ワラウクルミ

日本赤十字社の動画「ウイルスの次にやってくるもの」を一度見ておくべきだ

日本赤十字社の動画「ウイルスの次にやってくるもの」を一度見ておくべきだ

今、テレビやインターネットを見ると新型コロナウイルス関連の情報ばかりだ。

もちろんそれらの情報は私たちに、危機感やそれに対する心構え、対策方法などの知識を与えてくれる。

しかし、その一方で情報を過剰に取り込みすぎるとあるものが私たちを支配することになる。それはウイルスと同じで目に見えない……。

そのことを日本赤十字社の動画「ウイルスの次にやってくるもの」が分かりやすく教えてくれている。

みんなも、これは一度見ておくべきだ。

日本赤十字社の動画「ウイルスの次にやってくるもの」

今、ほとんどの日本人がスマートフォンを持ち、SNSやインターネットなどから最新情報を気軽に、いつでもどこでも得ることができるようになった。

特に今、世界中を取り巻く新型コロナウイルスによる緊急時には、常に新しい情報を知り続けることによって、私たちは危機感を持ち、正しい行動を心がけるようになる。

だが、あなたが知る情報の中には正確性の分からないものも少なからずある。

そうして私たちは混乱し、その混乱をSNSやインターネットを通じて伝達していく。その結果、私たちはあるものを生み出すことになる

それはウイルスのように目に見えないものだが、念入りに手洗いをしたとしてもそれを取り除くことはできない。

それは……

 

『恐怖』だ。

 

恐怖は暗いニュースや間違った情報をたくさん食べて、どんどん育つ。それはウイルスと同じくらい厄介なものだ。

そんなやつにどう立ち向かえばいいのか?

日本赤十字社の動画「ウイルスの次にやってくるもの」がその方法を分かりやすく教えてくれている。↓

リス氏

リス氏
「鏡を見ると、そこに、もう、あなたは、いない」って部分が一番怖かったな。
ワラウクルミ

ワラウクルミ
恐怖そのものよりも、恐怖に操られ、それに応じた行動をしてしまう僕ら自身が一番怖いよね。

もちろん恐怖はこの動画に出てくるように、黒のもやもや怪獣のように具現化はしない。知らず知らずのうちに私たちを蝕んでいく。

そうして恐怖に踊らされてしまった人たちは、また他の人に故意ではなくてもそれを感染させてしまう。

それは、ウイルスと同じくらい怖いことだ。

 

新型コロナウイルス関連の情報を発信している私が言うのもおかしな話だが、時には今持っているスマホを、あるいはパソコンをそっと閉じてもらいたい。

この文を読んだ後、すぐに終えてもらっても構わない。もしあなたが何らかの嫌な感覚を味わっているのであれば。

 

恐怖は誰の心にもいる。

だが、もし私たちがその恐怖に打ち勝つことができれば、私たちは他人にもっと優しくなれる。

そうなるためには、得た情報を鵜呑みにするのではなくそれを冷静に、客観的に見つめなおそう。

家族や友人と電話して笑い、ちゃんと食べて、よく眠ろう。

そして、恐怖を寄せ付けない自分を作ろう。

団結して、ウイルスも、恐怖も、みんなで打ち倒そう。

↓この記事のいいね!やシェアはこちら☆↓
                              

RELATED ARTICLE

廃墟と化した旧ソ連のホテルに住むジョージアの難民たちの現状と未来

廃墟と化した旧ソ連のホテルに住むジョージアの難民たちの現状と未来

北朝鮮メディアがマスク着用をアピールするも明らかな合成写真だとバレるw

北朝鮮メディアがマスク着用をアピールするも明らかな合成写真だとバレるw

オーバーシュートの意味は「感染爆発」ではない!完全な間違いだぞ!

オーバーシュートの意味は「感染爆発」ではない!完全な間違いだぞ!

欧州でシリコン人形を使ったあっち系のお店が流行し始めている件

欧州でシリコン人形を使ったあっち系のお店が流行し始めている件

銃社会アメリカで「スマホ型拳銃」が販売開始

銃社会アメリカで「スマホ型拳銃」が販売開始。犯罪者の悪用が懸念される

『聴かないバンドのTシャツは着ないようにしよう』のメッセージに賛否両論

『君が聴かないバンドTシャツは着ないようにしよう』のメッセージに賛否両論

自家製の銃が蔓延するガーナ。強盗や紛争の負の要素となっている

自家製の銃が蔓延するガーナ。強盗や紛争の負の要素となっている

指をなめないで!店員に向けてくしゃみをしないで!小売店の店員の苦悩を描いた漫画に共感

指をなめないで!店員に向けてくしゃみをしないで!小売店の店員の苦悩を描いた漫画に共感

行き場を失い始めている日本のプラスチックゴミとリサイクル問題

行き場を失い始めている日本のプラスチックゴミとリサイクル問題について

あなたのおにぎり写真が食糧不足の子供たちの給食に!おにぎりアクションとは?

あなたのおにぎり写真が食糧不足の子供たちの給食に!おにぎりアクションとは?