ワラウクルミ

1966年式のレトロなバスを、超オシャレな動く家に改装した女性!

バスを家に改造した女性

多くの人にとって、マイホームを手に入れることは一つの夢だとは思いますが、アメリカのある女性は、あるレトロなバスに一目惚れして購入し、なんとそれを素敵なキャンピングカーにしてしまったのです!

いえ。これはもはや「キャンピングカー」というよりも、むしろ「動くマイホーム」!

thumbnail photo by imgur

レトロなバスを「動く家」にすることを決意!

アメリカ、ニューヨークに住むジェシー・リプスキンさん(Jessie Lipskin)は、マイホームにあこがれる1人の女性でした。どのような家がいいか日々考えていた頃に、最近まで現役で走らせていたある中古車と出会ってしまったのです。

バスを家に改造した女性photo by imgur

それが、GMCが1966年に製造したこちらの路線バスでした。そのとてつもないレトロ感に心を奪われたジェシーさんは、すぐさまそのバスを購入。値段は1万ドル(約110万円)でした。なかなかのお値段です。

バスを家に改造した女性photo by imgur

そして、それをキャンピングカーというよりも「移動式の家」にしたいと思ったのです!

ジェシーさん自身、DIYは大好きでしたが、さすがにこの計画にはプロを雇う必要がありました。職人探しは、とても大変でしたが、ついにジェシーさんの考え方に賛同してくれる職人を見つけ出しました。

そして、ジェシーさんは、職人と車内の改装設計をしっかり立てて、工事に取りかかり始めます。

みるみるうちにバスがバスでなくなっていく!

まずは、車内をおおっている無骨な金属の内装を剥いでいきます。

バスを家に改造した女性photo by imgur

客席シートも撤去。

バスを家に改造した女性photo by imgur

入り口が車の先頭部分にしかなかったので、真ん中に大きな扉を設置。

バスを家に改造した女性photo by imgur

クローゼット部分の枠。

バスを家に改造した女性photo by imgur

断熱材を内装一面に敷き詰めていきます。

バスを家に改造した女性photo by imgur

最後部座席があった場所に、ベッドの枠を作成。

バスを家に改造した女性photo by imgur

バスを家に改造した女性photo by imgur

内装を綺麗に張り替え、キッチンも設置されました。

バスを家に改造した女性photo by imgur

本物の木を使った床が、とってもオシャレ!

バスを家に改造した女性photo by imgur

扉も綺麗になりました。

バスを家に改造した女性photo by imgur

最後に外装を綺麗に塗っていきます。

バスを家に改造した女性photo by imgur

ポリマーコーティングも塗布することで、耐熱性を上げ、サビも防ぐようにしました。

バスを家に改造した女性photo by imgur

スポンサーリンク

3年後に生まれ変わった内装がオシャレすぎる!

計画し始めて、改装工事が終わるまで3年の月日がかかりましたが、遂に完成!その変身ぶりは、目を疑うほどです!!

車内後部側。結構、広々としていますね◎やはり床が最高にカッコイイ☆

バスを家に改造した女性photo by craigslist

バスを家に改造した女性photo by craigslist

白い内装が本当に綺麗ですね!

バスを家に改造した女性photo by craigslist

バスを家に改造した女性photo by craigslist

ベッドもフルサイズマットレスなので広々!窓際にはジェシーさんの図書館を設置◎

バスを家に改造した女性photo by imgur

クローゼット。彼女が今まで住んできた中で一番広いクローゼットだそうです(笑)

バスを家に改造した女性photo by craigslist

運転席側。さすがアメリカ。キッチンの面積をものすごく広くとりますよね。料理するには、ばっちりな広さです。

バスを家に改造した女性photo by craigslist

運転席側。

バスを家に改造した女性photo by craigslist

運転席の隣にある、何の変哲もないカウチですが・・・・・・

バスを家に改造した女性photo by craigslist

横に広げると、ベッド枠に大変身!エアマットレスを置けば、さらに人が泊まれますね◎

バスを家に改造した女性photo by craigslist

バスルームのシンクと鏡。

バスを家に改造した女性photo by craigslist

シャワールーム前の脱衣場には、水はけのいいマホガニーのすのこを設置。排水は、車体下のタンクに溜まるようになっています◎

バスを家に改造した女性photo by imgur

コンロの火口も三つあり、オーブンもちゃんと完備。アメリカでオーブンがない家なんてありませんからね〜。

バスを家に改造した女性photo by craigslist

もちろん冷蔵・冷凍庫もあります。

バスを家に改造した女性photo by imgur

バスを家に改造した女性photo by imgur

実はこの「動く家」、現在絶賛販売中!

改装にかかった費用は、合計で13万ドル(約1,330万円)でした。やはり内装に7万ドル(770万円)もかけたのが大きかったですね。それでも素晴らしい「動くマイホーム」が完成しました!

バスを家に改造した女性photo by craigslist

動画もありますよ◎

バスの改装を完成させたジェシーも、この結果に大満足しているとのことです!

バスを家に改造した女性photo by imgur

しかしながら、冒険が大好きな彼女は、また新しい旅に出るためにこの「動くマイホーム」を売りに出しているそうです!価格は、15万ドル(約1550万円)で販売中!!

アメリカでは、日本のように2年に1回の車検制度がないので、余計な出費を気にしなくてもいいですね◎

日本からの購入は難しいかもしれませんが、アメリカにお住まいの方で気になった方は、こちらで詳細をご確認下さい( ´▽`)↓かなり素敵な家バスなので、もしかしたらもう売れてしまっているかもf^_^;)お急ぎを!!

1966 GMC Greyhound Commuter Bus

※2018年6月28日追記

どうやらこの家バスは売れてしまったようですね!たった1週間で売れてしまうとは!!確かに素敵な家バスでしたもんね〜。

ワラウクルミのサイトが気に入ったら
いいね ! してね(´▽`)ノ

Twitter で
                              
     

    よかったらこの記事のシェアをよろしくね☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

気軽にコメントをして下さいね♫

スポンサーリンク

関連記事はこちら(*`ロ´ノ)ノ

walnut

東京・井の頭公園。私のワラウクルミがまだそこにあったときに

9000体ものバービー人形のコレクションを持つ男性

世界一「バービー人形」を集めた男性のコレクションはなんと9000体!

失敗&奇妙なタトゥー写真

ちょっとやらかしちゃった的な失敗&奇妙なタトゥー写真35選!

ジャターユ

ヒンドゥー教の聖典に登場する世界最大の鳥の王の彫刻がすごい!

シャンデリア

「Chandelier(シャンデリア)」Sia(シーア)からの個人的な小話

風力で動く「ストランドビースト」の制作者、テオ・ヤンセン

芸術家「テオ・ヤンセン」の風力で動く『ストランドビースト』の造形美!

ゼルダ

ドラマ「ゼルダ〜すべてのはじまり〜」墜ちてゆく現実の先は・・・

ガラクタ・テクノ・ドラマー「ダリオ・ロッシ」

がらくたを使うイタリア人テクノドラマー「ダリオ・ロッシ」の凄さたるや!

パリコレも驚くファッションセンスを持つタイ人青年

パリコレも度肝を抜かすハイファッションなセンスを持つタイ人青年がオシャレすぎ!

8億円のファンタジーな雰囲気の豪邸

超ファンタジーな雰囲気の豪邸がたったの8億円で絶賛販売中!オレゴン州

本を使って芸術作品を生み出す二人の読書家

インスタ映え間違いなし!本を使って芸術作品を作り出す二人の読書家

短編小説自動販売機

短編小説がレシート式で出てくる自動販売機がフランスの都市のいたる所で!

11歳のナイジェリア人少年の絵が写真のよう

11歳のナイジェリア人少年の描く絵が、写真と見まごうほど鮮明過ぎる

二次元キャラクターと会話できる?俺の嫁召喚装置「Gatebox」とは?

スポンサーリンク