ワラウクルミ

石油会社の「歩く消毒ジェルマシン」 現代の奴隷制度だと批判殺到(サウジ)

石油会社の「歩く消毒ジェルマシン」 現代の奴隷制度だと批判殺到(サウジ)

新型コロナウイルスの感染が広がる中、サウジアラビアの国営石油会社「サウジアラムコ(Saudi Aramco)」で、アジア系の外国人労働者が「歩く消毒ジェルマシン」として働かされる様子がSNS上に投稿され批判が殺到している。

消毒ジェルを取りつけた箱をかぶらされた男性。。。↓

photo by Joseph Willits

いくら新型コロナウイルス対策だとはいえ、これはどう考えてもやり過ぎ(-_-;)

これを見た人からは

「虐待行為だ」

「人種差別じゃないか、これ」

「現代の奴隷制度だ!」

などと批判が相次いでいる。

しかし、一部の者からは、

「他の会社も行っている『人間広告塔(human billborad)』と一緒ではないか」

という意見もあったようだ。

人間広告塔とは、何らかの広告看板を手に持っていたり身に纏ったりしている人のことを指す。↓

photo by en.wikipedia

しかし、これは人間広告塔というより、やはり人間消毒マシンだ。

だいたい、保有原油埋蔵量・原油生産量・原油輸出量共に世界最大サウジアラムコが、あえて人を使って消毒ジェルを配り歩く必要なんてまったくないはずだ。

石油マネーががっぽりあるんだから(言葉が悪くてすいません)、会社の玄関はもとより各エレベーター、会議室、社員の机、トイレなどなど至るところに消毒ジェルのポンプを置いておけば済むことだ。

photo by Joseph Willits

わざわざ外国人労働者を使う必要なんてまったくなかった。

サウジアラムコ側はこれを事実と認めた上で、

「会社の承認なく行われた行為で、再発防止措置を取った」

と釈明している。

未だにこんなことを思いつく人がいるなんて、やはり人間というものはいつまでも変わることを知らないのだろうか?(-_-;)

この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新記事が届くよ◎

Twitterで
↓この記事のいいね!やシェアはこちら☆↓
                              

RELATED ARTICLE

映像と共に『アウシュヴィッツ収容所』の惨状を振り返ってみる

映像と共に『アウシュヴィッツ収容所』の惨状を振り返ってみる

「新型コロナ8割は軽症」医者と素人の軽症の概念にギャップがある事が分かるイラスト

「新型コロナ8割は軽症」医者と素人の軽症の概念にギャップがある事が分かるイラスト

ベトナムで死後3年に遺骨を掘り出して洗う『洗骨葬』が未だにある

ベトナムで死後3年に遺骨を掘り出して洗う『洗骨葬』が未だにある

トイザらスの衰退と廃墟になっていくショッピングモールのまとめ

新型コロナウイルスへの感染防止対処が色々と間違っている中国の人たちの写真28選

新型コロナウイルスへの感染防止対処が色々と間違っている中国の人たちの写真28選

中国が思想改革という名目で人々を洗脳しているウイグル収容所の実態

trash

このままでは地球がゴミで埋め尽くされる?アメリカと日本のゴミ事情

コロナの医療現場の最前線映像。この病気がどれほど恐ろしいかが分かる

コロナの医療現場の最前線映像。この病気がどれほど恐ろしいかが分かる

starbucks demo

米スターバックス全8千店舗を人種差別研修のため一時休業を決定

オゾン層が修復されつつあると国連が発表!2060年頃にはすべて回復か?

オゾン層が修復されつつあると国連が発表!2060年頃にはすべて回復か?