、異彩を放つ美しい白い寺院「ワット・ロンクン」についてご紹介します◎

thumbnail photo by Alex Kovacheva

純白寺院「ワット・ロンクン」とは?

photo by Maxim B.

「ワット・ロンクン(Wat Rong Khun)」は、タイ王国北部のチエンラーイ群にある、タイの伝統芸術と超現実主義芸術をふんだんに取り入れた仏教寺院です。

photo by Alex Kovacheva

国外では、「ホワイト・テンプル(White Temple)」の名でよく知られており、元画家でアーティストのチャルムチャイ・コーシッピパットさんが1997年からデザインをしています。

photo by Alex Kovacheva

歴史的には浅い寺院ですが、最近ではチェンマイからチェンライ間の観光名所の1つとなっているようです!

photo by Alex Kovacheva

チャムルチャイさんは、タイの伝統芸術や文化を大切にしつつ、既成概念を打ち砕くことの大切さをワット・ロンクンに込めているそうです。それは、強烈なパワーで見る者を圧倒していきます。

photo by 士航 魏

タイの寺院や仏像は、金色・黄金で作られるのが一般的ですが、チャルムチャイさんは、白をふんだんに使って仏陀の清浄さや、宇宙をくまなく照らす光をイメージしているそうです。

輪廻転生の橋と血の池地獄

photo by Alex Kovacheva

しかし、その美しい白さとは反面、「ワット・ロンクン」本堂の前には、下から這い出てくるように伸びた無数の手が広がっています。その中で苦悶の表情を浮かべ、もみくちゃになってる人の顔もあります。

photo by Alex Kovacheva

本堂正面には「輪廻転生の橋」がかかっており、その下に広がっているのは「血の池地獄」をイメージしているんだそうです。

photo by Alex Kovacheva

photo by Alex Kovacheva

無数の手は、物欲や金銭、色欲に取り憑かれ地獄に落ち、そこから救いを求めている人々の手なのです。

photo by Alex Kovacheva

photo by Alex Kovacheva

photo by Alex Kovacheva

photo by Alex Kovacheva

photo by Alex Kovacheva

スポンサーリンク

伝統芸術とポップカルチャーの融合

橋の両脇に立つのは、闇と死を支配するヒンドゥー教の魔神。巨大な立ちを振り上げる魔神たちは、天国への門番を司っています。

photo by Alex Kovacheva

photo by Alex Kovacheva

photo by Alex Kovacheva

その先には、優しい面持ちで苦難を乗り越えた人々を迎える観音様の姿もあります。

photo by Alex Kovacheva

そして、本殿内部の壁面には、スーパーマンやバットマン、プレデター、マトリックス、さらにはドラえもんやウルトラマン、悟空、セーラームーンまで、ありとあらゆる現代のポップカルチャーキャラクターたちが描かれています。

photo by J

photo by Great Big Story

photo by Great Big Story

彼は、この寺院を人々が仏陀の教えを学び、そして瞑想する場所にしたいと考えています。

photo by Alex Kovacheva

大地震でダメージを被るも修復!

2014年5月には、寺院のある地域を大地震が襲い、ワット・ロンクンも大きなダメージを受けましたが、その後、無事に修復しています。

photo by Alex Kovacheva

リス氏

リス氏
これも彫像ということだが、いったい何をイメージしてるんだ?タイのアイアンマンで「タイアンマン」か?
ワラウクルミ

ワラウクルミ
もしくは、「アンパンマン」かも!
リス氏

リス氏
確かに語呂はぴったり合ってるけどよ(-_-;)

「ワット・ロンクン」は現在も建設中で、最終的には、塔や庵などを含めて9つの建物を作る予定だそうです。しかし、今のところ完成予定は未定とのこと。なぜなら、チャムルチャイさんのアイデアはどんどん膨らみ続け、芸術家魂に終わりがないからですf^_^;)

この異彩を放つ純白寺院「ワット・ロンクン」は、なんと入場料が無料!タイ旅行を考えている方は、是非、白の寺院を訪ねてみてね!!

ワラウクルミの記事が気に入ったら
いいね!してね☆↓最新記事が届くよ◎

Twitter で
                              

    よかったらこの記事のシェアをよろしくね☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

気軽にコメントしてね♫(名前やメアドは別に記入しなくてもOK)

関連記事はこちら(*`ロ´ノ)ノ

ウェイトレスが銃を携帯するバーガーショップ!町の名前は「ライフル」

見返りを求めないGive&Giveのアートイベント「バーニング・マン」

見返りを求めないGive&Giveのアートイベント「バーニング・マン」とは?

子供時代をゴミ屋敷で暮らすことはどういうことかを教えてくれる写真たち

子供時代をゴミ屋敷で育った写真家が制作した写真が教えてくれること

flying

私が海外移住で気づいた日々の生活で無駄なものたちについて

ワシントン州のハイキング

ワシントン州の山でハイキング!シアトル観光のついでにいかが?

バスを家に改造した女性

1966年式のレトロなバスを、超オシャレな動く家に改装した女性!

スペイン「ラ・トマティーナ」がカオスすぎる

スペインのトマト投げ祭り「ラ・トマティーナ」があまりにカオス過ぎ!

a skater boy

渡米前に知っておきたいアメリカの車での注意点や交通ルール!

ジャターユ

ヒンドゥー教の聖典に登場する世界最大の鳥の王の彫刻がすごい!

ゴキブリだらけのゴミ屋敷を家ごと燃やす消防士たち

家中ゴキブリだらけのゴミ屋敷をそのまま家ごと燃やしちゃう消防士たち

インドのカラーパウダー祭り「ホーリー祭」

カラフルでちょい危険なインド『ホーリー祭』の時期や場所、注意点のまとめ!

seattle

ワシントン州・シアトルの歴史やおすすめの観光地をご紹介!

新潟市で稲わら芸術を展示する「わらアートまつり」に行ってみたくなった!

8億円のファンタジーな雰囲気の豪邸

超ファンタジーな雰囲気の豪邸がたったの8億円で絶賛販売中!オレゴン州

スポンサーリンク