ワラウクルミ

母に首を咥えられた瞬間に無気力になるホワイトタイガーの子供の反応が可愛すぎた

母に首を咥えられた瞬間に無気力になるホワイトタイガーの子供の反応が可愛すぎた

静岡県賀茂郡にある伊豆アニマルキングダムで、Twitterユーザーのトラなお(@tra_nao)さんが撮影したホワイトタイガー親子の映像が話題となっている!

1年半ほど前に撮影された映像には、当時生まれたばかりの双子のホワイトタイガーの子供、アールとグレイ(両方とも女の子)、そして母親のシロップが写っている。

動画の冒頭、双子のどちらかが家族から離れて散歩に出かける。

それを見た母親のシロップは、子供の後ろを追いかけ始め、↓

photo by トラなお

子供の首を咥えて捕まえようとする。↓

photo by トラなお

でも、子供のホワイトタイガーはまだやんちゃ盛り!

「いやだ〜。もっと遊ぶ!」とばかりに、なんとかして母親の口から逃れようとするのだが・・・・・・、↓

photo by トラなお

母に首を咥えられた瞬間・・・・・・、

 

子供は一気に無気力状態に!

 

photo by トラなお

まるで脱力スイッチか何かを押されたかのように、子供ホワイトタイガーはなされるがままとなってしまったのだ(笑)↓

photo by トラなお

そんな動画がこちら( ̄^ ̄)ゞ↓

リス氏

リス氏
元気に走り回っていたのに、咥えられた瞬間、体の力が全部抜けたなw
ワラウクルミ

ワラウクルミ
特に顔の表情の脱力感がものすごかったね〜。

こちらは無気力スイッチじゃないパターン。双子の片方は、姉妹が連行される様子を岩の上から大人しく見ている(笑)↓

かなり小まめに子供たちを運んでいた母親のシロップだが、どうやら初産だったようで、それもあって子供が離れていってしまうのをあんなに心配していたのだろう。

photo by トラなお

そんなアールとグレイの姉妹は、2020年3月に「姫路セントラルパーク」へのお引越しをしたとのこと。

今ではこんなに大きくなってるぞ(*´艸`)↓

photo by 伊豆アニマルキングダム

ちなみにホワイトタイガーはインドに生息するベンガルトラの白変種で、アルビノ(先天性白皮症)とは違った白化型。

正式名は「ベンガルトラ白変種」という。

かつてはインド北部や中東部に数頭いたと言われているが、トラ全体の数が減ってしまった現在では全世界でも250頭あまり。

日本国内には35頭ほどしかいない希少種で、飼育下でしか目にすることができない。

全世界の250の内の35なら、日本はかなり多くのホワイトタイガーの飼育に成功していると言えるだろう。

日本では、今回紹介した「伊豆アニマルキングダム」、そしてアールとグレイが引っ越した「姫路セントラルパーク」の他にも11の動物園でホワイトタイガーに出会える。

気になった方はチェックして、ぜひホワイトタイガーに会いに行ってみてね(*´艸`)

動画提供:トラなお(@tra_nao

↓この記事のいいね!やシェアはこちら☆↓
                              

RELATED ARTICLE

【よっこいしょ!】グリズリー観察に来ていた男の隣に熊が座り込む映像

【よっこいしょ!】グリズリー観察に来ていた男の隣に熊が座り込むだと!?

食品用ラップの透明の壁に果敢に立ち向かう猫の姿が可愛すぎた♡

食品用ラップの透明の壁に果敢に立ち向かう猫の姿が可愛すぎた♡

コロナの影響で猫もソーシャルディスタンスをし始めたぞ!きっちり等間隔で美しい

コロナの影響で猫もソーシャルディスタンスをし始めたぞ!きっちり等間隔で美しい

地球温暖化で痩せ衰え、腐った生ゴミを漁るシロクマの姿に涙が出た

地球温暖化で痩せ衰え、腐った生ゴミを漁るシロクマの姿に涙が出た

世界最大のリス「インドオオリス」のレインボーな毛皮

世界最大のリス『インドオオリス』のレインボーな毛皮と猫並みなデカさに注目!

連続写真でミサゴの狩りを撮影すると何だか猫の狩りを彷彿とさせる

連続写真でミサゴの狩りを撮影すると何だか猫の狩りを彷彿とさせる

猫とドミノ倒しのピタゴラ装置なコラボ動画が完成度高すぎで愛猫家の心を鷲掴み!

猫とドミノ倒しのピタゴラ装置なコラボ動画が完成度高すぎで愛猫家の心を鷲掴み!

男性からミルクをもらう子牛、間違って股間に強烈な突き上げをお見舞い!せめて迷えよ

男性からミルクをもらう子牛、間違って股間に強烈な突き上げをお見舞い!せめて迷えよ

狭い側溝で身動きが取れず長い間閉じ込められていた猫を人々が救出!

狭い側溝で身動きが取れず長い間閉じ込められていた猫を人々が救出!

ウクライナの2匹の犬

怪我をして線路上で動けなくなったメス犬を2日間守り続けたオス犬の愛